銀河鉄道拾遺

SF、かふぇ及びギター

立ち帰る

2018-11-06 12:46:51 | 日記
んでラグタイムばっかりやってるのかと云えば、さにあらず。ちーと考えるところあって、ブリティッシュ・フォーク&ブルーズの譜をすこし見返している。何が弾けるんだっけ?これがいっつも思い出せない。それで仕方なく大学ノートに書き出した我が貧弱なレパートリを見やるのだが、どれも何か引っ掛かるものがあって、即これ!とはならぬ。しょうがないなと思いつつも、土曜かな?M'Lady Nancy というバート・ヤンシュの小曲を Muse Score に書き出した。以前は五線譜でノートに書きつけたんだが、今回はTABを併記。何かの機会にお役に立つ場面が今後、あるかもしれない。どうしようか迷っていた三声になる箇所のフィンガリングも、いちおうケリを付けた。指が以前より回る様になってるのは、連日の練習が効いてるのか?
コメント

いまさら

2018-11-04 21:10:09 | 日記
その日その日の練習の立ち上げがぐんとラクになった Maple Leaf コラール、大元は「クライマックス・ラグ ~ クラシック・ラグ1899-1999~」という浜田隆史さんが著したギター楽譜集である。氏は同名のCDをリリースしており、この本はその完全コピー楽譜集と謳っているが、楽典に明るい浜田さんのことだからジョプリンを始めとする楽曲群はきちんと譜として纏められた後、録音に入ったのだろうと想像していた。そうでもなければこんながっしりした構造を持つ譜なんて出来ないだろうし、完全コピーとあるのはマニア(私の様な!)を釣るためのTABギタースクール(主催は打田十紀夫氏)のキャッチに違いないとそう思っていたのである。ところがどうも事実は違うらしい。浜田氏はここにチョイスされたクラシック・ラグの名曲をソラで弾けてしまうらしく(そこに至るには艱難辛苦の道があったであろうが)、譜を出版することになったので自分の演奏を聞いて紙に落としたとは本人から直接聞いた話である。うーむー、これには流石に降参した、見たくない彼我の差がちょこっと垣間見えてしまった瞬間であった。何しろ私はこの譜がスゴすぎるんで、そのまま練習に取り掛かる訳には行かず、いつも五線紙に一旦筆写してハーモニーやフィンガリングを確認した上で、それからようやく練習に立ち至っていたのである。一体アタマの中、どうなってるんだろうかー。  とは云え、余りにオタルナイ・チューニングにハマったせいで今後ラグタイム曲は基本こっちのチューニングで行こうと考えてる。が、そのためにはマテリアルを補充する必要がある。あとは浜田さんにせっせと譜を拵えてもらうしかないのだ。ご本人も今更(他のチューニングに)戻れないしねえ、と云ってたし。
コメント

やってみそ

2018-11-02 07:29:18 | 日記
コラールをやると、右手指先が絃に触れる感覚をわかるようになる。当たる指のひらがヤスリの如く感じられる。ぼやーんと鳴らして伸音を確かめるもよし(詰まってしまう音のチェック)。とにかくギターと仲良くなれる練習なので、弾くひとにはオススメである。いやーライブに一回出させてもらっただけで、いろいろと収穫のあることなのである。ツイッターのフォロワーは増えるし、いいねも貰えるし。しくじりの多かった(Easy とは言いかねる) Easy Winners の後半も、一部またフィンガリングを変えた。次の出番は15日木曜のビストロ・ド・タコ、また潜ってごそごそ練るのだ。
コメント

詰めます

2018-10-31 08:12:08 | manuscript
10/29に三声の練習を紹介したが、自分でやってるうち更なるパターンに気付いたので、載せる。ラグタイム奏法などとコーショーなことを云ったって、所詮はギター音楽の範疇。ならば基本はアルペジオなのだった。ストレッチがきついけど、一音一音はっきりと。
コメント

じゃ

2018-10-30 14:46:19 | 日記
風邪引いた、らしい。昨晩から喉が痛い、いちおう会社には行ったがアカン、先生もとい社長に断って帰宅した。土曜~日曜が徹夜に近い状態だったからな、皆様の健康体には敬服します。これから寝ますが、なんか頭ん中をグラヂオラス・ラグがぐるぐるしてんだよなあ、じゃおやすみ。
コメント

maple leaf chorale

2018-10-29 07:41:51 | manuscript
90EASTの興奮も醒めやらぬうちにと、ワンコーラス16小節の三声コラールをまとめてみた。元ネタはご存知メイプルリーフラグの第四節、日々の練習の初っ端や、本番前の指ならしに効果を発揮するのが期待される。される、される

コメント

イトウヤスジロー生前ロックンロール葬

2018-10-28 21:32:03 | 日記
イトウヤスジロー生前ロックンロール葬 〜THE Parting Shot〜      2018年10月27日土曜日 17:30~   90EAST

事前情報でエントリー数が既に30を越えてるのが確定していたが、飛び入りも含めステージに何組のグループ若しくは個人が上がったのかは、まったく以って主催者しか判っていない、というのが現状なのだ。当日は予定通りスタートを切ったが、お陰さまを持ちまして終了したのは翌日の3時を回っていたと思う。これだけの参加者、これだけのお客を呼び込んでしまう腕力を有するイトウヤスジロー氏はローカルとは言えもう立派なカリスマである。最後まで義理堅く付き合っちゃったには裏事情があって、つまり自分の出番をラストにしてもらったのだ。バンドも弾き語りも大音量がお約束の90EAST、か細いギターソロじゃあ埋没してしまう。そこで主催に直接掛け合った。トリを取ろうなんてそんな野望があったわけでなく、長く楽しかったこの特別な特別なイベントを最後に今一度噛みしめて頂きましょうという趣向、CDならば隠しトラックみたいなものか? 実際、直前に来たのは先日Mr.ワリコメッツと此処で死闘を演じたR&Rバンド、実験王の4人で、深夜の米沢町に大音量が響き渡った。彼らが当日のトリであったのは言を俟たない。で、入れ替わりにステージに這い上り、マスタと打合せした通りに配線し、あとは押すだけ、ご想像にお任せします。  個人的には、相変わらず選曲と歌が上手い加藤君@トリルイ、そしてすべてを攫っていった確信犯のワタナベンチャーズ、ネタ返しも鮮やかだった憂児@フーチーロッカーズあたりか。そういや私もMCで主催に一泡吹かせる場面があった、結構したり顔してたのかも知れない。
コメント (1)

数多のカフェ巡りで鍛えたカンは裏切らないの

2018-10-26 21:56:23 | 日記
 coffee & Jazz Rings Twice 水戸市浜田

会社近くのカフェ『ハイハーバー』で仕入れた情報、何でもつい最近、Jazz喫茶が開店したらしいよ。場所は下市、備前堀の程近く。金曜晩ともなれば心も軽く、早速探索の旅。つめ草の灯りを辿っていけば酒を飲まずに水を飲む理想郷に到達するが、備前堀に注ぐ暗渠伝いに入り込んだ先にあったのはボトル満載の極楽だあ。二つ年上のマスタは定年を機に一階を改造してバーを設えたんだそうで、JBLのスピーカが天井付近に心地よく反響している。レイニーとヘイグを従えたゲッツの快速なプレーがお出迎えしてくれたが、ハンプ、チャーラップと進むに連れ、久しぶりに後戻りできそうにない感覚を覚えてる。流石に初日はコーヒー(旨い)で抑えたが、23時と云ふ閉店時刻にほだされてフラフラ入り浸る日もそう遠くない。
コメント

土曜目前

2018-10-26 12:41:56 | 日記
晩御飯の量が多いと寝てしまう。そもそも減らせばいいんだが。そういうときはしょうがない、生理に逆らわず寝る、寝てしまう。すると夜中とか、まだ暗い早朝に目が覚める。覚めてしまう。で何もすることがなければギターに手が伸びる、ということで細切れ的な練習、というかギターライフしてます。今朝はお茶の間でこそこそやってたら、起きだしてきた息子に怖えーよって云われた。なにやってんだろ、このおやじ
コメント

ひとリハ

2018-10-25 05:49:04 | 日記
昨晩は90EAST@水戸市米沢町のオープンマイク日。ギターマイクの試用を兼ねて伺いましたが、私の赴く場所の常として誰も来ない。以前は生きのいい若い衆が集ったもんだが。いや、カウンターにはひとりいらしたんだが、ビールを二杯かきこんだら夜の街へ消えてしまったようで。こちらもこちらとて準備万端のハズがピック忘れて。。。それでも江原マスタにセッティングをお願いした後、次の走者が現れる迄の約一時間、ステージを独り占めさせて貰いました。こんなゼイタクはないよ、後はウチで曲を更に分解掃除して土曜を待つだけだが、その日のエントリーは既に30超えらしく、どう捌くか店も思案顔でありました。
コメント