HAL WEB Photo Blog

花のこと、空のこと、海のこと、映画のこと、小池さんのこと...

真夏の方程式

2013年07月18日 | MOVIE
両親から焼き肉に誘われたので、、、
7時半くらいでいいのかと思ったら、7時は寝る時間だと、、、(´Д`;)
夕方5時集合でということで、泣く泣く海を諦めて、親孝行のために焼肉を食べてきました。

そうなると5時までの予定ががら空きなので、、、

「真夏の方程式」を見ました。
ネット視聴じゃなくて、ワンピ以来の映画館ですよーw



きれいな海に面した玻璃ヶ浦で計画されている、海底鉱物資源の開発。
その説明会に招待された物理学者・湯川学(福山雅治)は、緑岩荘という旅館を滞在先に選ぶ。

そして、そこで夏休みを過ごす旅館を営む川畑夫婦(前田吟、風吹ジュン)のおい、恭平と知り合う。



次の朝、堤防下の岩場で緑岩荘に宿泊していたもう一人の客・塚原の変死体が発見される。
図らずも事件に直面した湯川は、旅館廃業を考えていたという川畑夫婦や、夫婦の娘で環境保護活動に奔走する成実(杏)らと塚原の思わぬ因縁を知る。

と、まぁ、、、ネットから引用したあらすじはこんな感じ。



作品から伝わるメッセージはとても深くて、大きくて、けど、ほんとにそれでいいの???という疑問も残る。
笑顔のままでは終われない仕上がりですが、映画を通して伝えたいメッセージはビシビシ伝わってきます。

湯川先生が刑事ではなく学者だからこれもいいのか?



けど、一緒に行動してる警視庁の岸谷クン(吉高由里子)的には落とし所に届かない気も、、、

今回どうしても見に行きたかった理由のひとつが、水中シーン。
その水中映像はネットで見つからなかったので、映画を見る機会があったらご自身の目で是非どうぞ。

撮影地は伊豆の浮島や下田周辺で撮影してそれぞれを合わせて「玻璃」という海沿いの町を作ったようです。



撮影は、先日、私も出展させていただいた写真展を主催した中村征夫氏率いるスコールがかかわったという事。
最後のテロップには馴染みのダイビングサービスの名前もありました。

テレビ宣伝にも出てくるペットボトルロケットのシーンはとても楽しく、興味深く、そして美しいシーンでした。



このシーンの中に湯川先生の方程式がすべて凝縮されていたように思います。
ロケットの飛ぶ先にどんな結果があるのか、、、見てのお楽しみです!

HK 変態仮面

2013年07月17日 | MOVIE
「HK 変態仮面」を見ました。



ドMの刑事とSM女王を両親に持つ紅游高校拳法部員の狂介は、転校生の姫野愛子に一目ぼれしてしまう。



そんなある日、愛子が銀行強盗に巻き込まれ、人質にとられる事件が発生。
覆面を被って変装し、強盗を倒そうとした狂介は、間違って女性用パンティを被ってしまう。
しかしその瞬間、狂介の奥底に眠っていた変態の血が覚醒。

人間の潜在能力を極限まで引き出した超人「変態仮面」に変身する!



馬鹿馬鹿しいと思うかもだけど、、、
見始めたらこれがけっこう面白い!ww

原作の大ファンを公言する俳優の小栗旬が脚本協力として参加したのも頷ける!(笑)

超人的な拳法で圧倒して、トドメは股間のお稲荷さんを敵の顔面に(笑)
「愛」「笑い」「根性」「勇気」「感動」そのすべてがこの映画の中にありました(^^)/

でも、こういう映画って、、、デートで見に行く?
彼女を誘っていくにはちょっと、、、だよねぇ~

じゃぁ、ひとりで行く??

それも変態っぽくて(^^;

そんなわけで、見に行きづらいけど見たい人のために公開と同時にオンライン上映もはじまったようです。
1200円だったかな?

でも、無料で見れちゃったけどww

のぼうの城

2013年07月16日 | MOVIE
「のぼうの城」を見ました。



天下統一を目指す豊臣秀吉は関東の雄・北条家に大軍を投じるも、その中には最後まで落ちなかった武州・忍城(おしじょう)と呼ばれる支城があった。

その城には領民からでくのぼうをやゆした“のぼう様”と呼ばれ、誰も及ばぬ人気で人心を掌握する成田長親(野村萬斎)という城代がいた。



秀吉の指令で石田光成が20,000の軍勢で攻撃を開始するが、将に求められる智も仁も勇もない、文字通りのでくのぼうのような男の長親は、その40分の1の500人の軍勢で迎え討とうとする。



映画として、、、どうなのかなー
面白い設定ではあるけど、最後が盛り上がらない。
映画のキャッチコピーにあった「奇策」も、ただ敵の前で踊ってるだけだし、、、
なんの奇策でもないような、、、

まぁ、そんなこともあるけど、なにより戦に負けちゃうしww

というよりも、戦では2万の軍勢を圧倒するものの、北条家の本丸小田原城が落ちて戦は強制終了という、、、

そのあげく、姫は豊臣のめかけに持っていかれるし、、、



後味の悪さが残った(´Д`;)

シャーロック・ホームズVSモンスター

2013年07月15日 | MOVIE
「シャーロック・ホームズVSモンスター」を見ました。



1881年イギリス海峡で大金を積んだ船が、何者かによって沈められた。

警察庁の依頼で調査に乗り出したのは、かの名探偵シャーロック・ホームズ。
彼は友人のワトソンを連れ現地へと向かう。

しかし人間業とは思えない事件の痕跡に、真相を突き止められないままロンドンへと戻る。

映像の中では船を沈めたのは巨大タコでしたが、、、
その時代のリアルの中では「ありえない」ということで却下。

そのあと、娼婦館で青年が恐竜に殺害されるというニュースが流れるが、これも「ありえない」ということで、誰かのホラ話とされてしまう。

しかし、、、ホームズはこれらの「ありえない」話を「二つのありえない」という関連性で結びつけ捜査に乗り出す。
そして、公園近くの森で恐竜を目撃!

ホームズとワトソンは徐々に真実に近づき、、、、

最後は壮絶な空中戦に、、、



結末は見てのお楽しみ!!


ロバート・ダウニー・Jr演じるシャーロックホームズの映画は記憶に新しいところ。
それと同時期に公開された、いわゆるB級です。
ホームズが恐竜と戦うのか?、、、という内容を想像するとかなり粗悪なB級だと思われそうですが、でも、いつも見てる「サメ」関連の映画に比べて、映像の作りもCGの使い方もかなり投資されてるようで、B級映画と片付けてしまうには惜しい作品だと思います。
手抜きのCGもありませんし、迫力の爆発シーンもあるし、ホームズの推理も楽しめる内容に仕上がっていました。

G.I.ジョー バック2リベンジ

2013年07月14日 | MOVIE
「G.I.ジョー バック2リベンジ」を見ました。



国際テロ組織コブラの一員ザルタンがアメリカの大統領に成り済まし、宿敵である機密部隊G.I.ジョーの抹殺命令を下す。
パキスタンで任務に就いていたG.I.ジョーの面々は壮絶な襲撃を受け、ロードブロックをはじめとする数名を残して壊滅。
彼らが絶体絶命に陥っている中、コブラは世界の主要都市を侵略し、ついには核爆弾をロンドンへと落下させる。

コブラと戦いたくとも為すすべのないロードブロックたちは、G.I.ジョー初代長官のジョー(ブルース・ウィリス)の助けを得ることにする。

大御所ブルース・ウィリスや、、、



オバサマたちが生唾ゴックンの筋肉美のイ・ビョンホン、、、



お兄さん大喜びのエイドリアンヌ・パリッキ、、、



このへんが目立ってますけど、主役は ドウェイン・ジョンソンです(右)



最後はブルース・ウィリスからリーダーに受け継がれる的な拳銃を譲り受けます。

ストーリーは前作の続きという感じではなく、まったく別の戦争の達人たちと、忍者スパイ、そして悪の秘密結社の戦いを描く、、、、みたいな?

迫力のシーンもありますが、説明や会話が少なく、このシーンはどっちが敵でどっちが仲間???みたいな展開が多く、今のはどういう意味???、、、みたいな感じ。
油断すると置いていかれそうで安心して見てられない(^^;

話題作なので、一応見ておきました~みたいな?

エイドリアンヌ・パリッキの着替えシーンとかはダビングしておきたい部分もありましたけど(*´艸`*)

映画 妖怪人間ベム

2013年07月13日 | MOVIE
「映画 妖怪人間ベム」を見ました。



暗く、音のない世界で1つの細胞から生まれた3つの生き物。
それは、人間になれなかった妖怪人間、ベム(亀梨和也)、ベラ(杏)、ベロ(鈴木福)だった。



醜い身体に正義の心を持つ彼らは、“名前のない男”(柄本明)との最後の戦いで、人間になることよりも“人間を守って生きていく”事を選び、友人の夏目刑事(北村一輝)たちの前から姿を消した。

そして……。



3人が辿り着いた街で、怪事件が連続して発生する。
被害者は全て大手製薬会社、MPL製薬の社員。事件現場には巨大な爪跡が残されていた。
犯人の正体と、その目的は何か……?

事件の謎を追うベムの前に、倒したはずの“名前のない男”が再び姿を現す。
その一方、ベロは街で出会った少女、みちる(畠山彩奈)に恋をする。
しかし、みちるはMPL製薬の新薬開発研究者、上野達彦(筒井道隆)の娘で、母親は自動車事故で行方不明になっていた。
人間になって恋を叶えたいと願うベロ。
上野家に隠された大きな秘密を知らずに……。



やがて、彼らの目の前に未知の生物が出現する。
植物を媒介に妖怪化したサユリ。
その正体はみちるの母、上野小百合(観月ありさ)の変わり果てた姿だった。
サユリは、人間でありながら妖怪の能力を宿す“人間妖怪”とでも呼ぶべき存在になっていたのだ。



彼女は自分をこのような姿に変えた上に、家族を脅かすMPL製薬への怒りと憎しみから、その圧倒的な力による復讐を決意。
しかし、力を使えば使うほど、そのパワーはサユリの体を蝕み、やがてコントロール不可能なまでに増幅されてゆく。
ベムたちは、その巨大な力の暴走を食い止めることができるのか!?

“枯れない葉”、“新薬開発”、“サユリの妖怪化”……。

これらの出来事から、ベムたち3人は自分たちが人間になれる唯一の方法が残されていることを知る。
しかし、人間になれば妖怪の力を失ってしまう。
それでも彼らは人間になることを選ぶのだろうか……!?



青の祓魔師と同じように、魔の力を使って正義を守ろうとするべムたち。
いくら正しいことをしても、見た目はバケモノ。

どんなに人間から嫌われても人間社会を守ろうとする姿は、テレビシリーズ同様に悲しみと優しさでいっぱいでした。

きゅうり

2013年07月12日 | Today's Dinner
久々に、、、家庭菜園のお野菜です!!

写真クラブの仲間のお母様からおすそ分け^^



味噌つけてパキパキ食べました~~

その下のキャベツは江組だけどww

ハイビスカス&デンマークカクタス

2013年07月09日 | ベランダガーデニング
昨年からはじまった狂い咲きデンマークカクタスが今年も開花。
ハイビスカスと同時開花したので、一緒に記念撮影ですww



狂い咲きで年に2回楽しめるようになったカクタスに比べ、
ハイビスカスは開花数も減って、花弁もくしゃくしゃした感じに、、(^^;

マンション修繕工事以降、ガーデニングでは良いこと無いなぁ、、、

写真展「水のとき」懇親会

2013年07月07日 | Weblog
5日から新宿で開催中の写真展「水のとき」に行ってきました。

わざわざ仕事を抜け出して出かけるのは懇親会があったからww
自分の写真を見るだけなら、家に居ても見れるしねww

写真展会場の新宿から、懇親会会場の銀座に移動・・・



会場にはこの写真展のプロデューサー的な役割をしていただいた水中写真家の中村征夫さんも一緒に楽しい時間を過ごすことが出来ました。



飲むペースが速すぎて、ほとんど酔っ払いのテキトーな会話をしてきただけかな?(笑)

一応コンデジも持っていったのだけど、、、、撮影したのこれだけw



このあとはケータイで撮った写真だけで、、、(^^;

まぁ楽しい飲み会だったのでよかったww

カクタス開花

2013年07月06日 | ベランダガーデニング
デンマークカクタスが開花しました。



アルペンブルーと一緒に記念撮影☆

同じ苗なのに明らかに白っぽいタイプの花も開花~



色だけでなく、花弁の雰囲気もなんか違う感じです。
これはこれで綺麗だなー

こういうのが修繕工事による室内管理が長引いた影響なのかな???

雲の多いジメジメした1日でしたが遠くの山にかかる雲がフワフワして綺麗でした。



ベランダから山並みを眺めるのは久々かも。