HAL WEB Photo Blog

花のこと、空のこと、海のこと、映画のこと、小池さんのこと...

ジュラシック・ワールド 炎の王国

2018年08月06日 | MOVIE
「ジュラシック・ワールド 炎の王国」を見ました。



劇場公開・7月13日の最新作です。

「ジュラシック・ワールド」の続編。
前作でハイブリッド恐竜のインドミナス・レックスとT-REXが激闘を繰り広げ崩壊したテーマパーク「ジュラシック・ワールド」を有したイスラ・ヌブラル島に、火山の大噴火の兆候が表れ、恐竜たちの生死を自然に委ねるか、あるいは危険を冒してでも救い出すか、人間たちは判断を迫られていた。



そんな中、恐竜行動学のエキスパートのオーウェンはテーマパークの運営責任者だったクレアとともに、恐竜たちを救うべく行動を開始するが、その矢先に島の火山で大噴火が発生する。



毎度のことですが、真面目に研究するメンバーの裏に、金儲けを企む組織も。
今回は、世界の富豪相手にペットに恐竜~、見世物に恐竜~という裏社会のオークションが存在しました。
この噴火のドサクサに紛れて、恐竜を盗み出しちゃう的な。

で、結局、オークション会場で一匹の恐竜が逃げ出し、その騒動で他の恐竜も檻から出ちゃう、、、という想像通りの展開ですww

で、前作で、主人公オーウェンと意思をかわすことが出来たラプトルの「ブルー」。



その知能の高さを利用して、軍事兵器としての恐竜も開発されてました。
ブルーの知能と、インドミナレックス(Tレックスの改良種)を掛け合わせた、知識と力を併せ持ったラプトルの新種。



そいつが会場内で大暴れ、もう逃げ場がない、、、という大ピンチのとき。

なんとブルーが助けにきます!!



しかし、大型の改良種に対しパワーで不利なブルー。
しかし、新種のセンサーに反応する習性を利用し、屋根の穴から落下!
下にあったトリケラトプスの骨標本の角に刺さって死んじゃった^^

事件は一件落着したようでしたが、恐竜たちを閉じ込めていた倉庫に隣接したとこから水素ガスが漏れ、このままで恐竜たちが死んじゃう。
恐竜を助けるべきか、見殺しにするべきか、、、
一匹でも手に負えない恐竜、、、このまま全滅させる方が人類のためだと、、、

ところが、ロックウッドの孫娘メイジーが、私が決める!と、恐竜のゲートをオープン!
逃げ出す恐竜たち!
オークションを計画したメイジーの父はTレックスに食われて死亡。
悪は全滅したけど、恐竜、、、どうするの?(^^;;

実は、、、孫娘メイジーは事故で他界した娘を恐竜再生と同じ技術で生み出したクローン少女だったのだーー!!

そして、逃げてきたブルーと意思をかわすオーウェン。


一緒に行こう、安全な場所を探してやると、、、その意思はブルーに伝ったようでしたが、ブルーは安全より「自由」を求めて走りさっていきます。

他の恐竜はというと、Tレックスが動物園のライオンと威嚇しあってたりww
サーファーの下にモササウルス泳いでたり、、、

地球はまたジュラ紀に戻ってしまいました。

めでたしめでたしww
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« ランペイジ 巨獣大乱闘 | TOP | ハイビスカス7号! »
最近の画像もっと見る

Recent Entries | MOVIE