HAL WEB Photo Blog

花のこと、空のこと、海のこと、映画のこと、小池さんのこと...

GODZILLA 星を喰う者

2019年01月10日 | MOVIE
「GODZILLA 星を喰う者」を見ました。



「ゴジラ」シリーズ初のアニメーション映画として製作された「GODZILLA」3部作の最終章。

2万年をかけて進化した最大のゴジラ=ゴジラ・アースと、ゴジラから地球を取り戻すべく戦う人類の壮絶な戦いを描く。

武装要塞都市「メカゴラシティ」を起動させてゴジラ・アースに挑んだハルオたちだったが、その過程でガルグやベルベらビサイルドたちと人間たちとの間に亀裂が生じる。

また、ハルオはゴジラ・アースに勝てる唯一のチャンスを捨ててしまい、かつてない敗北感に襲われる。

その一方で、エクシフの大司教メトフィエスは、ある秘めた目的のため信者を増やしていた。

やがてゴジラ・アースに太刀打ちできるものがいなくなった地球に、金色の閃光をまとった「ギドラ」が降臨する。



最初に情報公開されたギドラのビジュアルはこのポスターだけで、実写のキングギドラに近いものを想像してたけど、映画に出てきたのは首だけ。
天に空いた穴から3本の長い長い首がにょきにょき、、、そしてゴジラを襲います。



三つ首のドラゴンという造形ではなかっけど、脳内に映る的なシーンでは、以前のキングギドラを連想させる姿(シルエットだけ)でした。

同様に、モスラ(らしき存在のもの)もタマゴだけの登場なのに脳内イメージでは、あのモスラのシルエットが。

今回のアニメゴジラシリーズでは、実写ではできない映像に拘った作りが感じられて、ゴジラファンにとって、シンゴジラ以上に新しいゴジラを楽しめたと思います。

山より大きなゴジラ、研究施設すべてがコンピューターとナノメタルで一体化したメカゴジラ、こちらからは物理的に触れないのに、逆には攻撃してくるギドラ。

今回の、、、というか、、、この映画の中で、重要なのがフツアの神を守ってるマイナとミアナの双子ちゃん。



以前の映画で言うところのザ・ピーナッツの役。

結局は復活しなかったユウコ。



でも、彼女に取り入ったナノメタルが彼女の生命維持装置の役割を、、、
脳は停止してるけど、生命だけは生きてるという、、、

で、最後はユウコの中のナノメタルを採取して、それでメカゴジラシティを再構築しよう、、、って方向に。
でも、それではまた第二第三のギドラを呼びかねない。

ハルオは、ユウコを抱きかかえメカゴジラの新しい心臓部になりえるバルチャー(小型ジェット機)に乗り込みゴジラに特攻!

そして、そのままゴジラの火炎に焼かれ、、、THE END

ラストは、、、
時は流れ、フツアの村では祭壇のヴァルチャーを模した人形に向かい子供たちが恐れることを言い、その恐れを神に取り除いてもらう儀式が行われていました。

その様子を年老いたミアナが見守っていました。

おしまい^^

ゴジラの存在は荒廃した地球を浄化するため?
自然環境を壊すとゴジラが出るぞ!!という感じで締めくくられました。
 
『映画DVD(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« 初詣 | TOP | 鏡開き!! »
最近の画像もっと見る

Recent Entries | MOVIE