春庭Annex カフェらパンセソバージュ~~~~~~~~~春庭の日常茶飯事典

今日のいろいろ
ことばのYa!ちまた
ことばの知恵の輪
春庭ブックスタンド
春庭@アート散歩

ぽかぽか春庭「春の路線バス」

2018-02-15 00:00:01 | エッセイ、コラム
20180215
ぽかぽか春庭日常茶飯事典>2018十八番日記光の春(6)春の路線バス

 新しい仕事先に通うようになり、今まで乗ったことのないバスに乗ってみるなど、小さな「新しい出来事」に出会います。
 23区の都バスは全線220円で、前から乗ってお金を払い、後ろドアから降りるのですが、多摩の私が乗るバスは、後ろドアから乗って、前でお金を払っております。こんな小さな違いでも、年寄りはとまどいつつ、また新しいやりかたに新鮮さを感じたりしています。

 まだ慣れないバス路線なので、毎回運転手さんに「このバスは健康センター前にとまりますか」とたずねてから乗るようにしているのですが、運転手さんの反応はさまざま。

 あるバスの運転手さんに「このバスは健康センター前にとまりますか」と、たずねたら、めんどうそうに「え?知らないなあ」と答えたので、びっくりしました。自分が運転するバスなのですから、路線中の停留所名の中に、「健康センター」というのがあれば「はい、止まります」だし、なければ「いいえ、とまりません」そのどちらかの返事になると思うのに、「知らないなあ」って、どういうこと?自分が運転する路線の停留所じゃないから知らないってことだったのでしょうか。

 次に来たバスの運転手さんに同じことを尋ね、止まることを確かめたのちに、「知らないなあ」という返答の意味を聞いてみました。
 とても丁寧な運転手さんで、「ふたつのバス会社があり、それとは別のコミュニティミニバスも走っています。それで、他社のバスのことを知らないと答えたんじゃないですか」という説明でした。それにしても、止まるか止まらないかだけ答えればすむことなのに、「知らないなあ」という答えを聞いたのは初めてでした。

 「ものはいいよう」とは、使い古されたことわざですが、少なくとも、仕事上のことには責任をもって尋ねた人にこたえてほしい。
 八百屋さんは扱っている野菜について聞かれたら、「こっちのタラの芽は栽培ものじゃなくて山の地物だから、ちょっと苦みがあるけれどおいしいよ」とか、魚屋さんは魚について聞かれたら、旬やら料理法やら答えてほしい。本屋さんは、「今月出た、〇〇さんの書いた本で、小説じゃなくてエッセイだったんだけれど、書名忘れた」という私のあいまいな注文に、さっと目当ての本の場所に連れて行ってくれる店員さんがいる店で買いたい。

 「知らないなあ」のバス会社には、あまり乗りたくないです。

 バス路線のわきには、紅梅が咲き始めた庭もあります。
 まだまだ寒いけれど、私はことばだけでも人が温かみを感じるような言葉遣いをしていきたいです。

<つづく>
ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ぽかぽか春庭「フィギュア団... | トップ | ぽかぽか春庭「チョコとフィ... »

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (yokochann)
2018-02-15 07:00:19
若い運転手さんでしょうか。
もっとも、最近では働く人のほとんどが「私より」若い人になってしまったけれど^^。
これも、会話力の欠如の表れでしょうか。
語彙力も減っていると聞きますし。
問われていること、その裏に隠れている心情などの理解力、想像力、共感力が減っているのだと思います。
yokoちゃん (春庭)
2018-02-15 12:56:47
中年のおっさん運転手でした。一般的なバス会社だったら、運転手の初期訓練の中に、運行に必要な言葉遣いがマニュアルになっていて、こう聞かれたらこう答えるというのが会社ごとにあるらしいです。
「危険ですからお降りの方はバスが止まってからお立ちください」というのは、バスが停留所に近づくと必ずアナウンスが流れます。これなどは、「年寄りが早めにドアの近くまで移動して降りようとして怪我をした場合、バス会社が怪我の保障をしなければならない」というお金がらみのことなのでしょう。
でも、路線上のバス停に止まるか止まらないかの返答は、どう答えようと金銭補償とかにはならないから、マニュアルになかったのかも。
私は、雨が降ったときなど都営バスで仕事先まで行っていたので、バスに乗るのも慣れていたつもりでしたが、まだまだバス乗車のプロにはなれません。
いろんな働く人を見るのも、新しい環境の楽しみのひとつです。
Unknown (すみとも)
2018-02-15 16:04:48
新しい勤務先への通勤も 新鮮ですね^^
横柄な 運転手さんもいるのですね!
 「俺が止めれば止まるけど 自動運転じゃないんだから勝手にはとまらないんだぜ!」・・・ってことなのかしら~~ww
知らないって答えるのが一番楽ですもんね (くちかずこ)
2018-02-15 20:32:09
考えたくない。
関わりたくない。
余分なことをしたら損。
そんな生き方になってしまった原因って何なのかしら?
幸せにも、豊かな人生にも近づけないような・・・
くちこは、お節介なのでね、
ちょっと不思議な人に見えてしまいます。
通勤って、くちこから見たらまぶしいわ。
すみともさん (春庭)
2018-02-16 15:19:34
どの職業にも、頭が下がるような立派な仕事ぶりの人もいるし、いやいややっているのが見え見えの人もいるのは仕方ないことなのですね。
どうせ働くなら、ほこりをもって、楽しく仕事したいと思うのですが、そうもならないからいろいろトラブルも起こるんでしょうけれど。

通勤、まだ毎日行っているわけじゃないのに、早くも毎日はしんどいなあと、思いはじめています。
「なまけもの」のように、木にぶらさがって手の届く範囲の葉っぱ食べていられたらなあと願っています。
くちかずこさん (春庭)
2018-02-16 15:27:01
通勤、慣れてしまえば苦痛の往復になるのでしょうが、いまのところ、鉄橋から西を見ると富士山が真っ白な雪をかぶった姿で見えて、うれしかったり、しています。

私は通勤なんて無縁にのんびり暮らしたかったのに、この年齢まで働くことになって、なんの因果やら。

美しい母子像をたっぷり見せていただきました。ほんとうにすてきな母子4人の姿ですね。
お子様方、立派な成長ぶりでうらやましいです。

コメントを投稿