魅了されたもの・・・

戦争遺跡とか
航空機とか
廃とか

東京湾要塞 富津元洲堡塁砲台2

2017-03-20 17:03:07 | 戦争遺跡
元洲砲台として明治14年8月に起工し約3年の歳月をかけて築造されました。築造方法は
幅20~30メートルの外濠を掘り、海水を引き入れ砲台の整備とし、濠の砂を盛り崩れを
防ぐために外面を土で覆いました。
明治28年には東京湾要塞司令部が発足し、守備隊がおかれました。元洲砲台には歩兵中隊
446名が守備についたが、砲台は1弾も発射されることなく日露戦争には、1部攻城砲と
して旅順に送られたものもありました。大正4年9月には旧式として除籍されました。







左翼観測所






火薬庫とか付属室とか言われています
『千葉県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 東京湾要塞 富津元洲堡塁砲台1 | トップ | 東京湾要塞 富津元洲堡塁砲台3 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

戦争遺跡」カテゴリの最新記事