舶匝

堅く評 #大村知事のリコールを支持します #ピーチ航空は障碍者の敵 #静岡県を解体せよ モーリシャス関連は検索窓から

厚労省の捨て石その二、(HPVワクチンの宣伝塔)三原じゅん子副大臣。或いは、弾除け役。

2020-09-18 10:42:04 | 政治過程論

 

で、


この考えは、甘い。

副大臣人事は、大臣の意向が強く働く。

厚労大臣・田村憲久の内心を探ると、、、

新型コロナウィルス対策で失敗したときに、
大衆の注意を逸らす問題・話題が欲しい。

HPVワクチンの副反応ならば、止めるに必要なデータがある程度揃っている上、薬害訴訟もある。
もし地裁の請求認容判決を受け入れれば、菅直人や坂口力のように

「政治家として」高い評価

を得られるだろう(この内閣はどうせ、長くはないのだから)。

そのとき、スケープゴートとして誰がふさわしいか。

ある程度有名で、
たとえ「捨て石」にしても、
自身の出世や党の政策立案能力に影響を及ぼさない雑魚……

大学すら出ていない元女優・三原じゅん子だ。


そういう真っ当な仕事を、厚労大臣・田村憲久が期待しているとは、

到底考え難い。

三原じゅん子の役割は、
親分(大臣)の弾除け。

学に見合った役割分担です。

コメント   この記事についてブログを書く
« デジタル運転免許証が招く災禍。 | トップ | ベランダで植物を育てる限り... »

コメントを投稿

政治過程論」カテゴリの最新記事