国際武道空手連合 白心塾 (愛知県 名古屋市西区 北名古屋市にて活動中)

国際武道空手連合所属 GLOBAL BUDO KARATE ALLIANCE AITI NAGOYA

受けの技術

2020年01月21日 | 空手稽古日誌

受けは受けきるのではなくて、相手の攻撃線をずらして攻撃を返すので、考え方としては受けは攻撃。

私的な理論ですと、まずヒットされてても大丈夫な身体を作ると気持ちに少し余裕と自信が出来ますので、まず身体を打たれ強くします。

そして受けは当たるギリギリで処理するタイミングを学びます。

その後、こちらからの攻撃を当てるタイミングの稽古をします。

軽いスパーリングで目慣らし~ハイスピードでの受けに変えていくとかなり受けの技術が上がると共に受け攻撃共にお互いにスピードが増してきますので結果組手が早くなります。

極力怪我の無いように(痛いはありますが)稽古をして強くなるのが理想ですから・・・

理想の空手を目指して

押忍


コメント   この記事についてブログを書く
« ボディビルダーの身体造り&... | トップ | 理想と現実・・その先に・・・ »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

空手稽古日誌」カテゴリの最新記事