白龍のオウム・アーレフで過ごした日々

オウム・アーレフと新団体「ひかりの輪」について考える。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

落しどころ

2006-11-28 01:30:02 | Weblog
 教団における成就の認定の仕方、教祖の側室の問題など、いろいろと今までの教祖や教団のイメージが崩れ去るような内容が、次々と出てきている。これが、全て事実だとすると、私が信仰の対象としていたものは何であったのだろうかという想いが生じてくる。

 単なるいかさま詐欺師によって作り上げられた、架空の妄想を信じ込まされていたのだろうか?それとも、これら全てを含め、シヴァ神の大いなるマハームドラーなのであろうか?教祖をとんでもないいかさま野郎と切り捨てることが出来れば、ある意味楽かもしれない、そうでなければ、妄想の中に住み、何も考えず教祖を信じ続けるというのも、両極端で楽なのかもしれない。

 これだけ事実が明らかになっても、私の中に、あの糞親父!と教祖を切り捨てられない自分がいる。なぜ?と思われるかもしれないが、こればかりはどうしようもない。外部の方からは信じられないかもしれないが、嘘でもなんでもなく、教祖を崇拝の対象にしている自分がいるのである。これは、長く教祖に帰依をしてきた信徒やサマナには、共感していただけるのではないかと思うが、そんなに簡単に信仰の対象にしてきたものを翻すことは出来ないのである。

 心を整理するには、もちろん、時間も必要だし、思索も必要である。今現在、無理にあの糞親父と言ってみたところで、心が不安定になるか、空虚になってしまうような気がする。18年間、家族や親族に迷惑をかけ、友人・知人と縁を切り、安定した職を離れ、それでも続けてきた信仰である。それは教団の掲げる、衆生の救済と言う大きな目標に賛同したためであった。その全てが無駄であったのだろうか?

 当然そんなことはなかったのである。では、どこが有益で、どこが不利益だったのかをしっかり検証していく必要がある。

 この問題は、今教団に残っている人達一人一人が、自分なりの納得のさせかた、自分なりの心の落しどころを見つけ出さなくてはならない問題なのである。他人が、どうこう口の出せる問題ではない。

 今、教団の内部でも、大きく心の揺れている人がいるかもしれない。ブログを作っている私も、心の整理がついたから書いているのではない。心の整理をつけるために書いているのである。

 事実に対して恐れ、目をつぶるのではなく、今見えている事実をきちんと分析し、どのような行動をとればよいのかをしっかり考えなくては、今後の自分を確立していくことは出来ない。

 教団に残っている方の中には、非常に精神的に不安定になっている方もいるようである。精神病院に入院させられた方もいるというし、薬を常用している方も一人や二人ではないと聞いている。

 これから、サマナは住居となっている施設が経済的に維持できるかどうか、かなり苦しい状況になってくるだろう。当然、引越しも余儀なくさせるかもしれないし、今より多くの人が、外で働かなくてはならないような状況が出てくるかもしれない。いよいよ施設が維持できなくなれば、実家に戻らなくてはならない人も出てくるかもしれないのだ。

 来年には、上祐氏による新教団の旗揚げも予定されている。今年から、来年にかけて教団内では、大きな変動が予想されるが、個々人においても、精神的に大きな変化が起きることが予想される。その際に、自らの心をしっかり保てるための下地を、今から作っておく必要がある。教団に流される時代は、まもなく終わりを告げるのである。

 先ほど、自分なりの落しどころという話をしたが、これを書きながら、いろいろ思索していくうちに、次のような見解にたどり着いた。もちろん現時点での「私なりの」落しどころであるということをお断りしておく。

 宗教的な観点から見た場合に、総てのものは無常の法則のもとにある。よって、教団といえども、グルといえども無常の法則から逃れることは出来ない。生じたものは滅するのである。しかし、無智である私たちは、グルだけは特別、真理の団体だけは特別であると、未来永劫変わらないかのような錯覚をしてしまった。それを知ったシヴァ神は、弟子の無智な識別を崩壊させるため、教団を破壊へ導こうとし、みっともない、えげつないグルとなって弟子の前にその姿を晒しているのである。

 釈迦の入滅の時、同行していたのはアーナンダであった。釈迦は、チュンダの供養を受けた後、猛烈な下痢に襲われ、死を迎えることになる。その時、アーナンダは、家の戸の横木に寄りかかって泣いていた。それを知った釈迦は、このように言った。

 「やめよ、アーナンダよ。悲しむな。嘆くな。アーナンダよ。わたしは、あらかじめこのように説いたではないか、--すべての愛するもの・好むものからも別れ、離れ、異なるに至るということを。およそ生じ、存在し、つくられ、破壊さるべきものであるのに、それが破壊しないように、ということが、どうしてありえようか。」

 アーナンダがこのように釈迦に執着し、その臨終に際して涙を流すようなステージでの者あったから、世尊ですら、無常の法則から逃れられないのだということを教えるために、自ら下痢で苦しみ、死ぬ姿をアーナンダに晒したのではなかろうか。それが、アーナンダに対する慈悲の実践だったのだろう。釈迦の入滅の時のアーナンダとのやりとりを読んでそんな感想を持った。

 したがって、グルや教団にしがみつけばつくほど、強烈なシヴァ神のカルマ落しが起こるのではないだろうか?シヴァ神は元々が破壊を司る神である。我々がしがみつく、執着の対象を破壊するのである。それが例え愛するグルや教団であったとしても同様である。それが、シヴァの本質なのである。

 しかしながら、シヴァの破壊の後には、ブラフマンの創造があるのである。絶望の後には希望がある。その流れの中に、上祐氏の教団分裂があり、私の暴露ブログやシヴァの喜びさんのブログが存在するのかもしれない。最近、シヴァの喜びさんがやろうとしている、現や元の人達を対象にした、ヨガ教室の歩みなども、この流れに組み込まれたものなのかもしれない。

 教団は今後、崩壊していくかもしれないが、逆に、新しい道が生じてくる可能性もある。それは何か?修行者が自らの足で歩くという道である。今まで、おんぶにだっこで、教祖から与えられるものを、ただただ吟味もせずに真似をしていただけの幼子が、自らの足で歩き出すのである。

 私が思うに、現在ある教義に、間違いが含まれている可能性もあるのではないかと考えている。子供を賢く育てたいと思う親なら、あえて問題に間違いを入れておくはずである。そして、子供にいろいろな文献を調べさせたり体験をさせたりして、その間違いを自分の力で見つけ出させるようにしむけるはずである。

 甘えさせることがシヴァの愛ではない。本当の意味で、無常を悟らせ、修行者としての自立を促すことがシヴァの愛なのではないだろうか。
ジャンル:
その他
コメント (59)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 側室の子供達 | トップ | ブログの意義 »

59 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
一寸ズレるかもしれませんが (아벨)
2006-11-28 01:46:31
M派では無料体験者の個人情報までをも公安に報告しようとしつつあるようです。しかし現在行われている会員・信徒の個人情報を公安へ報告しているということ自体非常に異常なことである、ということをすべてのアーレフ会員・信徒の方に自覚していただき、在家をコケにする教団の体質の欺瞞性を理解してもらいたいものです。

もし個人情報通報という行為が、公安サイドからの「法令に基づいた強制力を有する」命令等によるものであったとするならば、教団としては一応従う義務はありましょう。ただしこの場合でも、もしも「構成員」というような曖昧な法律条文を拠り所にした指導等であった場合には盲従する義務は無く、もし教団に在家を守る意思があるなら、最終的には法廷で決着がつけられるべき問題。

しかし、もし教団サイドの解釈によって「自主的」に名簿を提出するという場合には、これは宗教者に課せられた守秘義務を踏みにじる重大な「個人情報漏洩」にほかなりません。明らかな犯罪行為です。

そもそもアーレフ発足に際して、最初は出家者の名簿提出だけが義務付けられているという解釈であったのが、いつの間にか教団側の自主的判断によって在家会員の個人情報まで報告することになったということ自体許すべからざる暴挙というしかありません。
あたかも「公安調査庁から法的裏づけを伴った強制があった」というような虚偽の説明によって在家を欺いて名簿を提出したのであったとしたら、在家に対して教団は著しい背信行為を働いたことになります。

そのようにしたらお上の覚えがめでたくなって観察処分解除につながるというような甘い期待(あるいはそういった期待を誘導するような公安当局等からの甘言)でもあったのでしょうか。それとも、もっと別な利益との取引において「在家を売った」のでしょうか??

白竜さんは説法会において正大師に対して「在家への謝罪」を求められましたが、それは具体的な問題に対してではなく、総論的な理由だったかとおぼろげに記憶しています。

在家信徒の方々が、「名簿提出=教団による守秘義務踏みにじり、個人情報漏洩」に対してどうして大人しく黙っているのか理解できません。すべてのアーレフ会員の方々に対して呼びかけます。在家の名簿報告=個人情報漏洩という教団の犯罪行為に対して怒りの声をあげてください!!

といっても、真面目で純粋な「正統派」信徒さん達は教団のやってることに何の疑いもさしはさまずに盲従状態なんでせうな。そういう姿勢がかつて団体の犯罪を許すことにつながったし、現在も組織が社会から信用されない理由であることに気づかず、二重三重に自分の首をしめていることが理解おできにならないと・・・

吹田とのダブルポスト的ながら、重大な問題と考えますので敢えて投稿させていただくことをお許しください。
教団の崩壊 (yasu)
2006-11-28 01:56:25
を恐れているのは、
A派でしょうか、それともM派でしょうか。

わたしはむしろ、M派や中間派ではないかと思います。

A派はパモ~チャナ師みたいにやれば、
「ひとりオウム」をして麻原信仰を続けていくことは可能ではないかと思います。

いっそのこと、
「秘密結社・オウム真理教」と名乗ればいいんですよ。


一方、M派はどうでしょう。

印仏板のatomさんの言っていることじゃないですが、
「激流」には耐えられないかもしれないですな。


わたしみたいに、麻原信仰を捨て、
ソンシへの帰依を無くして、
独自にやっていくという手もありますけど。

始終、A派のもどきに監視されているのもね。
ときどき、こういう風にA派よりのことを書きます。
M派寄りのことは書けないし。嗚呼。

아벨さん (白龍)
2006-11-28 02:18:52
>あたかも「公安調査庁から法的裏づけを伴った強制があった」というような虚偽の説明によって在家を欺いて名簿を提出したのであったとしたら、在家に対して教団は著しい背信行為を働いたことになります。

てっきり、公調から強制的に名簿提出を請求されているとばかり
思っていましたが違うのですか?

お上への協力姿勢を見せたかったのかもしれませんが、
在家信徒には非常に大きな負担を
強いることになりましたよね。

これを、無料体験者にまで広げる必要が、あるのだろうか?
そのようなことをやったら、
M派に関心のある無料体験者が皆寄り付かなくなるのではないでしょうか。
自分達の首を絞めることにならないのかな。
白龍さん (yasu)
2006-11-28 02:25:50
>これを、無料体験者にまで広げる必要が、あるのだろうか?
>そのようなことをやったら、
>M派に関心のある無料体験者が皆寄り付かなくなるの
>ではないでしょうか。
>自分達の首を絞めることにならないのかな。


これで、M派は衰退の一途ですな。

わたしも、
M派の烏山の道場なんか行く気はしませんもの。

A派の東京道場で十分でつ。

Mさんは (아벨)
2006-11-28 02:27:30
公安の●だという言い方する人がいて、誹謗中傷だと思ってましたが、あながちそうでもないのかも・・・

少なくともM派中枢部の顔は、在家よりも公安の方を向いてると思いますね。

アレフ発足のときの会員・信徒の名簿報告の件は、まさしく教団側の自主報告です。公安に尻尾振って在家を売ったと言われても仕方ないでしょう。信徒は今まで騙されておられたわけですわ。お気の毒なことです。それを今度は無料体験者にまで広げるだってぇ? 気でも狂ったか●境●大師といいたくなりますわ。

もし将来在家との話し合いの機会などあった際には、以前白龍さんがされたように、公開質問状でも突きつけて即答を迫りますかね。白龍さんも協力していただけませんか?
yasuさん (白龍)
2006-11-28 02:28:10
教団崩壊を最も恐れているのは、
教団内で、ニート化しているサマナだと思います。
かなりびびっていると聞いています。

>A派はパモ~チャナ師みたいにやれば、
「ひとりオウム」をして麻原信仰を続けていくことは可能ではないかと思います。

これは、パモさんだから出来るんじゃないですか?
他の人が出来るなら、
とっくに教団を飛び出して、やっていると思います。
こういうことが出来ない人が、
教団に残っているんだと思います。

M派は、今のままだとやばいです。
아벨さん (白龍)
2006-11-28 02:33:11
>もし将来在家との話し合いの機会などあった際には、以前白龍さんがされたように、公開質問状でも突きつけて即答を迫りますかね。白龍さんも協力していただけませんか?

そのような機会があれば協力しましが、
仙台道場なくなってしまったし、
最近は、イベント報告もおぼつかない始末・・。
信徒を切り捨てにかかっているのかもしれませんね。(笑)
yasuさん (白龍)
2006-11-28 02:34:27
>A派の東京道場で十分でつ。

A派も名簿提出はあるんじゃないですか?
白龍さん (yasu)
2006-11-28 02:35:07
>これは、パモさんだから出来るんじゃないですか?
>他の人が出来るなら、
>とっくに教団を飛び出して、やっていると思います。

ヴァジラハーサ師とか、ナンダカ師とか、有能な方はA派にはそろっているじゃないですか。

でも、「法友(仲間)を見捨てられない」というのもあるかも。

白龍さん (yasu)
2006-11-28 02:37:45
>>A派の東京道場で十分でつ。

>A派も名簿提出はあるんじゃないですか?

わたしは、何ヶ月かに一度行く程度の「幽霊会員」ですので、関係ないです。
無料体験者でもありませんし。

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事