箱根高原ホテルスタッフブログ

箱根高原ホテルで働くスタッフたちの、つぶやき。近隣観光情報も配信しております。

芦ノ湖 雲海

2011年10月27日 16時54分09秒 | Weblog


芦ノ湖湖上に雲海が出ていて幻想的だったという情報が入ったため
湖尻ターミナル付近からの風景を、撮ってきました。
望遠機能がないカメラですから、遠景の写真は苦手です。
間伸びした画像にななってしまいますが、見に行った時間帯では、
もうところどころ、雲が切れていました。


RICHO  GRDⅢ  F3.2  1/620  ISO64

場所を、芦ノ湖展望公園に移し、芦ノ湖方面を再び撮影。


RICHO  GRDⅢ  F5.6  1/1740  ISO64  EV-0.3

振り返って、富士山方向を撮影。
くっきり見えてました。


RICHO  GRDⅢ  F4.0  1/930  ISO64  EV-0.3

昨晩は冷え込み、今朝は快晴でしたので
景色がくっきり見えました。
上着なしで出かけてしまって、寒くなってきたので
そそくさとクルマに乗り込み、帰ってきました。
ものの30分くらいなのに、すでに芦ノ湖の雲海は
すっかり無くなっていました。


フロント予約グループ
大野 悟

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

明星~明神~火打~矢倉沢~金時山

2011年10月24日 11時37分51秒 | Weblog


前日の雨で、出発時間の変更やルート変更も考えましたが、当初の計画通り
明星ケ岳~明神ケ岳~火打石岳~矢倉沢峠~金時山のルートを、歩いてきました。
アクシデントで矢倉沢峠で下山してしまった7月の、リベンジです。

標準的な所要時間としては、5時間10分とありましたので、朝一番のバスに乗り
宮城野へ行き、7時20分頃登山道に入りました。
前回もそうでしたが、明星ケ岳へ向かう登りが、最初の試練です。
そんなに気温も高くないのに、すでに汗だくです。
約40分くらいで大文字の刈り込み場所に到着。見えるのは、強羅の町並みです。



RICHO  GRDⅢ  F2.5  1/620  ISO64

ちょうど1時間くらいで、塔ノ峰との分岐に到着。
明星ケ岳の頂上は、塔ノ峰方向に歩いて3分とありましたが、
頂上には行かず、明神ケ岳方向へ向かいます。
この付近、前回来たときには、草が伸び放題で、
道が見えないくらいでしたが、きれいに刈り込まれておりました。


RICHO  GRDⅢ  F2.5  1/290  ISO64

明星ケ岳では、天候が良かったのですが、明神ケ岳に向かって行くうちに
次第に雲がかかってきて、明神ケ岳についたら、こんな状態でした。
こんな天候でしたし、風も強かったので、ゆっくり休憩もせずに、出発です。
明神ケ岳には、塔ノ峰の分岐から、1時間20分くらいでした。



RICHO  GRDⅢ  F2.5  1/570  ISO64

明神ケ岳から矢倉沢峠まで約2時間、11時40分頃に到着しました。
矢倉沢峠に向かう最後の下りから見る、金時山は大きく見えます。
登山道も1本のスジのようになって見えます。



RICHO  GRDⅢ  F2.5  1/870  ISO64

矢倉沢峠までは、ほとんどハイカーと出会わなかったのですが、
ここからの登りで、たくさんの人とすれ違いました。
矢倉沢峠からの登りで、40分くらいかかって12時20分頃
ようやく頂上に到着。富士山もきれいに見えました。
頂上ではたくさんの人がいて、この景色を写真に撮ってました。


RICHO  GEDⅢ  F3.2  1/760  ISO64

当初、乙女口方向へ下山する予定にしていましたが、
頂上までの5時間の行程で、やや疲れてましたので、
一番簡単に下山できるルートの選択、14時30分ころ仙石原に
降りてきました。金時登山口の看板です。


RICHO  GRDⅢ  F1.9  1/73  ISO64


頂上の金時茶屋の中に飾ってある、登頂回数の札を見ていると、
1000回以上の方も大変多くいるようで、いったい月に
何回登るのだろうか、と思ってしまいます。

今回の目的のひとつでありますが、金時茶屋に行ったら
日帰り入浴の割引券が置いてあります。ハイキングで汗だくになったら
当ホテルの温泉で、疲れを癒してお帰りください。
ちなみに、金時茶屋で我々に会ったら、特典がもらえるかも、しれません。


フロント予約グループ
大野 悟

コメント (4)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

小塚の森の中 ポーラ美術館

2011年10月21日 10時55分43秒 | Weblog


19日・20日で行われた、JTB社員現地視察研修に同行してきました。
毎年開催されている事業ですが、今年は人身事故で電車が遅れ、
箱根湯本の集合が1時間半も遅れ、視察のスケジュールが
大幅に変更になってしまうという、アクシデントで始まりました。

そんなわけで、私たちの班のスケジュールでは、午後一番最初の
見学地である、ポーラ美術館には20分程度しか滞在出来なくて
とても残念でした。

近代的な建物と収蔵されている美術品は、いつ来ても圧倒されます。
また改めて、ゆっくり見学しに来ようと思いました。


RICHO  GRDⅢ  F2.5  1/133  ISO64


フロント予約グループ
大野 悟


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

銀色に輝く、すすきの穂

2011年10月19日 08時40分16秒 | Weblog


箱根では紅葉より有名になった、仙石原のすすき草原。
月曜日、天気が良かったので、昼間に抜け出して写真を撮りに行ってきました。
風が強く、すすきの穂が時折り激しく揺れるため、撮りにくかったですね。



RICHO  GRDⅢ  F5.6  1/1410  ISO64

逆光で見ると、穂に当たった太陽の光が、銀色に光って見えたりします。



RICHO  GRDⅢ  F3.2  1/1150  ISO64


時々テレビでも紹介されるので、観光客がたくさんでしたが
今日は警備員がいないため、信号を守らない道路横断が
横行していました。皆さま、ちゃんと横断歩道を渡りましょう。


フロント予約グループ
大野 悟

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

仙石原 長安寺 五百羅漢

2011年10月18日 08時50分42秒 | Weblog


長安寺に、紅葉の具合を確認しに行ってきました。
ところが、まったく紅葉の兆しすら感じず、まだまだです。
なので、対象を変えて羅漢さまを、撮りました。
ここの羅漢さま、数えたわけではありませんので、
はっきり言えませんが、100体以上いるように思います。
個人的に目についた羅漢さまを撮ってきましたので、
それぞれの表情やポーズなど、お楽しみください。


RICHO  GRDⅢ  F  1/  ISO64


RICHO  GRDⅢ  F2.5  1/500  ISO64


RICHO  GRDⅢ  F2.5  1/176  ISO64



RICHO  GRDⅢ  F2.5  1/143  ISO64



RICHO  GRDⅢ  F2.5  1/133  ISO64


RICHO  GRDⅢ  F2.5  1/104  ISO64 EV+0.7


RICHO  GRDⅢ  F2.5 1/189  ISO64


RICHO  GRDⅢ  F1.9  1/55  ISO64


RICHO  GRDⅢ  F2.5  1/870  ISO64


RICHO  GRDⅢ  F1.9  1/90  ISO64


RICHO  GRDⅢ  F2.5  1/164  ISO64


RICHO  GRDⅢ  F1.9  1/18  ISO64


RICHO  GRDⅢ  F1.9  1/34  ISO64


RICHO  GRDⅢ  F2.5  1/143  ISO64


RICHO  GRDⅢ  F2.5  1/143  ISO64


RICHO  GRDⅢ  F2.5  1/90  ISO64


紅葉がキレイな長安寺ですが、味がある羅漢さまを楽しめる、
仙石原の隠れた観光スポットです。
それにしても、いろいろな表情があるものです。
普段の生活でも、見かけるような気がします。

最後の羅漢さまだけ、少し変わっていますが。


フロント予約グループ
大野 悟

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

箱根花便り 10月17日

2011年10月17日 17時44分15秒 | Weblog


やはり、この時季花が少なくて、キョロキョロしても
なかなか花が見つけられません。
たまたま、仙石原の長安寺に行ったら、こんな花が咲いていました。
きちんと、『イワシャジン』と書かれた看板が、傍らに立ててありました。
知恵袋の出番は、必要ありませんでした。


RICHO  GRDⅢ  F1.9  1/55  ISO64


一見すると、ホタルブクロのようにも見えるのですが、
同じ、キキョウ科の仲間なんだそうです。
どうりでよく似てる。


フロント予約グループ
大野 悟

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

風に揺れる、すすきの穂

2011年10月13日 14時23分18秒 | Weblog


久しぶりのl、すすき草原見学です。
いよいよ見ごろをむかえ、たくさんの観光客が見学していました。
今年は震災の影響で、山焼きが行われませんでしたが
それでも、すすきたちは、しっかり成長しております。
いつ見ても、風に揺れるすすきの穂が、流れるように動くのが
とっても癒されます。


RICHO  GRDⅢ  F3.2  1/760  ISO64

昨年より、やや穂が小さい感じを受けましたのは、気のせいでしょうか。


フロント予約グループ
大野 悟

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

香りで誘うキンモクセイ

2011年10月08日 14時11分14秒 | Weblog


昨日、箱根湯本に行く用事がありまして、歩いていたら、何やら独特の匂いが
漂ってきました。 キンモクセイ です。
このキンモクセイは、結構背が高いし、これだけびっしり花がついていれば、
匂いが充満するはず。


RICHO  GRDⅢ  F1.9  1/18  ISO64  EV+0.7



RICHO  GRDⅢ  F1.9  1/17  ISO64


Wikipedia引用

『 金木犀の花は甘めでしっかりした強い香りであることから、
日本において汲み取り式トイレが主流で悪臭を発するものが
多かった時期には、その近くに植えられることもあった。
その要因から香りがトイレの芳香剤として1970年代初頭から
1990年代前半まで主流で利用されていたため、
一部年齢層においてはトイレを連想させることがある 』

ワタシも年代的にはぴったりですし、確かにトイレの芳香剤の印象はありますが、
実際の匂いは、自然な甘い匂いですから、わざわざ、こんな表現をしなくても
良いではないか、と思ったりして。


フロント予約グループ
大野 悟

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする