箱根高原ホテルスタッフブログ

箱根高原ホテルで働くスタッフたちの、つぶやき。近隣観光情報も配信しております。

大人が子供に戻れる場所、北原ミュージアム

2010年08月31日 14時08分03秒 | Weblog
ワタシたちにとって、きっかけがないと
なかなか見学できない、箱根の観光施設。
逆に言えば、きっかけだけで新しい発見が見つかります。
そんな意味でも、『北原ミュージアム』は
新しい変身を遂げていました。



このミュージアムは、自分が子供だった時代に思いを馳せ
昔を懐かしむ、大人のためのミュージアムであります。
館内は、写真撮影OKですので、ドシドシ写真を撮って
みんなで昔を懐かしみましょう。

コレクションの数々をお楽しみ下さい。

注)個人的な趣味で画像を撮っています。
  これ以外にもたくさんコレクションが
  あります事を、付け加えます。
























ベーゴマです。
おおッ!と思い、ひとりで遊んでいましたが
他のお客様は、ほとんど素通りでした。



北原ミュージアムは、箱根湯本駅から、
急斜面を登って行きます。
なんと、勾配角度21%!
決して徒歩でのご来館は、お勧めしません。
無料送迎バスがありますので、ぜひご利用下さい。

最後に、受付でご対応頂いた照井さま、
ありがとうございました。
最後にご挨拶出来ませんで、申し訳ありません。

こちらは、北原ミュージアムのホームページはこちら。

フロント予約グループ 大野
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

強羅公園の夏休みイベント

2010年08月30日 10時42分37秒 | Weblog
強羅駅前での登山電車イベントに参加したあと、
強羅公園に行ってみました。こちらも初体験。
夏休みイベントということで、カブト・クワガタ展を
開催中でしたが、16時までという時間に間に合わなくて
見学できなかったのが、残念でした。



強羅公園のもうひとつの見どころは、ローズガーデンです。
約140種、1000株が植えられていまして、
お庭の管理をされている人と、少しお話したのですが
バラは、きちんと手入れをすれば1年中咲くのだそうで、
つまりは、咲いてない時期はない、ということです。
いつ来ても、バラ鑑賞を楽しめるんです。



で、通常の開園時間は17時までなのですが、
この夏休み期間中だけ、21時まで延長するのです。
もう、あと2日間で終わるのですが、これはウレシイでしょう。
もうこの時間になると、日中の暑さが、
うそのように涼しくなります。



フロント予約グループ 大野
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

フィナーレを迎える箱根の夏イベント

2010年08月30日 09時24分08秒 | Weblog
28日は、箱根登山鉄道の『ワクワク箱根親子鉄道展』に行ってきました。
強羅駅周辺で行われる、主にお子様が対象のイベントです。
事前に申し込めば、通常では運行しない入生田駅の三線軌条区間
への運行や、乗車しながらの洗車体験等、特別運行の
『箱根ワクワク号』にも乗車できたようです。
ただしこの『箱根ワクワク号』は、子供同伴が条件だそうです。
(むしろ、親の方がワクワクしていたりして)



まず見かけたのが、ちびっこ車掌の登場です。
どっちかと言えば、棒読みの駅アナウンスでしたが
本人にしてみたら、『本当はもっとかっこ良くしゃべれるんだぞ!』と
悔しい思いもあったかもしれません。



よく何かのイベントで見かけるミニ列車も、このイベントでは
当然、登山電車仕様になっています。

イベント会場では、モハ2形108号車で運転席での写真撮影を
行っていました。この車両は、箱根登山鉄道が120周年を記念して
昭和30年代の塗装を施した特別列車です。
客席のデザインが、寄木模様です。



それから登山鉄道唯一の現役工事車両の、モニ1形。



実際の運転台を展示され、運転士体験もできます。
子供たちが行列を作っていました。



そして、全国パーミル会に入っている富士急行さんと
大井川鉄道さんの、出店ブースもあり、たくさんの
鉄道ファンたちが、大いに楽しんでいました。

フロント予約グループ 大野
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

箱根JAZZ温泉Vol.10 芦ノ湖キャンプ村でのライブ

2010年08月29日 14時28分44秒 | Weblog
8月27日、芦ノ湖キャンプ村の特設ライブ会場にて
箱根JAZZ温泉のメインイベントが開催されました。
ご近所での開催ということもあり、ぜひ見に行かなければ、
ということで行って参りました。

箱根町温泉旅館協同組合の青年部が中心的になって
行っている箱根JAZZ温泉も、今年で10回目。
野外イベントを開催することの難しさを聞くたびに
青年部の皆さんの活動に、敬意を表します。

今年のイベントコンセプトは『針葉樹から広葉樹の森へ』
山の保水量を増やし、地下水の保水率をアップ、温泉の
湯量の確保へ! という壮大なテーマを掲げています。
また、ニュージーランドのタウポと姉妹提携を結ぶ箱根町
として、環境問題に熱心なニュージーランドの取り組みを
紹介する特設ブースが設けられていました。

出演者の皆さんも、ご両親のどちらかがニュージランド人
という、関連のある方々ばかり。
まさに、ニュージランドづくしです。

ひとりめの出演者は、『sayulee(サユリー)』さん



ふたりめの出演者は、『KAT(キャット)』さん



約1時間のライブを、1部・2部とに分けて行われましたが、
曲目の少し替えてきたりして、楽しませる工夫が感じられました。



最後にピンバッチ購入者を対象にした、
抽選大会を行って、イベント終了。

やや、お客さんの数が少なかったのが、残念でしたが
野外ライブって、やっぱり素晴らしい。
天候にも恵まれた今年をうけ、来年はどちらでの
開催でしょうか。またひとつ箱根のイベントの
楽しみが増えました。


フロント予約グループ 大野

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

涼しさ実感、芦ノ湖の朝

2010年08月24日 07時49分26秒 | Weblog
出勤前に、芦ノ湖に行ってきました。
急に雨が降ってきたりして、山の天気を感じますね。

かすんで見える、湖尻から見る桃源台。



小雨を降らせた雲が低く垂れこめています。
このスワンボート小屋には、猫が3匹いて、まったり
過ごしていました。まさに、じょんのび中。



ホテルに戻ってきて、温度計を確認。



25度。どうですか?涼しいわけです。
今年は、例年以上に箱根の涼しさを感じます。
いえ、箱根の涼しさではなく、仙石原の涼しさです。
なにしろ、風が気持ちいい、です。

フロント予約グループ 大野

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

阿弥陀寺の水野和尚による琵琶演奏

2010年08月23日 12時49分12秒 | Weblog
ここのところ何回かお伝えしている湯本灯街道イベントも
昨夜の22日が最終日。
箱根観光物産館で行われた、箱根阿弥陀寺の水野和尚が奏でる、
琵琶演奏を聞きに行ってきました。




実際の、水野和尚の印象はというと、何しろ声の
迫力がスゴイ!んです。声だけで、圧倒されてしまいます。
なんかあの声で怒られたら、5センチくらい飛び上るくらいの
迫力です。

ところどころで、琵琶に関する説明がありました。
琵琶にもいろいろな種類があるらしく、インドでは
ヘッド部分(糸倉というらしい)が、まっすぐなのですが
日本人の体格を考えて、直角に曲がった形が一般的だそうです。

琵琶演奏というと、琵琶の音色だけを楽しむのかと
思われるかも知れませんが、実際には平家時代や戦国時代
を題材にした弾き語りです。
少し遅れて行ってしまったワタシ達は、後半の黒田節を
堪能させて頂きました。

『さぁ~けえ~わぁ、のぉ~めえ~のぉ~めぇ~・・・』という
フレーズで始まる黒田節ですが、福島正則公と母里(もり)太兵衛との
逸話を、琵琶を奏でながら歌ってゆきます。
そして、最後に和尚と、私たち全員で、歌うのです。

『さぁ~けえ~わぁ、のぉ~めえ~のぉ~めぇ~・・・』

阿弥陀寺の水野和尚は、琵琶楽協会のイベントでも上位に
入賞するような実力をお持ちの方。近いところでは、
9月12日にも、東京証券会館で行われるコンクールに
優勝を目指して出場する予定なんだそうです。
興味がある方は、こちらへご確認願います。

日本琵琶楽協会
東京都新宿区西新宿4-14-7
新宿パークサイド永谷 305 号
電話(03)5371-0120


フロント予約グループ 大野
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

箱根ロープウェイ定期点検に伴う運休のお知らせ

2010年08月21日 09時38分25秒 | Weblog
箱根ロープウェイでは、定期点検のため一部区間で運休になります。
期間中は代替え輸送を行いますので、ご注意願います。

運休期間 平成22年9月6日(月)~平成22年9月10日(金)
運休区間 大涌谷~姥子~桃源台間
     ※早雲山~大涌谷間は通常運転を行います。
代替輸送 大涌谷~姥子~桃源台 約15分間隔
     8時45分~17時15分

詳しくは ロープウェイのホームページ をご覧下さい。

フロント予約グループ 大野
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

お召し列車の使用車両について

2010年08月20日 11時40分33秒 | Weblog
先日、こんな話題がありました。

『お召し列車で使用した、グレッシャー・エクスプレス塗色の
 車両は、いったい何編成あるいのだろう?
 確か1編成って聞いていたけど、最近良く見かけるし』

以前こちらのブログで紹介した、箱根湯本駅にある
記念プレートを、改めて確認してみます。





お召し列車で使用した車両は、2005・2203・2006号と
はっきり記されています。

一方、2009年3月に箱根登山鉄道が発表された
プレスリリースがありました。

こちらのリンクをご覧下さい。

今回使用したお召し列車の車両は、2009年に導入した
車両を、そのまま使用したことが分かりました。
もしかしたら、お召し列車のため新しく新調したのでは?
なんて疑問も、これですっきり解決しました。

フロント予約グループ 大野
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

箱根強羅の大文字焼き

2010年08月17日 22時01分17秒 | Weblog
箱根のイベントの中でも第1級ランクを誇る、強羅の大文字焼き、
8月16日に開催されました。
(ワタシは出張中なので、頂いた画像でブログの更新です)
強羅付近の場所だったら、結構いろいろな場所から見える
この大文字。こちらの画像は、宮城野付近からだそうです。



箱根ロープウェイなどは、納涼夜間運転という
イベントも開催したりして、盛り上がりに一役買ってたりします。



大文字から、ナイアガラです。
それにしても、あんな山の斜面で、あれほどの
火を炊くわけですから、大変危険であることには
変わりありません。
そんな勇敢な男子に、思いを寄せる女子も
少なくないはず、です。



こんな画像も、臨場感が伝わりますね。
ほんとうに、すぐ近くで花火が打ち上がりますので
臨場感は、格別ですね。



スポーツ観戦でもそう思いますが、イベントは
ライブで見るのが、一番です。

フロント予約グループ 大野

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

駕篭かきと馬子唄のご披露

2010年08月16日 21時34分25秒 | Weblog
箱根湯本の夏のイベントの一環で、期間中3回の開催が予定
されている、箱根駕篭かきと馬子唄のイベントを見学してきました。
予定されている時間を過ぎても、駕篭が来る気配すら感じず、
ただただ、ビールを飲んで待っていたところ、突然のご登場です。

どうです!この精鋭のおとうさんたち!
今にも、駕篭を担いで箱根の山の越えて
行きそうな勢いです。



駕篭に乗せてもらうのが無料だと聞いていて、
乗せてもらう気、満々だったのですが、
いくら精鋭でも、自分の父親くらいのおとうさんたちの
駕篭に乗せて貰うわけには、行かなかったので、
他のお客さんに、お譲り致しました。



で、このイベントの重要なところは、
お客さんを単純に駕篭に乗せるというだけではなく
お客さんを乗せて駕篭が出発するときの、馬子唄が
重要なのです。

掛け声は、『へっちょい!へっちょい!』
ただ駕篭に乗せてもらうのでは、気分が出ないのです。

『へっちょい!へっちょい!』

これがなくては、始まらないのです。
それにしても、当時はこんな駕篭で箱根の山越えや
大井川を渡ったりしたのでしょうか?
駕篭屋さんて、相当な重労働だったことがしのばれます。



箱根湯本の灯街道イベントも終盤戦です。
この駕篭かきのイベントは、あと1回で、
次回は、8月21日になります。

最後の画像は、灯篭が並ぶあじさい橋です。

フロント予約グループ 大野

箱根湯本灯街道イベントのHPはこちら
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする