箱根高原ホテルスタッフブログ

箱根高原ホテルで働くスタッフたちの、つぶやき。近隣観光情報も配信しております。

大寒の日は甘酒の日

2023年01月20日 06時49分32秒 | 社長 山口滋

みなさん こんにちは

本日は1月20日、暦の上では「大寒」です。いかがお過ごしでしょうか。

「大寒」の今朝は、やっぱり寒いですね。しかし今年は少し暖かいようにも感じます。温暖化が進んでいるのでしょうか。私個人的には寒いより暖かい方が好きなのですが・・・。

さて、例年1月20日頃が「大寒」ですが、「大寒」の日は「甘酒の日」だと知っていましたか?

これは、東京都港区に本社を置き、1969年(昭和44年)から瓶入りの「甘酒」を販売してきた森永製菓株式会社が制定したそうです。

日付けは、甘酒は疲れを癒し、体が温まる飲物として「大寒」の頃が最も飲まれることから大寒の日(1月20日頃)とされました。日本の伝統的な飲物であり発酵食品である甘酒の良さ、おいしさを多くの方に知ってもらうことを目的として、一般財団法人・日本記念日協会によって認定・登録されました。

「箱根高原ホテル」から、車で芦ノ湖の東側の県道を走って約20分、東海道沿いに「箱根甘酒茶屋」があります。ここ甘酒茶屋は江戸時代から続いていて、現在の店主は13代目だそうです。ここの甘酒は、蒸した麹菌を種付けして繁殖・発酵させることによってできる「米麹」と米だけで作っています。砂糖も入っていないのに甘みがあり、ノンアルコールなので運転する方にもお勧めです。甘酒1杯400円、それ以外にも「力餅」「味噌おでん」「ところてん」などもあり小腹を満たしてくれます。

「箱根高原ホテル」にお泊りの際は、箱根東海道の「箱根甘酒茶屋」にて、甘酒と江戸時代を思わせる昔の雰囲気をお楽しみください。

●「箱根甘酒茶屋」へは「箱根高原ホテル」から芦ノ湖の東側の神奈川県道75号線を走り、箱根神社の裏の道を経由して東海道に入り、旧東海道石畳を過ぎてすぐ左側です。ホテルからは車で20分程(約11Km)です。

from s.y.

コメント    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
goo blogユーザーが出品しています
他の出品作品をマルシェルで見る
« 大観山からの芦ノ湖と富士山... | トップ | 今年初めての積雪 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

社長 山口滋」カテゴリの最新記事