箱根神社(九頭龍神社)の社務日誌から・・・

◆御鎮座1260年をめでたく迎えました!皆様のお参りをお待ちしております。箱根神社(九頭龍神社)公式HPもご覧下さい。

元始祭を斎行!第91回箱根駅伝(復路)フィナーレ!

2015年01月03日 | お知らせ

220103_2「元始祭(げんしさい)」は、新しい年の始めにあたり、宮中三殿において天皇陛下が皇位の元始(=はじまり)を祝して行われるお祭りです。これにあわせて全国の神社でも、天孫降臨に始まる国の大元を寿ぎ、皇室の弥栄と国の隆昌・安泰を祈って「元始祭」を斎行いたします。
御皇室の弥栄こそ、国の安寧・国民繁栄の基です。両陛下には、幾久しくお元気でお健やかにあらせられますよう祈念申し上げます。


今日は午前8時に箱根駅伝複路がスタートします。
復路優勝と総合優勝はどの大学が栄冠を勝ち取るのでしょう?
往路成績は昨日の記事をどうぞ
ご参拝の皆様には、例年通り交通規制が敷かれていますのでご注意下さい。


こちらは午前7時30分の御社頭です。
皆さん駅伝の応援に行かれており比較的穏やかですが、例年ですとスタートを見送った後、徐々に賑わい出してまいります(

第91回箱根駅伝は、すべての参加チームが大手町のゴールテープを切って終了しました。洵におめでとうございます。
それでは、日本テレビさんのサイト記事から転載して、記録をお伝えします。
総合優勝は、青山学院大学が10時間49分27秒で、初の栄冠を勝ち取りました。おめでとうございます。

◇本日の最終日程と明朝の開始日程です。
230103◇初祈祷の受付時間は、こちらをクリックしてご覧下さい
◇お札所の開閉時間は、こちらをクリックしてご覧下さい
◇初詣情報は、ホームページに掲載されています。
トップ頁の「初詣情報」をクリックして下さい
(by ナンヨウ)

コメント

正月2日のいえばコレ!今日は第91回箱根駅伝(往路)!

2015年01月02日 | お知らせ

昨日の雪が本年初の白化粧を施した今日の箱根です!


しかしご安心ください!境内の雪かきはバッチリ!しかし足元には十分にご注意してお参り下さい(

=続いて箱根の道路交通状況とお天気です=
 
バスは箱根全線で通常運行となっております。
箱根全山の一般道もチェーン規制等はかかっておりませんが、お気をつけてお越し下さい。
◇箱根町の詳しい交通規制情報は、こちらをクリックしてご確認ください
 
箱根の天気については、
箱根町観光協会の公式HP「箱根全山」の中に、
 「箱根Webカメラ」として、
 1、お天気カメラと
 2、道路状況カメラを
 見ることが出来ますので、ぜひご利用下さい。

本年の開運キーワードは
「自重自戒(じちょうじかい)と相互扶助(そうごふじょ)で稔り多き歳に!」
ぜひ、素晴らしい1年をお過し下さい。
詳細は元旦の記事をご覧下さい

さて、今日は正月の箱根の代名詞ともいえる箱根駅伝(往路)がスタートします。
出場校一覧は次の通りです。

今年はどの大学が栄冠を勝ち取るのでしょうか?
参加全校が襷をつなぎ、悔いのない走りで完走される事を祈念します。

箱根駅伝は、国道1号線に交通規制が敷かれますので、東京方面から箱根神社へご参詣の皆様には、御殿場ICのご利用がよろしいかと存じます。

箱根駅伝(往路)の成績は次の通りです。
各校の奮闘に拍手を送り、明日の復路での益々の健闘を祈念します。

◇本日の最終日程と明朝の開始日程です。
230102◇初祈祷の受付時間は、こちらをクリックしてご覧下さい
◇お札所の開閉時間は、こちらをクリックしてご覧下さい
◇初詣情報は、ホームページに掲載されています。
トップ頁の「初詣情報」をクリックして下さい
(by ナンヨウ)

コメント

『謹賀新年』 乙未年の開運!今年のキーワードは?

2015年01月01日 | お知らせ


あけましておめでとうございます。
皆様にはめでたく新年をお迎えのことと存じます。
「箱根神社の社務日誌から・・・」をご覧の皆様の新しき年が、素晴らしき年となりますよう心より祈念申し上げます。

乙未年(きのとひつじどし)の開運は、自重自戒(じちょうじかい)と相互扶助(そうごふじょ)で!

年頭にあたり、聖寿の万歳と国運の隆昌を言祝ぎ、箱根の大神様、九頭龍様の広く大きな御加護のもと、尊家ご一統様のご清福をお祈り申し上げます。

皆様には、御守護いただく神々の新しい御神札を家の神棚に祀り年神様から新しい歳を授かられ、清々しい新年をお迎えの事と存じます。

そして、神棚と初詣の神々の御前に「昨年中はお蔭様で」と感謝の真心を捧げ、新たな気持で一年の計をはかって、「今年もよろしくお願い致します」と変わらぬ御加護の祈願と共に「一年の計成就のために自分が為すべき事」を起請文で誓願され、新しい一歩を踏み出された事でありましょう。

「乙未年」の本年は自身を磨く歳。そして開運の要点は「自重自戒と相互扶助」です。

乙は陰性の木を示し、十干の二番目で、「いまだ・次・幼」と云う意味を持ち、未は陰性の土を示してこれから伸び出す前の未熟の状態で力を蓄えているところを表していますので、「自重自戒と相互扶助」の心で、どっしりと慎重に構えて自身を磨き、周囲と協力して着実に物事を進めて行く事が大吉をもたらす歳となりましょう。

乙と未との関係は、木剋土の「相剋」であり、互いに良くない作用を与える関係で、乙の木性が未の土性を振い起こして、地震災害等をもたらすような深刻な作用にも気を配り、常に備えを万全にしなくてはなりませんが、反面、元来の相性はとてもよろしいので、双方の協調・調和による恙無き進捗も充分に可能な関係でもあります。

よって、乙と未双方の作用が加わる本年は、自身を律して体調を整え、何事にも慎重に対処し、周囲と心を合わせて助けあい、着実に進めて行くことが、気運に添った稔り多き歳となる事でありましょう。

当神社では旧臘、龍神水舎に繋がる成就水盤の建立が叶い、また一歩進む事が出来ました。本年も計画中の御社殿・境内の整備事業を着実に進めて参る所存です。

初詣にご参拝、初祈祷奉修の皆様方には、箱根の大神様、九頭龍様の広大無辺な御神徳をいただかれ、乙と未の持つ作用を良い方向にしっかりと受け止め活用されて心豊かな素晴らしい一年をお過ごし下さいますよう、衷心より祈念申し上げます。
                  箱根神社宮司 小 澤 修 二



平成27年も、一番太鼓と奉祝花火で新年を迎え、新春初祈祷一番祈祷が始まりました。

今年は、どうにかこうにか元旦の御社頭を捉えることが出来ました(

220101_5◇歳旦祭(さいたんさい)は、新年を祝い、皇室の弥栄と国の隆昌、国民の安泰、世界の平和を祈願して行うお祭りです。
◇併せて氏子初祈祷祭も斎行致します。

そして、いよいよ初日の出!!
駒ケ岳からは午前6時52分の予定。
しかし東方を覆う雲に遮られ、平成27年は約20分遅刻の御来光となりました(

さらに平成27年の「初富士」は、御来光を受けて輝く赤富士!今年は良い年になりそうな予感がします!

◇お問い合せの多い、本日の最終日程と明朝の開始日程です。
230101_6 ◇初祈祷の受付時間は、こちらをクリックしてご覧下さい
◇お札所の開閉時間は、こちらをクリックしてご覧下さい
◇初詣情報は、ホームページに掲載されています。
トップ頁の「初詣情報」をクリックして下さい
(by ナンヨウ)

コメント (2)

乙未年(きのとひつじどし)の開運は!!

2014年12月27日 | お知らせ

乙未年(きのとひつじどし)の開運は、自重自戒(じちょうじかい)と相互扶助(そうごふじょ)で!

年頭にあたり、聖寿の万歳と国運の隆昌を言祝ぎ、箱根の大神様、九頭龍様の広く大きな御加護のもと、尊家ご一統様のご清福をお祈り申し上げます。

皆様には、御守護いただく神々の新しい御神札を家の神棚に祀り年神様から新しい歳を授かられ、清々しい新年をお迎えの事と存じます。

そして、神棚と初詣の神々の御前に「昨年中はお蔭様で」と感謝の真心を捧げ、新たな気持で一年の計をはかって、「今年もよろしくお願い致します」と変わらぬ御加護の祈願と共に「一年の計成就のために自分が為すべき事」を起請文で誓願され、新しい一歩を踏み出された事でありましょう。

「乙未年」の本年は自身を磨く歳。そして開運の要点は「自重自戒と相互扶助」です。

乙は陰性の木を示し、十干の二番目で、「いまだ・次・幼」と云う意味を持ち、未は陰性の土を示してこれから伸び出す前の未熟の状態で力を蓄えているところを表していますので、「自重自戒と相互扶助」の心で、どっしりと慎重に構えて自身を磨き、周囲と協力して着実に物事を進めて行く事が大吉をもたらす歳となりましょう。

乙と未との関係は、木剋土の「相剋」であり、互いに良くない作用を与える関係で、乙の木性が未の土性を振い起こして、地震災害等をもたらすような深刻な作用にも気を配り、常に備えを万全にしなくてはなりませんが、反面、元来の相性はとてもよろしいので、双方の協調・調和による恙無き進捗も充分に可能な関係でもあります。

よって、乙と未双方の作用が加わる本年は、自身を律して体調を整え、何事にも慎重に対処し、周囲と心を合わせて助けあい、着実に進めて行くことが、気運に添った稔り多き歳となる事でありましょう。

当神社では旧臘、龍神水舎に繋がる成就水盤の建立が叶い、また一歩進む事が出来ました。本年も計画中の御社殿・境内の整備事業を着実に進めて参る所存です。

初詣にご参拝、初祈祷奉修の皆様方には、箱根の大神様、九頭龍様の広大無辺な御神徳をいただかれ、乙と未の持つ作用を良い方向にしっかりと受け止め活用されて心豊かな素晴らしい一年をお過ごし下さいますよう、衷心より祈念申し上げます。
( 宮司敬白 )

コメント

今日から氏子中の家祓が始まります!

2014年12月16日 | お知らせ

箱根神社氏子の皆さんの家々の家祓(やばらい)が、本日から始まります。
 
201216yabarai_2 家の内外を掃除してお待ちいただく各ご家庭に参向して、神棚や竈(かまど=台所)を始めて家中を祓い清め、新しい御神札をお祀りして、清々しく新年を迎える準備を整えます。
◇正月迎えの
1、御神札(おふだ)
2、神棚(かみだな)神殿(しんでん)
については、それぞれクリックしてご覧下さい。
  
21121601_2 新しい御神札をお祀りすると、次は正月飾りや餅つきの準備ですね(
 
日に日に寒さが厳しくなって参りました。お身体に気をつけて、めでたきお正月を迎え、良い歳をいただいて下さい。
(by ナンヨウ)

コメント

先ずは納札所が移動!初詣情報はもう少しお待ちください・・・

2014年12月10日 | お知らせ

2412080112月も10日となり、正月の準備も着々と進んでおります。
納札所も通常モード(黄色の囲み)から・・・
 
24120802正月モードに様変わりです。
古いお札やお守りは、これまでの御加護への感謝を込めてコチラへお納め下さい。
*正月期間は、九頭龍神社新宮手前に設営されておりますので、お間違えなきようお願い致します。
 
しかしながらホームページのトップ画面を始め、明年の初詣情報がなかなかアップ出来ません。
基本は昨年とほとんど変わりないのですが、細かい処で多少変更が出ると思います()申し訳ありません。
少しずつでもアップして行きたいと思いますので、もう暫くお待ち下さい。
(by ナンヨウ)

コメント

宝物企画展「武将たちの箱根信仰」20日より、リニューアル開催!

2014年12月04日 | お知らせ

25120401只今、当神社宝物殿にて開催中の特別展「武将たちの箱根信仰」が盛況につき、会期を延長し一部展示替を施し、来る12月20日(土)よりリニューアル開催致します。
初詣にお越しの際には、ぜひご覧ください。

箱根神社は古来「関東総鎮守箱根大権現」と尊崇された名社で、武家の信仰厚く鎌倉幕府を開いた源頼朝をはじめとする歴代将軍、また北条泰時や時宗などの執権、室町時代の足利将軍家や鎌倉公方、また戦国大名として名高い北条早雲や徳川家康など名だたる武将から篤く崇敬されてきました。
 
この展覧会は、箱根神社が「関東守護」「東国鎮護」の神として、また武家起請(誓約)筆頭の神として広く信仰されてきた歴史を通し、平安から江戸時代にかけて箱根神社を篤く崇敬した武将たちの箱根信仰に関わる貴重な古文書・絵画・工芸品等を出陳しています。
 
24121103_2今回、二十年ぶりの特別公開となる武将たちの貴重な古文書は、蒙古襲来で有名な鎌倉幕府執権の「北条時宗書状」をはじめ室町幕府将軍の「足利義教書状」「足利義晴書状」、また管領「細川高国書状」のほか、戦国時代の「北條早雲書状」「織田信長書状」「豊臣秀吉書状」「徳川家康寄進状」など錚々たる戦国武将の古文書も展示されています。
さらに赤穂事件で有名な大石内蔵助が、討ち入り直前まで所持していた「預置候金銀受払帳」も特別に公開されています。これは赤穂事件の第一級史料として名高いものであります。
工芸品では、鎌倉期の「箱根権現懸仏」や宝刀「微塵丸太刀」、「薄緑丸太刀」なども展示されています。
24121104皆様には、ぜひご来館いただき、ゆっくりとご観覧くださいますようご案内申し上げます。
(開館時間は9時から16時30分・但し入場は16時までとなっております)
(by ナンヨウ)

コメント

師走(12月)の祭典行事!よりよい新年を迎えるために!

2014年12月03日 | お知らせ

=12月(師走)の主な祭典行事をお知らせ致します=
 
 1日 09:00 箱根神社月次祭・神札頒布祭
         (朝餉会は4月までお休みです)
 3日 08:00 駒形神社(箱根)月次祭

13日 10:00 九頭龍神社(本宮)月次祭
15日 09:00 両社参り月次祭
          *箱根神社月次祭・
交通安全祈願祭
          *九頭龍神社(新宮)月次祭

16日~17日 家祓(終日)元箱根・箱根・芦之湯地区
22日 08:00 煤払式

23日 09:00 天長祭
24日 09:00 万巻上人奥津城月次祭
 〃   10:00 箱根元宮月次祭
31日 14:00 師走大祓
 〃   21:00 古札焼納祭
 〃   21:30 除夜祭
 
今月も、毎月行っているお祭り(月次祭=つきなみさい)と、
12月恒例のお祭り斎行されます。

◆朝餉会は、先月が本年最終となりました。
 例年同様12月から3月までは休止致します。
 明年4月にまたおいで下さい。
◇1日月次祭は、12月1日・2月1日・3月1日と、午前8時に斎行致します。この間、朝餉会はお休みとなりますが、1日のお祭りにぜひご参列下さい。
(by ナンヨウ)

コメント

ブログ「社務日誌から・・・」、引越します!

2014年11月29日 | お知らせ

    =重要なお知らせ=

12月1日より、ブログ「箱根神社(九頭龍神社)の社務日誌から・・・」は、gooブログへ引越します。

引越先のURLは、http://blog.goo.ne.jp/hakone-jinjaとなりますので、改めまして登録ブックマークの程お願い致します。
ただし、明年2月末までは自動的に引越先のgooブログへ接続致しますのでご安心下さい。
引越しましても、変わらぬご愛読の程よろしくお願い致します。
(by 初めての引越で、内心ビクビクしているナンヨウ)
コメント

よりよい「新年の迎え方」③ 新しい御神札は12月1日から!

2014年11月16日 | お知らせ

20120105「一年の計は元旦にあり」
大事な正月を迎える準備が、ことさらに重要なことは言うまでもありません。
神棚を始め家中の大掃除をし、新しい神札をお祀りして、新しい年を迎える準備を整えましょう。

25111601_2
そうして、新年には歳神様から新しい歳(生命)を、神棚や初詣にお参りした神様からは大きな御神徳をいただかれて、希望に満ちた新しい年の歩みをお進め下さい。
昨日、12月1日に控える「神札頒布」向けて準備を行い、めでたく完了致しました
211127_6
211127_720120106当神社では、神宮大麻を始め御神札のまつり方を詳しく説明した用紙をご用意致しております。
また、それぞれのご家庭の様式にあった神殿もお頒ちしています。

 
22113015_2◇「神棚のまつり方」及び頒布神殿については、こちらをクリックしてご覧下さい
(by ナンヨウ)

コメント

よりよい「新年の迎え方」② 神棚のまつり方!

2014年11月11日 | お知らせ

昨日の「新年の御神札のご案内」から、今日は「神棚のまつり方」です。
神社で御神札をお受けになられた方は、今日の記事をご参考に、ぜひ神棚にお祀り下さい。

21112401_2神殿にお祀りする御神札や御祈祷を受けていただかれた御神札など、神棚をお持ちでない方は、新しく神棚を設けてそこにお祀りされるのが、神様は一番喜ばれます。

◆神棚のまつり方は、下図の通りです。
21112402(画像をクリックすると大きくしてご覧になれます)

諸事情で、現在神棚を設けていない方は、次のようにお祀り下さい。
1、目より高い位置で清浄な場所。
例えば、サイドボードやタンスの上、またはサイドボード内の最上段でも結構です。
但し、御神札の周囲が散らかっていたり、すぐ横に物を置いたりしてはいけません。御神札の周りは、いつも綺麗に致しましょう。
御神札の前に、神様へのお供えが出来るスペースがあれば、なお結構です。
他には、壁に棚板を一枚設けて、その上にお祀りされてもよろしいでしょう。
2、御神札の向きは、御神札の正面が南または東方面を向くようにして下さい。
神様が南または東方面を向かれるようにお祀りします。
つまり、神様に住みよい環境にある、南または東方面向きの住宅(御社)に住んでいただくと考えていただければ、わかり易いと思います。
*真南や、真東にこだわらなくても結構です。
住宅の状況で、南や東方面にお祀りすると、とても変な場所になってしまう場合もあるかもしれません。そんな時は方角にこだわらず、お祀りするお部屋の中で、一番ふさわしいと思われる所、その場所にお祀りすると神様も落ち着かれ、ご自身も一番落ち着くと思われる所にお祀りして下さい。そこが最良の場所なのです。
3、いつでもお参り出来る家の中心、家族が集まる場所や、お供えなどお世話しやすい場所等も考えてお祀りされるものよろしいでしょう。

最終的には、神棚を設けてお祀りして下さい。神様がそれを一番お喜びになるのは間違いありません。それは、下図の壁掛神殿でもよろしいのですから。

221202linesyougatu_3
 

21112400_2(画像をクリックすると大きくしてご覧になれます)
壁掛神殿以外の神殿等も、上記の通りご用意しております
神殿等をご希望の方は、神社においでいただくか、電話でご連絡願います。
(by ナンヨウ)

コメント

よりよい「新年の迎え方」① 新しい御神札で年迎え!

2014年11月10日 | お知らせ

26111001_2 新しい年の御神札の準備がもうすぐですね。
箱根神社では12月1日の神札頒布祭奉修から皆様にお頒ちいたしますので、夫々にご予定をお願い致します。


 
=神宮大麻奉斎のすすめ=
神宮は皇室の御祖先の神様であり、我々日本人の総氏神様である天照大御神様をお祀りしています。
 

221202そのお姿は『日本書紀』によれば「光華明彩(ひかりうるわ)しくして、六合(くに)の内に照り徹る」と記され、この上なく輝かしい御存在として、また神々の世界を治める「日の神」として伝えられています。つまり、日本で最も尊い神様をお祀りするお宮のお神札が神宮大麻です。
我々日本人は天照大御神様の明るく恵み多い御神徳のもと、生きる力を戴き、様々な災厄からお守りいただいて豊かな日々を過ごしています。

221202_2神宮大麻は、私共が日々のお参りの中で、天照大御神様の御加護に感謝を捧げ、大御恵を祈念してお祀りするお神札なのです。

皆様には新年を迎えるにあたり、神宮大麻を始めてお住いの地域の氏神様、崇敬される神社のお神札、大年神様、竈神様のお神札をそれぞれに新しくお祀りいただきます。

221202_3それはお正月を迎える前に、新しい御神札で神様をお祀りして更なる御神威の発揚を願い、全てが改まる新しい年を迎えて、より大きな御神徳を戴くためです。

神様と毎日生活を共にしているという気持ちが、ご自身にご家庭に心の安らぎをもたらしてくださいます。

日々のお参りの中で、神様に手を合わせることは、ご自身と向き合う大切な時間です。心を整えて感謝の気持ちを捧げましょう。

また神様にお願いしたことに対しては、その目標に向かってやるべきことの誓いを立て実践していただきたく思います。

 
家庭の祭りは心豊な暮らしの基本です。皆様におかれましては、家庭の中心に神宮大麻をお祀り頂き、天照大御神様の御加護のもと清らかな日々をお過ごしいただきたく思います。


◇明日は「神棚のまつり方」をお届けします。是非ご覧下さい。
(by ナンヨウ)

コメント

色付くモミジ!霜月の主な祭典行事です

2014年11月04日 | お知らせ

26110401 先日のイチョウに続き、数少ない境内のモミジもお色直しを始めたみたいです(
今年はどんな紅葉美人に出会えるか、今から楽しみでなりません。

=11月(霜月)の主な祭典行事をお知らせ致します=

 1日 07:00 箱根神社月次祭
 3日 08:00 駒形神社(箱根)月次祭
 〃   08:30 明治祭
13日 10:00 九頭龍神社(本宮)月次祭
15日 08:00 両社参り月次祭
          *箱根神社月次祭・
七五三祝祭
          *九頭龍神社(新宮)月次祭

23日 09:00 新嘗祭
24日  終 日 全山新嘗祭(箱根全山)
 〃   09:00 万巻上人奥津城月次祭
 〃   10:00 箱根元宮月次祭


今月も、毎月行っているお祭り(月次祭=つきなみさい)と、11月恒例のお祭り斎行されます。

◆朝餉会は、今月で本年最終となりました。
 例年同様12月から3月までは休止致します。
 明年4月にまたおいで下さい。
◇1日月次祭は、12月1日・2月1日・3月1日と、午前8時に斎行致します。この間、朝餉会はお休みとなりますが、1日のお祭りにぜひご参列下さい。
(by ナンヨウ)

コメント (3)

明日19:24、「皆既月食」開始!お天気は?

2014年10月07日 | お知らせ

皆さん!皆既月食ですよ、皆既月食!
久しぶりの天体ショーに、天文おやじはワクワクしています(

26100701今回の月食は、日本全国で皆既食を見ることが出来るんです。
月食の仕組みや詳しい説明は、こちらの国立天文台のHPをご覧ください
天文好きの素人が語るより、ずっと分かりやすく説明してあります(

(提供 国立天文台)
食の始まりは、18時14.5分から
さらに皆既食の始まりは、19時24.6分から
食の最大(月がすべて地球の影に入る)は、19時54.6分!
皆既食は、20時24.5分に終わり
すべての食は、21時34.7分に終わります

26100702 (提供 国立天文台)
皆既月食を観察する際のポイントは、月が大きく欠けてしまってからでは、探すことが難しくなるため、月の位置を早めに確認しておくことが大切です。
今回は、東南東やや低めの空を舞台とし、そして天気予報は「晴れ時々曇り」、確率は60%といったところでしょうか。
残念ながら、私は当日箱根におりませんが、可能な限りこの久しぶりの天体ショーを楽しみたいと思います。
では、また明日()!
(by ナンヨウ)

コメント

秋のお彼岸!今夜7:30からは花火大会!

2014年09月20日 | お知らせ

今日は秋の彼岸の入り、そして23日の秋分の日がお彼岸(彼岸の中日)となります。
皆様には、ご家族お揃いでお墓参りをいただき、しっかりと先祖祭りを修めていただきたく存じます。
210923神様のお恵みと御祖先様のご恩とを受けて誕生し、そのご加護の中で生きて行く我々には、神様のお恵みとご祖先様のご恩とに感謝して、それぞれの家庭で日々お参りを勤めることはとても大事なことです。

先人の歌に「日の本に生まれ出でにし益人(ますひと)は 神より出でて 神に入るなり」とあります。その意味は「日本人としてこの世に生まれたすべての人は、祖神より御霊(みたま)を戴いて誕生し、その死後は祖神のもとへ帰り、神となって祖神と共に子孫を守護って行く」というものです。

220306_3こうして日本人は「神様」と「神(仏)と祀る御先祖様」を奉斎し、日々の感謝を捧げ、御加護を祈念するお祭りを、各家庭で毎日欠かさず勤めてまいりました。これが安泰と繁栄の原動力となっているのは言うまでもありません。

21032004春秋の彼岸は、古来から続く神道の先祖祭りがベースとなって今日を迎えているものです。皆様には、しっかりとお祭り(お参り)を修め、更なるお蔭をいただかれて、神様・御先祖様の御加護のもと心豊かにお過ごしの程、御祈念申し上げます。

◆箱根神社(九頭龍神社)公式ホームページに「先祖まつりのページ」がございます
「先祖まつりのページ」への行き方は、まずこちらをクリックし箱根神社ホームページへ 。次に、トップ画面の上段メニュー「図書・神棚・お守」をクリック、次の画面「お札のまつり方、神殿・神棚・先祖まつり」をクリックしてご覧下さい。

   ・・・・・・・お彼岸の花便り・・・・・・・


26092001ヒガンバナ(彼岸花)。その名前の通り秋のお彼岸の頃、突然茎が伸びてきて鮮やかな赤色の花を咲かせます。
ニュッと伸びた茎には枝も葉も節もなく、花が終わってから細長い葉が伸びてきます。しかし、冬と春を越して夏近くなると姿を消してしまい、地表には何も残りません(
うーん、不思議な花です。
 
別名のマンジュシャゲ(曼珠沙華)は、サンスクリット語で天上に咲く花の事。慶事が起こる前兆に赤い花が天から降ってくる、という仏教の経典から来ています。
 
では皆様、よいお彼岸をお過ごし下さい。

     = 洞爺湖町の大玉水中花火、いよいよ登場! =

26080605
本日午後7時30分より、箱根湾上にて花火大会を開催いたします!本大会は8/5に予定されていたもので、箱根町と北海道・洞爺湖町の姉妹都市提携50周年を記念して打ち上げる「洞爺湖町の大玉水中花火」が一番の見どころです!
この大玉水中花火は、洞爺湖温泉で開催されている洞爺湖ロングラン花火大会の最後を飾る大玉花火で、1玉が400mに広がる一尺5寸の水中15号花火を5連発で打ち上げます。
日本で3番目に大きな水中15号花火を、ぜひご鑑賞ください。
(by ナンヨウ)

コメント