良かっtane ブログ

自然と共に生きよう。

上高地 (中部山岳国立公園) 1

2019-09-22 13:26:35 | 山・湖・自然風景

今回初の上高地です。

とにかく、一度は上高地にも、、、と思い決めました。

乗鞍のように自然がいっぱいで、素敵なんだろうなぁ~と。(#^.^#)

今回は、滞在時間が少し長いので、めいっぱい自然を楽しもうと。

歩きながら素通りするのは、勿体ない(#^.^#)

周囲を観ながら、他の地域の自然とは違う雰囲気を楽しもうと。

 

撮影日 2019.9.17 火曜日

 

焼岳(標高2455m)の噴火でできた、大正池

大正4年(1915年)に焼岳の噴火により、溶岩が流入し、梓川を堰き止めてできた池。

現在は、年月とともに、土砂の流入により、当時よりも池の規模が小さくなっているようです。

 

 

 

 標高1500mほどの高さにある上高地ですから、バスを降りると、さぶっ、、、という感じでしたが、

5分も歩いていたら、あつっ、、(笑) 天気がいいせいか。。(#^.^#)

バスガイドさんによると、久しぶりにいい天気に恵まれた日のようです。(#^.^#)

ただ、雲は若干多め(笑)でしたが。。。


 

 

 噴火当時の溶岩の流入より、樹木が焼けたり、育たずに枯れたりと、その当時の名残を年月とともに過ごしながらも、

また、時の経過とともに、この枯れ木も減少していくという自然の様々な現象により、姿を消していく。

30年後、50年後は、どんな大正池の姿になっているんだろうか???

この枯れ木があることで、見る人によっては、侘しさや、湖面の色との共演による対比的な見方や、自然の驚異や美しさ、など

様々な捉え方をすることでしょう。

 

 

 

焼岳・・・火山活動は、沈静化して、噴火警戒レベルは、1のようですが、油断しないことが大切ですね。

 

 

梓川の色合いが綺麗です。

 

 

 

枯れ木に雨が降り湿り気を帯び、太陽光も手伝い、微生物菌が繁殖し、そこに様々な植物が共生する。

このキノコが生えるまで、どれくらいの月日が流れたんでしょう。


 

 

ゴマナ

 

 

 

枯れ木にも歴史がある・・・・・という事を考えされられますね。(#^.^#)

 

 

 

 

 

 

 

 

 青空に凛として聳え立つ、枯れ木。カラマツの木でしょうか?

なんか、不思議な感じがした。

 

 

 

 

アカバナ

 

 

 


木の横顔(笑) 面白い表情の木でした。

自然は、いろんな意味で、人を楽しませてくれます。

 


 

 

ミヤマニワトコ (オオニワトコ)


自然の宝庫の上高地ですね。


今回も御覧いただきありがとうございます。


次回は、続編を。。(#^.^#)






コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 長居植物園 晩夏から秋へ | トップ | 上高地 (中部山岳国立公園) 2 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (takayan)
2019-09-22 20:03:39
こんばんは。
上高地へ行かれたのですね。
ここは本当に良いところですね。
焼岳や穂高連峰に初冠雪がある頃になると、
カラマツ林の紅葉風景が素晴らしいです。
梓川の水の色は本当に綺麗な色ですね。
大正池は昔の風景とは様変わりしていて、
立ち枯れが本当に少なくなってますね。
年々土砂の流入で浅くなっているようですが、
浚渫作業も行われているようです。
焼岳の溶岩の流れた山肌をみて、活火山であることを再認識します。
も一度河童橋から穂高連峰の風景を、撮影することができるかな〜と思いながら拝見しています。
Unknown (tane)
2019-09-24 22:33:40
takayan様

こんばんは(#^.^#)
初めて行きました。
とても、素敵なところですね~、上高地。
写真をやるようになってから、自然の景色の
良さをようやく理解できる歳になったような
(笑)気がします。(#^.^#)
今までは、ただ、ただ、素晴らしい、綺麗といった感じにしか思っていませんでした。(笑)
でも、観ている景色の奥深さや、ここまでの歳月、動植物の生態やいろんな事に
ついて、興味が湧いてきますね。
上高地は、シーズン毎に行ってみたい
ところですね。
comment有難うございます。(#^.^#)

コメントを投稿

山・湖・自然風景」カテゴリの最新記事