Blog~続・トイレの雑記帳

鉄道画像メインの「ゆる鉄写真ブログ」のつもりでしたが、
政治社会の事共について記したくなり、現在に至ります。

新型インフル等特措法改正反対勢力で思い出した「ある妄想」

2020-03-16 21:02:00 | 国際・政治

世界レベルへと広がり、遅まきながら 世界保健機関WHOに世界的大流行パンデミック・レベル認知をさせた新型コロナ・ウィルス肺炎の流行は、中心が中国大陸から欧州に移ったとされる。ドイツ国など一部諸国は 国境封鎖という正に非常手段を実行、非常事態宣言も複数国で発出されている。対する中国大陸は、北京政府の表明では流行の峠を越えたとして 一部主要都市で封鎖の緩和が始められたとするが、今一つ信憑性に疑問符がつく様だ。我国にても 感染状況はまだ拡大局面にあるとされるだけに、今後も暫くは状況を注視した方が良いかと心得る。

依然不足が続く各種マスクや消毒液剤の事共など 触れるべき所は多いが、本題に入ります。先日、旧民主党政権下で制定された新型インフル等特措法が改正を見、総理大臣による 最低限の私権制限の可能性を伴う緊急事態宣言を可能とする新型ウィルス感染症向けの改正が行われ、政権与党と野党多数の賛意を得て可決成立したのは広く知られる所だろう。勿論これは、恣意的運用を防ぐ為の安全装置を付帯すべきは当然であり、原則事前の国会承認や報告の徹底などが決議されている。更なる安全装備の充実を求めて造反の挙に出た衆議もあった様だが、前述特措法そのものへの反対ではない以上 引き続いての議論を重ねて行けば良いのではないだろうか。

この造反議員に対し、左派野党などには改正云々以前に 特措法そのものに反対する反国民的勢力もいる。表向きは「いかなる私権制限も反対」なる何とも稚拙な理由だが、深い所では ともすれば強い批判に晒される武力革命を避ける為、武力によらない手法での不良意図達成を図ろうとする意志かららしい事も読めて来るのだ。これには、前回少し触れた 憲法学者や弁護士の一部勢力も同調している様だ。こうした動きで、拙者は少しばかり思い出があるので披歴させて頂こうと思う。

発生後四半世紀を迎える 1995=平成 7年初に生じた、阪神・淡路大震災に際しての事だ。この折も 数千人超の犠牲を生じたのは今も遺憾であり、今世紀に生じた 東日本大震災時と共に、改めての弔意を申す次第。その上で、災害救助に際しての自衛隊出動のあり方に纏(まつ)わる拙記憶を記す事としたい。

阪神・淡路大震災に際しては、兵庫・姫路に拠点を置く陸自部隊の出動が早ければ 犠牲はほぼ半分で済んだとの指摘があり、発災当初は自衛隊初動の遅れについての批判が少なくなかった様だ。当時の兵庫県知事は 自衛隊側に非があった様な見方を表したとされるが、事実は少し異なる様だとも聞く。三自衛隊の災害出動は 当該都道府県知事の要請によるのが原則だが、震災当時は村山社会党政権。

同政権は、今振り返っても後の民主党政権と共に 今一つ統率やまとまりに欠け、当時の与党・社会党の国会議員中には「自衛隊に災害出動を求めると、クーデターを起こすリスクがあるので見合わせるべき」などとする妄想レベルの意見が少なくなかったのだとか。一つにはこれが当時の兵庫県知事の 自衛隊出動要請意図を鈍らせ、タイミングを遅らせた原因ともされる見方が大きくあるのだ。この様な「容共的猜疑心」が阪神・淡路大震災の犠牲を増やしたとの見方は、大いに説得力がある様だ。

形こそ違え 改正新型インフル等特措法を良く思わぬ勢力の思考は、阪神・淡路大震災当時の「妄想社会党議員」の頭の中と大差ないだろう。中には一応高名な憲法学者や弁護士の勢力もあるやに聞く。本来高い見識を持つべきこうした勢力が「安倍総理が緊急事態宣言可能な権限を持つと、直ぐに独裁を図ろうとする」の様な妄想や感情を表にした様な言明を易々と行い「安倍内閣総辞職を!」などと吠ざくのはどうなのか。我々日本人は、こうした連中の経歴や肩書に惑わされる事なく、意図している事は何かを良く見極めながら対峙しなければならないだろう。

今回の新型肺炎感染拡大に際し 自衛隊病院の貢献も小さくない様だが、既成メディアはこうした働きを一向に伝えようとはしない。それどころか朝日新聞の某編集者などは「此度の新型ウィルス流行は、ある意味痛快だ」などと感染各位や医療関係の方々を蔑ろにする言動を発し、叩かれている様だ。前述の改正特措法反対勢力の教科書になっているのが朝日新聞の一味だ。こんなメディアを真に受け、鵜呑みにしていては それはこの様な間違いを平気で犯すのもむべなるかという所か。今回画像は、当地北郊の東海道線を 雨天下の検査に臨む JR在来線試験列車「ドクター東海」の様子を。以下に 関連記事をリンク致します。 https://business.nikkei.com/article/interview/20150302/278140/022300001/?P=1


コメント (6)   この記事についてブログを書く
« 改正インフル特措法、大村県... | トップ | 正しい日本語を理解しない国... »
最新の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
村山内閣時の反日ども (onecat01)
2020-03-17 11:26:28
 HAKASEさん。

 村山内閣時の、大震災への対応については、私もたくさんの批判を耳にしております。

 朝日新聞をはじめとして、反日・左翼学者や評論家、文化人などと称する「害虫」たちが、いかに自衛隊を貶めたか、住民救出作業をどれほど妨害したかについては、何度でも検証すべきですね。

 「武漢コロナ」につきましても、彼らは同じことをしています。私の気持ちを飾らずにいいます。

 「獅子身中の虫、害虫は、この際、武漢コロナとともに、日本から駆除してしまえ。」

 ドクター東海で、消毒、殺菌、消滅と願いたいですね。

 貴重なご意見と、写真に感謝です。
繰り返される「反日左派」リスク (HAKASE(jnkt32))
2020-03-17 12:06:42
onecat01さん、こちらこそ今回もご見解を有難うございます。

本当に仰る通りで、大災害の度 左派容共勢力による不当な
対自衛隊攻撃が繰り返される様に、拙者にも思えます。

中国大陸発、新型コロナ・ウィルス肺炎の問題にしましても、
この連中は国民的被害を生じても 何の痛痒も感じないのかと
つい思ってしまいます。

刺激強しと分っていても
「獅子身中の虫 害虫は、武漢コロナとともに、日本から
駆逐してしまえ」のお言葉は、是非広く共有したく思う所です。

画像の方も一礼です。東海道新幹線を護る「ドクター・イエロー」
当地在来線を護る「ドクター東海」・・どちらも、我々鉄道ファン
は敬意を以て見守るべきと心得ます。まずは お礼まで。
Unknown (ココ)
2020-03-17 22:24:45
阪神淡路大震災の時の自衛隊派遣の件 私もよ~~~~~く知ってます。
朝日新聞の某編集者の件も謝罪だけでハイ終わり?
って思っちゃいますよねぇ。。

え~~っとハカセさん!3月13日のハカセさんのブログにコメントを
書きたかったのですが 何故かコメントの欄が出ないのですが・・・

読売テレビの関西ローカルのニュースの中で 高岡解説員
(たまにミヤネヤに出演 ご存知かなぁ)が コロナの入院患者の件で
東京などはちゃんと 年齢 どういう経緯か どんな状態か など示しているのに
愛知県等は個人情報などと言って 公開しないのはおかしいのでは?
名前とかを聞いてるのではなく この病気を押さえるために
どういう経緯か等は話すべきでは・・・このような
内容の話をされてました。
大村知事の事だと ・・・ 私もちょっとそれは・・・
っと思ってみてて ハカセさんが知事の事を書かれていたので
コメントさせて貰おうと思ってました。
ここに序でに書かせてもらいました。
ご見解御礼とお詫び (HAKASE()jnkt32)
2020-03-18 19:18:26
ココさんも、ご見解を有難うございます。

まずはお詫びを。ご指摘のコメント欄不見、誠申し訳あり
ませんでした。点検の結果、当該日のコメ設定が不許可
でして、直ぐ変更致しました。

その上で、阪神・淡路大震災のご経験がお有りの方から
のお言葉に、拙者も勇気を頂けた所です。ああいう妄想
を罷り通してはいけませんね。

東京都辺りと 当地愛知の情報との向き合いも仰る通りで、
何か格差の様なものを感じます。東京都に比べ、当地
は確かに情報の開示が不十分で、改善へ向け県民市民の
レベルで声を上げなければとも思う所です。
まずは お礼とお詫びまで。
Unknown (のん子)
2020-03-19 13:58:30
どうしてコメント欄を閉じられたのかと思って、先にこちらへ来てみました。
良かったです。

朝日は日本の新聞ではないですね。
スパイ罪がないので、のさばっています。
何とか潰す方法はないのでしょうか?

ドクターカーさん、怒ってやって下さい!

お言葉通りです! (HAKASE(jnkt32))
2020-03-19 14:51:32
のん子さんも、ご見解を有難うございます。拙コメント欄誤
表示につきましては、ご心配をおかけしました。

本当に仰る通りで、旧社会党以来の妄想を主導している
のは、決して我国固有の立場を反映しない 朝日新聞の
一味と見て良い位だと心得ます。

スパイ防止法も、本当は必要ですよね。憲法改正と対を
成す重要法制だと思いますね。画像ま方も一礼。はい
、ドクター東海も日々頑張っております。検査データは
嘘を申しませんので。笑 まずは お礼まで。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

国際・政治」カテゴリの最新記事