Blog~続・トイレの雑記帳

鉄道画像メインの「ゆる鉄写真ブログ」のつもりでしたが、
政治社会の事共について記したくなり、現在に至ります。

信仰心ってあるのか?

2019-01-07 10:14:20 | 国際・政治

今日から、世間の多くも年初の本格始動だろう。早々に、良い知らせを一つ聞いた。昨年来 病気治療中だった FTVの大物キャスター 小倉智昭さんが、予定より早く朝番組に復帰された。それは大変喜ばしく 一見してお元気そうで何よりだが、やはり以前より痩せた印象は如何ともし難く 闘病の深甚さがありありと窺える。どうか暫くは無理を避け、諸事慎重に進めて頂きたい。何しろ同氏が患われたのは、転移を伴う癌(がん)だったのだから。

その一方、同じ昨年末に生じた、日本海にての大韓民国艦船が海自哨戒機に向け発した 火器管制レーダー事件につき、同国は これまでの英・韓両国語に加えて数か国語版の動画を制作配信する意向の様だ。明らかな危険行為の挙に出ながら、あくまでも我国の落度とする強引な姿勢を世界に喧伝するつもりだろう。我国政府には、こうした動きをも踏まえた 強い姿勢で対応を願いたいものだ。

さて、芳しからぬ本題です。この正月、あろう事か 第一野党・立憲民主党の幹部複数が、揃って伊勢神宮「参拝」に赴いた由。何故「参拝」の文言を囲ったかと申せば、真の信仰心からによるものかどうか疑わしいからだ。当然と言われそうだが、この行事は当初から企てられたものではなく、同党三重県連の国会議員提案に乗っただけのものらしい。つまり「ただの観光の一環」という事だ。

いかにもという印象だが、拙者が以前から申す様に 立憲民主党は旧社会党と体質的には大差ない。旧社会党に「社会主義協会」とか言った極左勢力が存在した様に、今の立憲民主党にも その体質を持った国会議員や党幹部が少なくない。連中の思考は、日共と大差ない 宗教を否定する唯物史観の信者だろう。そんな輩を多数擁する政党幹部連中が「伊勢参り」に見える挙に出た所で、心からの参拝と受け取る訳には参るまい。

想えば、立憲民主党の前身野党にいた某女性衆議は、神聖なはずの伊勢周辺の広大な森林を観光開発すべきなどと口走り、その他にも 本当は伊勢神宮を初めとする神社神道を良く思わない議員や党員がかなりの数に上るだろう。そんな思考の連中が「ある日突然心変わり」して、心から我国の神々に向け 謙虚に頭(こうべ)を垂れるなどという行為が、易々とできるはずがないではないか。

既に幾つかの方面から指摘される事だが、この行程は やはり今春の統一地方選や今夏の参院選を睨んだ動きではないだろうか。つまり、安倍自公政権打倒を目指す「政局」の為との見方に与せざるを得ないのだ。これも昨年末、今上陛下のお言葉を政治利用したかどで、ある左傾ネット・メディアが叩かれていた(当然の事だ!)様だが、立憲民主党は 組織ぐるみで神聖な伊勢神宮に対し、同じ事をしたと言えるのではないか。つまり立派な「宗教の政治利用」に当たると 拙者などは思うのだが。今回画像は、伊勢神宮からも近い 志摩・二見浦(ふたみがうら)の伊勢湾の様子。傍らを通る線路は JR参宮線。

『政治』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 緊迫する周辺情勢と向き合う為に | トップ | 週刊誌~堕ちた「第四の権力」 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
議席が欲しいだけ (キツツキ)
2019-01-07 13:14:11
元々共産党以上の左翼、元過激派の連中だ、御都合主義だから共産党とも手を結ぶし小沢一郎とも握手する。保守的無党派の票欲しさの行動だろう。独裁者枝野の号令一下で伊勢神宮に行っただけ。参拝などバカにして形だけのパフォーマンス。旧民主党のような毒セリや危険な赤カブなど入った「ごった煮党」の様相を呈してきた。悪夢の再来は御免蒙る。
所詮は政局の為・・か (HAKASE(jnkt32))
2019-01-07 20:36:53
キツツキさん、率直なお年始を有難うございます。拙者が
思っていた事とほぼ重なった感がありまして。

仰る様に、旧民主党や民進党が 結局は選挙の為だけの
「寄せ集め」だった所を、立憲民主党は引きずっていると
拙方も思います。それが、癒し難いご都合主義でもある訳ですね。

枝野執行部の上意下達というのも、日共の志位執行
部と似たり寄ったり。小沢自由党にも擦り寄ったりで、
安倍自公政権を倒す為なら何でも有りの政局優先。
結局は、それが皇統や神社神道に対する不敬にも
繋がっているいう事でしょう。

明らかに、国民市民の警戒を緩めんとする、政局向け
のパフォーマンスに過ぎぬと 拙者も感じます。
それを真に受けるのは、これもお言葉通りの悪夢再来
に繋がる。そんな愚を繰り返してはいけませんね。
まずは お礼まで。
枝野氏は、極左過激派の官房長官の直弟子 (onecat01)
2019-01-07 21:54:19
HAKASEさん。

 キツツキさんだけでは、ありませんよ。日本を大切にする国民なら、民進党の信仰心なんて、頭から信じません。

 彼らの頭にあるのは、政局だけです。「ごった煮政党の、バフーマンス」、に過ぎません。むしろ貴方の予測通り、彼らは、「神聖な場所を、政治利用した」、だけなのです。

 心を洗うため、、伊勢神宮に近い 伊勢湾の傍らを通る参宮線の、電車の写真に手を合わせました。
信じられぬ 信仰心 (HAKASE(jnkt32))
2019-01-08 12:49:36
onecat01さんも、お年始を有難うございます。キツツキさんと共に、
思考を共有でき 年初から有意義に存じます。

唯物論や容共思考を、何の抵抗も検証もなく受容する、
今や旧社会党レベルに後退した立憲民主党の思考風土
に、確かに信じられる信仰心なんかありませんよね。

各位が仰る通り「見掛け倒しの参拝行為」の背景には
政局の存在が見え透いています。「国会議席が欲しい
だけ」とのご見解は、実は大変説得力ある 重いもの
だという事ですね。まずは お礼まで。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

国際・政治」カテゴリの最新記事