Blog~続・トイレの雑記帳

鉄道画像メインの「ゆる鉄写真ブログ」のつもりでしたが、
政治社会の事共について記したくなり、現在に至ります。

新型肺炎問題 中国大陸の鎮静化情報は信用できず

2020-03-22 13:56:53 | 国際・政治

多くのネット民各位もだろうが、拙ブログももう暫くは 流行中の新型コロナ・ウィルス肺炎問題関連メインで進めざるを得ない様だ。急速に感染の広まった欧米各国に比べれば、我国内の感染動向は抑え込みの努力奏功もあって緩やかな増勢ではあるが、先日の政府による専門家会議にても 依然として特に大都市圏での感染爆発リスクが懸念されるレベルらしい。

治療薬や予防ワクチンなど開発への動きも進んではいるが、直ちに間に合わない以上は 嗽、手洗いを初めとする基本的予防策の徹底と、専門家会議でも指摘された 換気不良な大勢が集まる場所への出入りと、至近距離での目立つ会話を避けるなどの用心が引き続き必要という事だろう。

本題です。もう連載レベルに入った表題新型感染症の出所が 中国大陸湖北省・武漢(う・はん)市である事は周知の事実だが、ここ数日 現地で流行っていた当該感染症に鎮静化の兆しが見えて来たとする現地報道が目立つ様になって来た。ここ数日 武漢市にての新規感染者が見られなくなった、或いは都市部の封鎖が順次解除され 経済活動も再開されるとか、現地入りの医療関係各位も相当数が現地を離れ、帰任の途に就く・・などなと。又、感染初期に我国から多数が支援物資として送られ、結局は国内品薄に一因になったのではとの指摘もあるマスク類などが一定量返礼として中国大陸各地から我国向けに送られる事象も見られる様だ。が、しかし・・

前述の鎮静化は本当なのか。確かに新規感染者数や増勢は、中国大陸・北京政府初め行政各所の努力もありはするだろうから増勢を抑え込む位の効果はあるだろうし、又 そうでなければ困るのだが、これまでの報道を見る限りでは どうも真に受けるのは危険な気もする所である。

「この国(中国大陸・中共政府)の出された数字は、信用すると大体違いますから。だから私は信用しないのが正しいと思っています」とは、麻生副総理兼財務相の声明だ。未だ疑問符のつく森友・加計問題や「桜を見る会」などへの対応で 決して国民的得心を取れる様な説明を行ったとは言い難い閣僚の声だけに、決して強く推せるレベルでないのは分かるが、一方で「盗人にも三分の言い分」も又事実。中国大陸の対外向け情宣の不確かさと不誠実さは、残念だが麻生大臣の表明に 一定の説得力を与えてしまっているのではないか。今は同大臣より語られた「数字」をそのまま「言葉」に置き換えて受け取っても良い位と心得るのだが。

又 同国は巧妙な対外情宣に加え、今世界最大級の感染規模と犠牲者数の多さに直面し、苦境に喘ぐイタリー国への医療支援や、我国向けの 一定量のマスク類答礼送付などを実施している由。それ自体は称えられても良さげだが、これも真に受けるのは一考を要する様だ。その裏面では、我国を含む世界各国・地域向けの経済的、軍事的影響力を確実なものにせんとする政治的意図が透けて見えるというのが本当の所の様だ。武漢市の症状鎮静化情報が、習主席の視察直前だった様なのも 疑問符のつく所だろう。

中国大陸は今、自国内での感染状況が落ち着き始めたとして、今度は多くの外国から自国内への入国につき 2W程度の隔離措置などを実施している様だ。又 先日問題となった、新型コロナ・ウィルスが以前米合衆国軍の関係から持ち込まれたのではとする不確かな情報流布(これは結局、偽物のフェイク・ニュースだった様だが)などに見られる様に、自国を此度の感染症流行の被害者や被害国である様な印象作りをしている様にも感じられるとの指摘もある。

一つには 同国衛生面の管理不良が世界的伝播の原因ともなったにも関わらず、未だに明確な対外謝罪などがされない事への不信もあるだろう。まぁ中国大陸・習政権がこの期に及んでそうした挙に出る事は期待薄だろうが、その様であれば、我国としても 延期された習主席の国賓としての招きを再考すべきとも思うがどうだろう。

今回画像は、新型コロナ・ウィルス肺炎流行の陰で目立たなくなってしまった東海道・山陽新幹線主力車両の交代に関するもの。当地近所の、枇杷島付近にて。これまで「カモノハシ」の愛称で長らく主戦だった 700系編成が今月初を以て東海道新幹線区間から引退。続く N700A系に後継の座を譲り、予定された最終走行ラスト・ランの機会も失い ひっそりと退いた次第。新大阪以西の山陽新幹線区間と、輸出された台湾鉄路局高速鉄道線では引き続き頑張るが、一つの大きな区切りではありますね。20年超の活躍には、一言の労いを表す次第。以下に、関連記事をリンク致します。(私的憂国の書様) http://yukokulog.blog129.fc2.com/blog-entry-3775.html


コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 正しい日本語を理解しない国... | トップ | 「あいトリ」補助金問題につ... »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (のん子)
2020-03-23 00:28:49
今回はさすがに中国は全世界から恨まれるでしょう。
もっ弱小国であれば違ったかもですが。

第一、一言も公式な謝罪はありません。いくら国民向けとしてもカチンときます。

新幹線でもお役目終了の車両があるのですね。
お疲れ様、そしてありがとうございました。
言い逃れをさせぬ勇気を! (HAKASE(jnkt32))
2020-03-23 21:17:58
のん子さん、今回もご見解を有難うございます。

貴記事も拝読して今回拙記事を起こしましたが、これだけ
世界レベルの感染症を広める原因となったのですから、
今度という今度こそは 一方的な言い逃れをさせてはならないと心得ます。

公式な謝罪はしないかもですが、世界の混乱に乗じての
、中国大陸の方が被害国の様な 誤った印象を真に
受ける愚行だけは、我々はしない様 要注意ですね。

画像の方も一礼です。そうなんです、新幹線は JR在
来線や私鉄程には車両の世代交代が目立たない様に
見えますが、概ね十数年に一度は交代がある様です。
まずは お礼まで。

国際・政治」カテゴリの最新記事