Blog~続・トイレの雑記帳

鉄道画像メインの「ゆる鉄写真ブログ」のつもりでしたが、
政治社会の事共について記したくなり、現在に至ります。

副業認知は リスクも弁えて

2018-02-03 00:03:13 | 社会・経済

長期気象情報によると、この2月も 中旬辺りにかけては、低温の日々が続いたり、太平洋側の各地でも 雪が降りやすい傾向だという。気象の事共は、人力ではどうしようもない事であり、流行の続く インフルエンザなどの感染症共々、用心を軸に 対策を打って行くしかなさそうであります。

本題です。昭和期からの国民的課題だった、長時間労働から来る過労死などの問題対策として、働き方改革に取り組む安倍自公政権が、一方策として、原則これまで認めなかった 所謂「サラリーマン」と呼ばれる給与所得者多数向けに、副業を認める方向へ梶を切った。多くの企業の社内法規 就業規則の大元となる モデル就業規則の見直しを行って、この認知に踏み切ったのである。

各企業の給与が伸び悩む中、副業の認知は 確かに労働者多数の、一定のキャリアの幅を広げる効果がある可能性は認めたいが、ただ 副業を持つ事は、労働側にも向き不向きが有ることをも 留意する必要がありはしないか。

労働時間にしても、一日に二ヶ所の労働時間を通算して 8Hを超える労働時間は、当然割増賃金の対象だし、割増分が生じれば、それは後から雇用契約が成立した企業の負担となる由。又、万一の傷病が生じた場合、その保障が 本業と副業で異なる可能性も、今後生じそうだ。労働側への影響が大きそうな この二点は、当該の二事業者間で、是非早めの対応をされる様望みたい。

事業者、つまり会社側も 懸念すべき事共が横たわる。大きな一つが、企業秘密が流出する不安であると言われる。具体的には、古くから 副業禁止で受け継がれて来た 忠誠心の低下から、ライバル企業などへの、顧客や製品開発などの情報が、他社に流れ易い 芳しくない状況が多くなり得るのだ。

労働力の流動化という状況は、今世紀初の 小泉改革の頃から言われ始めてはいたが、此度の政策見直しで より鮮明になろうとしている。副業認知は、その様な時代の有り様で、一定の層には増収と知識経験増(キャリア・アップ)への貢献があろうが、あくまでー部に留まるのではないか。

多くは 給与面の不満が残ったり、以前と大差ない 長時間労働解消に資し得ない(つまり労働強化の)可能性もある。各企業の副業認知は、まだ二割台前半に留まり、多くの経営者が 認知に慎重である事が分かる。余りの経済格差が好ましくない事を想えば、この理解は極めて健全だと 拙者などは思う。

これから事例が増えそうな副業認知だし、拙者も全否定はしないが、あくまでも働き手の生命や健康を脅かさない事と、本業企業の存立を脅かす様な危険を排することの条件付だろう。働き方改革の施策が裏目に出てしまっては、本末転倒だからだ。今回画像は、静岡県下の浜名湖畔を行く、東海道・山陽新幹線列車の様子を。

 

ジャンル:
経済
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ギャンブル依存症は パチン... | トップ | 2018=平成30年 沖縄・名護市... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (のん子)
2018-02-05 14:42:16
仕事の副業。
副業がどんなものかで違ってくるでしょうね。
アルバイト的なもの、短期間のお手伝い的なものにしないとややこしい問題も起こりそうです。

でも今は人手不足の折から、小企業にとっては救済措置になるかもです。
上手く機能すれば良いですね。

この新幹線、よくこの範囲で上手く収まりましたね(^^)/
ご見解御礼 (HAKASE (jnkt32))
2018-02-05 17:18:10
のん子さん、今回も ご見解を有難うございます。

副業問題につきましては、拙者も概ね貴見解に近い所
でして、特段の才気や資質のある向きを除き、パート
やアルバイトの次元に留めるのが 賢明だし現実的と
心得ます。前出の様な人物は、極めて少数ですし。

今回拙画像のご感想も、御礼申します。悪友の案内で
、先年訪れた 静岡・浜名湖畔にての模様でして、
この地点までは、湖面に落ちる事を覚悟で来る必要が
ありまして、余程の愛好者でないと、近づかない地点
でもありますね。まずは お礼まで。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

社会・経済」カテゴリの最新記事