Blog~続・トイレの雑記帳

鉄道画像メインの「ゆる鉄写真ブログ」のつもりでしたが、
政治社会の事共について記したくなり、現在に至ります。

やはり矛盾有では?日本学術会議の防衛研究消極姿勢

2018-09-23 21:42:08 | 国際・政治

コナサン、ミンバンワ!先日の事だが、前後して行われたロシア国・ウラジオストクにての東方経済フォーラムの席上、プーチン同国大統領により発出された「無条件の日露平和条約」の提案に呼応するかの様に、我国近海に同国軍の新型戦闘機 スホーイ SU-35型機が飛来、領空侵犯行為はなかったが 警戒の為、空自の緊急出動スクランブルがあった様だ。

表向きは、露空軍の新型機性能試験の意味もあったのではとも言われるが、一方でプーチン大統領見解を援護し、我国への圧力を狙った面がないとは言えないだろう。こうした場合の為にも、自衛隊を初め 国防安保を担う組織は、隙の無い機敏な動きをしなければならないのだと 改めて思う所。

さて、この防衛安保面に際し 内閣府の関連組織でもある日本学術会議が、主に国公立の大学による防衛研究を軍事研究に当たるとして、慎重姿勢を促す方針であるのは昨年来拙方も触れて来た所。この方針に沿い、京都、名古屋の各大学を初め 国公立大学の相当数が、軍事分野とされる研究を行わない声明を発出している様だが、日本学術会議は、近年は世界的に民間と防衛関連の産業技術の境目が曖昧になって来ている・・として、私立レベルを含め 我国大学の防衛研究参加を懸念する姿勢をとる様だ。

これについては、拙者は以前から疑問を抱くものだ。近年は特にそうかもだが、そもそも民生技術と防衛関連技術の境目は はっきりしたものがあるのだろうか。世界レベルでは、例えば世界的通信網インター・ネットが 元々は米合衆国軍の通信技術だった所から来ている様に、民生・防衛の両技術の境目は元々曖昧・・と言うより、そのものが存在しないのが実態に近い様だ。それを事更、境目を設けて何が何でも峻別しなければならない様主張する 日本学術会議見解の方が異常に見えて仕方がないのだがどうだろう。

欧米先進国のみならず、それ以外の国々にあっても民生・防衛の両技術は、相互の交流が普通に行われ、それが国及び国民市民の利益にも叶うとの理解が大勢だという。つまり極言すれば、防衛研究を行わず、行わせずとする 日本学術会議見解の方が異常という事になるのだが。ここの所は、誤解を恐れず指摘せざるを得ない所だと心得る。

前述のロシア国の動きや、中国大陸も、よく知られる尖閣諸島近海で 時に不穏な動きに出る事があるし、この所 隣接する大韓民国と宥和を進め、米合衆国との関係改善も緒に就いたかに見える北鮮にしても、米合衆国向けの脅威とされる核兵器の疑いある装備や弾道弾など廃棄の意向を表してはいる様だが、それは決して我国への脅威を除去する姿勢ではないと言われる。我々日本人は、そうした周辺情勢も正しく理解把握した上で、国防安保の事共の理解と向き合いも進めるべき。前述の日本学術会議見解は、そうした所も考えると どうも「お花畑」と揶揄される、空想的平和志向から発出されたものの様に思えて仕方がないのだがどうだろう。

以下に著述家 門田隆将(かどた・りゅうしょう)さんの、この問題に関する文献をリンク致す次第。発出は昨年だが、今の周辺情勢にも ほぼそのまま当てはまるのではないかと心得ます。画像の方は、拙地元 JR名古屋駅にて 少し前に見かけた、鉄道線路のレール資材などを運ぶ、専用列車の様子を。一見 ディーゼル機の先導する貨物便の体裁ですが、実は後続の運材車にも運転台とディーゼル機関 駆動系が備わっており「何故自走しないのか?」不思議な所ではありますね。 http://blogos.com/article/213343/

『政治』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 自民総裁選と 報道メディア... | トップ | 月刊誌「新潮45」の休刊に思う事 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (のん子)
2018-09-24 11:54:27
大学・教授でも左化されてるところは多いです。
関西では京大辺り?

原子力関係でも優秀な生徒がいないと、有事のさいには遅れをとりそうです。
何でも戦争に結び付け見ない、知らないでは抑止力としても心もとなくなりますね。

電車と言えば人が乗る意識しかなかったのですが、貨物車も多いのでしょうね。
この分野こそ「日本は蚊帳の外」 (HAKASE(jnkt32))
2018-09-24 12:41:53
のん子さん、今回もご見解を有難うございます。

各地の国公立及び私立大学と、関連企業が一緒に開発研究を行う
「産学協同」は、国や地域の経済振興の為にも 大切な事共ですよね。

世界の趨勢では、民生分野と防衛分野の区分がそも難しいというよりは不可能であり、
相互に踏み込んだ技術交流というのが普通に行われる様です。

成し得ない「峻別」を強行せんとする 日本学術会議の硬直姿勢は失笑ものの滑稽さがあり、
これでは国際標準を受け入れる事もできず、結局我国は 国防安保の重要な技術分野で、
「蚊帳の外」に置かれる、由々しき事態を招きかねないと心得ます。
これは勿論、日本及び日本人の利益に資する事ではありません。

鉄道貨物はこの所、元気を取り戻しつつありまして、我々愛好者からも 喜ばしいですね。
実態としては、全国の貨物車両は電車やディーゼル動車よりも総数で多い位なんですが、
夜間の運転が多く、そこから一般の方々の目に留まり難い所はありそうです。
まずは お礼まで。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

国際・政治」カテゴリの最新記事