Blog~続・トイレの雑記帳

鉄道画像メインの「ゆる鉄写真ブログ」のつもりでしたが、
政治社会の事共について記したくなり、現在に至ります。

北鮮問題についての 三浦見解は支持できるもの

2018-02-15 10:46:12 | 国際・政治

大韓民国 平昌(ぴょんちゃん)で進行中の冬季五輪。日本勢も、ボツボツとメダル獲得の話題が聞こえ始めた。ジャンプ・スキーなど一部種目で、強風や低温など 気象条件の悪さからの日程変更などが聞こえるが、その様な状況下 日本選手団は健闘している。念願の「金」奪取はまだだが、全力で試合に臨む姿勢が見られれば、道は開けるだろう。引き続き静かに、しかし心より応援したく思います。

さて、前回も少し触れた その朝鮮半島情勢につき、国際政治学者 三浦瑠麗(みうら・るり)さんの、今尚我国にも潜伏が疑われる 北鮮工作員勢力についてのご見解が、賛否を呼んでいる様だ。左派野党の一部議員などは「三浦見解は、(後述の理由から)差別の疑いがある」などと SNSを利用し騒ぎ立てている様だが、全く当たらないだろう。そんな暇があるのなら、森友学園問題での対応がいかにも不明朗だった、佐川前近畿財務局理財局長(現在は、驚くなかれ!国税庁長官)の国会参考人招致を目指す、立憲民主・枝野党執行部にでも協力した方が、余程有意義だろう。尤も拙者は、日々着実に 旧社会党に退化して行く立憲民主党など支持しない立場だが。

本題はこうです。先日の民放TV番組の席上 三浦さんは、我国内にて 一般国民市民になりすまして 破壊を伴う政治工作をする勢力、所謂「スリーパー・セル」疑惑に言及され、仮に米合衆国が 北鮮を先制攻撃を実行すれば、我国内のスリーパー・セル勢力が深刻なテロ活動に走り、我国内治安の大幅悪化を懸念されるとして、前述の先制攻撃自重を訴える見解を表されたものだ。

前述の見立ては、既に 在留外国人を含む 多くの有識者が指摘される所であり、三浦さんだけが この事で非難される筋合いは全くない。「大阪地区が特に深刻と見られる」の表現が、確かに拙い所あったにしてもだ。左派野党の一部国会議員勢力は、ここを曲解して「三浦見解は、大いなる差別(ヘイト)」などと SNSなどで意図的に騒ぎ立てている様だが、こんなのに「はい、サヨですか」などと安易に応じる訳には行かない。「この世で一番悪いのは、騒ぎ立てる連中」との、著述家 高山正之(こうやま・まさゆき)さんの重いお言葉もある。同氏と、近いお立場の小川榮太郎さんに対し、言われのない提訴の挙に出た 浅ましい朝日新聞勢力の代弁者でもあるのだろう。

三浦見解と対立する勢力は、大阪が 特に「在日」勢力が多く居住する事からの反発の様だが「学位剥奪レベル」などとの過激反応も見られ、やはり懸念される状況が大きくある事は否めない所だろう。具体的地名を出したのは、改めて拙かった所だが。その一方、支持側の見方は「可能性の指摘に留まる」 「あらゆる危機管理の意欲を削ぐ為の策動では?」などとの、概ね冷静な受け止めが多い。拙者も、こちらを支持するものだ。

以下に、三浦さんが 某メディアの取材に応じる形で表された記事があるので、引用しておきたい。これは、我国の安保に深く関わる大問題だ。拙者などは、もういい加減に スパイ防止法などの防諜法制の整備をすべきと心得るが、ここは読者各位のご判断に委ねるべきとの想いもある。画像の方は、当地名古屋を発って 西方へ向かう、近畿日本鉄道名古屋線の様子。三重県下の伊勢中川という地点で 更に西へ向かう大阪線と、伊勢志摩へのルート 山田線に別れる形になりまして。

「三浦講師の回答」

北朝鮮のスーパー・セルの存在については、例えば英国のメディアが、北朝鮮がラジオ放送に暗号を忍ばせて、各国のスーパー・セルに指令を出していたと報じるなど、複数の海外メディアが記事にしています。勿論、対立している韓国が最も多いと思われますが、日本も例外ではないというのは当然の事です。

一般的に、テロリストは 都市部にこそ潜伏し易いものです。又、米合衆国の「9.11」の様に 第二の大都市を攻撃対象として狙う可能性があります。いきなり首都への攻撃だと、全面戦争を招きかねないからです。つまり そうした条件を考え合わせると、日本では(大阪が)危険となる訳です。しかも大阪は 1980年代に、北朝鮮の工作員による 拉致事件が起きた事があります。こうした事から、東京だけが狙われていいると安心しきってはいけない、むしろ大阪の様な大都市こそが危ないという事を伝えようとした発言でした。番組の MCの皆さんも 大阪に縁のある人(達)ですしね。仮に、このレベルの発言が難しいのであれば、我国で安全保障について議論するのは、正直 不可能です。

又、「在日(コリアン)」に対する差別や偏見を助長するという ツィッターの反応についても、私は番組中 「在日」がテロリストだなんて言っていません。逆に そういう見方を思いついてしまう人こそ 差別主義者だと思います。いずれにしろ、発言の趣旨は 米国が NPR(核態勢の見直し)を公表し、小型化した核兵器の先制使用を辞さない方向に舵を切ったけれども、スリーパー・セルの危険性があるので 北朝鮮に先制使用してはならない、という事です。それなのに、こうした反応になるのは 番組をよく見ていなかったか、余程 穿った見方をしたのか。理解できません。(引用ここまで)

『政治』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« どうする?鉄道駅の バリア... | トップ | 産経新聞よ 損して得を取れ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (のん子)
2018-02-17 09:17:57
そうなんです!
スパイ防止法がないのが可笑しいんですよ。
でもテロ防止法でも反対はすごかったですからね。
結局、自分達が捕まる怖れがあるからって証明できたようなものです。

3列車が走ってくる場所、轢かれそうでハラハラしますって(^-^;
防諜法制が必要→同感です! (HAKASE(jnkt32))
2018-02-17 12:42:50
のん子さん、今回もご見解を有難うございます。仰る通り
、安保諸法やテロ等準備罪処罰法制整備も良いですが、
並行して スパイ防止法などの防諜法制も整えないと、
より真に近い安保政策の実行は難しいでしょう。

これもお言葉通りで、安保やテロ等準備罪関連法に反対
の勢力は、結局はテロを図る連中に近く、その組織防衛
に不利益だから反対って事なんですよ。自勢力が捕まる
可能性が、本当にありますから。

でも、反対勢力の組織防衛が民意でないのは事実。
連中は、民意を装いますから、見間違えない様にしないとって所です。
画像の方は、ご心配をかけました。苦笑 実はこれ、
一つ次の駅構内から撮ったものでして、拙者の立位置
は、完全な安全地帯。右カーヴが、ちと危険な印象に
なりまして。まずは お礼まで。


コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

国際・政治」カテゴリの最新記事