Blog~続・トイレの雑記帳

鉄道画像メインの「ゆる鉄写真ブログ」のつもりでしたが、
政治社会の事共について記したくなり、現在に至ります。

拉致事件解決へ 与党にも不協和音

2018-06-16 14:09:58 | 国際・政治

先日の、米朝首脳会談初の実現を受け 我国側にも、日朝首脳会談実現へ向けての動きが出始めた様だ。それ自体にやみくもに反対する訳ではないが、最大の懸案たる 朝鮮半島完全非核化への道程は 決して平坦な訳ではあるまいて。これまで複数回催された 所謂「六カ国協議」の決議内容にしても、北鮮側は幾度か反故にして来た事もあって 決して真に受けられる相手ではないし、米韓演習の凍結など 米朝で一定の合意に達したからと言って、それはあくまで米本土への脅威が遠ざかっただけの話。

比するに、我国向けの軍事脅威は これまでと大して変わっている訳ではないし、何よりも、昭和後期に多発した 未解決の日本人拉致事件をも抱えている。これは、拉致被害ご家族への心身への大きなダメージは勿論、我国の独立と尊厳に対する 大きな脅威でもある。経済制裁解除も、外交関係改善も、その全ては拉致事件の全面解決を見なければ 決して応じられない事だろう。その事で困るのは、日朝国交樹立優先の主張が 我国の特定野党勢力のみならず、与党側にも同調する勢力がある事だ。最有力の人物が、河野洋平元官房長官。今、外交安保の面で大活躍中の 河野太郎外相の父君だが、我々にとっては悪名高い、慰安婦問題に関する 所謂「河野談話」の発出者でもある。以下、某ネット記事を参照しながら この問題を見て参りたい。

「河野外相は 父親を黙らせるべき」

河野洋平元官房長官は 去る 6/13の都内講演の中で、米朝首脳会談実現の功労者は 韓国の文 在寅(むん・じぇいん)大統領だとも述べた。とんでもない認識違い(トランプ米大統領は むしろ文大統領との関係に於いて 米韓関係を切り捨てたと取れる)だが、この発言から 河野洋平氏が少なからず韓国左翼とも繋がっていることが分かる。

また この精神性は、日本人拉致事件の全面解決を 米政府に依頼するような我国政府の現行憲法(占領憲法)体質をいみじくも表しており、米政府が 自ら次官級交渉や高官級交渉を重ねて 首脳会談へ持ち込んだことを知らないのだろうか。その程度の知識しかないのなら、もう「老いぼれた」のだから 黙ればよろしい。

増して 河野太郎外相が 今まさに最前線で職務を遂行中であり、以前「親とは別人格」を宣言して臨んでいるのだから「邪魔をするな!」と言いたい。

金 正恩(きむ・じょんうん)朝鮮労働党委員長が「安部晋三総理大臣と会っても良い」と述べた様だが、日朝首脳会談実現に向けた交渉は、現段階で全くできていない。何の事務レベル交渉もないまま 首脳会談が開かれるなどあり得ないから、今から急遽始めることになる。(註 水面下での事務レベル接触は、断続的にある模様)

この話の流れは、D・トランプ米大統領が 我国政府に対「北」のカネを出させるため、日本人拉致事件を取引材料にして 金委員長から「会っても良い」の言葉を引き出したもの。つまり、米国側が 事件被害各位をカネに替えようとしているのだ。

河野洋平氏の理論で行けば、もし 日朝首脳会談が実現すれば その功労者はトランプ米大統領という事になるが、彼はそう明言するだろうか。そこまで言及して 仮にも安部総理大臣の無力を批判するなら、占領憲法政治の無力を追及しなければ 真の政治家とは言えまいて。(引用ここまで)

参照させて頂いた記事筆者の方は 以上の事共から、河野洋平元長官を 言わば「人でなし」と糾弾されていたが、拙視点からも それは同様に感じる。外務省が再検討に入ったとされる 河野談話にしても、自ら見直す姿勢は感じられず、我国の国益を蔑ろにしても、中国大陸や南北朝鮮に媚びる姿勢は以前のままではないのか。昨日辺りには、安部総理大臣が 拉致被害のご家族らと面会をされたが その席上でも「焦らずに、必要な過程を丁寧に踏まえながら進める」意の事を明言されていた。特定野党は、森加計追及の効力が下がったとみるや 今度は「対『北』宥和に 日本だけが蚊帳の外になる」などとしきりに煽っているが、全く当たらないだろう。政局の為に不安を煽る 特定野党の戦術に共鳴すべきでないのは当然だ。

河野洋平元長官の様な思考の人物は、他にも与党内に複数ある様だし、民間人にも一定数が存在する様だ。今朝などは 有力民放 TV制作者が「北」の問題につき「南北分断は日本のせい」などと誤った見解を平気で表したらしいが、発言者本人もさる事ながら そうした発言を許す民法社局の屑レベル言論風土も糾されるべき。同時に我々有権者は、前述筆者の方も指摘された様に、有権者として 責任ある強い姿勢で 次の国政、地方の両選挙に臨める様 少しでも知力を磨いておく必要があるという事だろう。今回画像は、少し前から内外装の更新リニューアル工事を施され、イメージを変えつつある名古屋鉄道特急列車「パノラマ・スーパー」の新しい姿を。後 以下に、産経紙記者 阿比留瑠比(あびる・るい)さんが記された、今回の関連記事をリンク致します。https://www.sankei.com/premium/news/180615/prm1806150009-n1.html

『政治』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 史上初 米朝首脳会談をちょ... | トップ | 大阪地震お見舞い~もう一度... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (のん子)
2018-06-19 14:29:52
この日本一大事の時に、足を引っ張るなんてね~
国難時には与野党一致で事にあたるのが常識でしょう。

洋平さんは、日本を貶めた人物でスパイと認定されても仕方ない筈です。
いくら息子さんが頑張っても、これでは帳消しです。

何とかならないのかと思いますよね。

この列車、赤と白で日の丸のイメージです(^^)/
親「北」容共派に篭絡されたのでは? (HAKASE(jnkt32))
2018-06-19 20:39:20
のん子さん、先日の大阪地震では被害があった様で、
謹んでお見舞いを申します。その様な中、今回もご見
解を有難うございます。

河野洋平元官房長官の言動は、令息の河野太郎外相
や安部総理大臣以下自民首脳も、当惑されている様です。

我国の既成野党が、大阪地震や「北」の挑発みたいな
緊急時に、政府与党と連携した動きを望めないのは分
かっていますし諦めてもいますが、与党内でこんな言
動を許していては 我国の独立や主権、尊厳を守る事
はできない と拙者も思います。

画像の方、前回に続いての応援メッセージも感謝です。

前回の蒸機画像は、拙者も勇気をもらってますし、今
回の名古屋鉄道「パノラマ・スーパー」は当初に続き、
更新修繕リニューアル後も、配色こそ違え 日の丸の
イメージを継承したくれた所、大いに好感です。
まずは お礼まで。

Unknown (ココ)
2018-06-19 22:05:55
地震・・・ご心配をお掛けしました。m(_ _)m
まだ余震が続いてて正直怖いです。σ(^◇^;)

昨日の朝日テレビ 報道ステーションで 後藤謙次氏が 地震が起こったのに 参議院の決算委員会が行われたと
安倍批判、そして菅直人の東日本大震災対応を称賛するコメントを出して炎上したとか・・・
そりゃするでしょう~!

そして どうして与党も こんなに足を引っ張る人が多いのでしょうかねぇ?
ハカセさんのおっしゃるとおり 河野洋平氏を筆頭に
山崎拓氏に 小泉純一郎氏 ・・・最近は息子の小泉進次郎もおかしい 
交渉が難航する北朝鮮を相手にするこの大事なときに
どうして一団結できないんでしょうかねぇ??
あなた達 本当に日本人?って言いたくなります。
改めてのお見舞い (HAKASE(jnkt32))
2018-06-19 23:06:35
ココさん、此度の地震では、大変ご苦労様でした。ご一
同様も ご無事で何よりと心得ます。

貴地元の災禍は、もう他人事じゃありません。大都市圏
の地震空白域は、多分 当地だけではと・・

その様な中でのご見解 誠に有難うございます。本当に、
拙記事の様な事案で 野党はおろか、与党内すらまとまら
ないとあっては、我国は内外に通用しなくなってしまいますよね。

やはり、いざという時は 一丸となる事も必要な場合って
必ずあると思う所です。まずはお礼まで。今暫く、余震と
かにご注意下さる様。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

国際・政治」カテゴリの最新記事