Blog~続・トイレの雑記帳

鉄道画像メインの「ゆる鉄写真ブログ」のつもりでしたが、
政治社会の事共について記したくなり、現在に至ります。

報道メディアの「何かがおかしい!」

2018-04-20 11:46:08 | 国際・政治

福田前財務事務次官の、所謂セクシュアル・ハラスメント関連と、米山前新潟県知事援助交際の両疑惑が話題になっている。確かに、トップ官庁たる財務省の長と、全国でも有数の自治体・新潟県の長に、その様な事象疑惑があるは「あってはならない事」であり、その経緯と真相は、基本は究明されるべきだろう。但し・・

国会及び地方議会の重要法案審議とは別チャンネルで実施すべきであり、そこの所を、政権与党は確固とした信念で進めるべきだし、諸野党も一定は理解すべき事共だ。くれぐれも、その様な問題を生じたからと言って、その事を「政争政局の具」にしてはならない。それを誠実に実行しない事が、野党支持が伸びない一因なのだ。

先日も、ある民進参議が国会外にて 非番だった空自幹部から「国民の敵!」という意の暴言をかけられる事案があった様だが、勿論これは 感情に走った空自幹部に非があろう。声をかけるにしても、もう少し「穏当で厳しい言葉」があったはずだ。当該参議は、かねてより防衛省や自衛隊に対し、批判的な思考的立場(スタンス)の様だが、だからと言って いかなる罵倒が許される訳では勿論ない。空自トップの統合幕僚長からも、速やかな謝罪が表されたが、この所問題視される、文民統制シヴィリアン・コントロールの健全なあり方を求める上からも、当然と心得る。

前述の民進参議も、必ずしも賛同できる思考的立場の人物ではないが、それ以上に愚かしいのが、報道メディアの扱いだ。前述の事案は、東京都内にて 4/16夜発生。自衛隊からは、統幕長を含め、その翌日と昨日までに相応の謝罪がなされたが、それにも関わらず 新聞やTVなどの主要メディアは、執拗に記事にし続けた。「バカ?それとも悪意?」との疑問符が付き纏うレベルである。

再考すれば、この事案は あくまでも一参議と自衛隊幹部間の、個人レベルの問題だ。当該自衛官は 自らの非を認めたし、空自からも正式謝罪が行われている。それにも関わらず、国会で取り上げられるとかの情報が錯綜したり、報道メディアの扱いには、ただただ不快感と疑問符が増すばかり。以下の事象も、国民の税金の使途に関わる重要事案にも関わらず、主要メディアが取り上げた形跡はない。

以下にリンク致す次第だが、法政大の某文系教授に関連する研究活動が、数億円に上る公的補助を 過分に受けていた疑惑があるという。この教授の分野に投ぜられた公的補助金は、医療分野 IPS細胞の研究で知られる 山中教授のそれの二倍以上だと言われる。当該官庁 文部科学省などの審査は公正だったか?検証が必要な事案ではないのか。会計検査院は、こうした研究補助金の動きを正確に把握していたのか否かも、問われなければなるまいて。

何よりも、我々有権者が、こうした動きに鈍感かつ無関心でいてはならない。必要な審査を求め、補助金とかのあり方を見直させる事も 状況によっては必要だろう。同時に「報道しない自由」濫用の疑いがある各社局に対しても 厳しい視線を向け続けるべきだろう。今回画像は、京都市内の「嵐電(らんでん)」こと京福電鉄北野線での一コマ。今春は桜の時季が早く、訪れた今月上旬には もう見頃を終えておりました。 https://netallica.yahoo.co.jp/news/20180413-12442177-newsvision

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 外国人医療問題についての一私見 | トップ | ある広告の事 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

国際・政治」カテゴリの最新記事