映画「袴田巌」プロジェクト    

2016年 春 全国ロードショー        

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

FM84.2西東京 Radio CHEERS!ポッドキャスティング

2015-03-28 22:41:10 | スタッフ日記

2015/3/26(木)FM84.2西東京 Radio CHEERS!で
金監督と陣内プロデューサーのインタビューが放送されました。

現在はポッドキャスティングで聞くことができます。

2015/3/26(木)第27回放送 映画「袴田巌」プロジェクト


家事をしながら~など「ながら聞き」も可能なのがラジオの良いところ。


>気になる映画のタイトルは!?

>袴田事件が起こった年は、あの世界的に有名なアーティストが初来日した年だった!!
 そう想うと袴田さんが獄中で過ごした48年の重みがより一層感じられる。

>先日始まったばかりのクラウドファンディング、初の試みにチャレンジした想い

などなど、聴きごたえある番組になっています。って 私が言ったら内輪褒め!?…笑 (O)


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

重さ560g 高さおよそ4cm

2015-03-13 19:01:37 | スタッフ日記

重さ560g




高さおよそ4cm




にもなりました。

件数でいうと、286件。
おかげさまです。ありがとうございます。


…ってなんの話かといいますと。。。


リーフレットにもついている払い込み用紙や
郵便振替でゆうちょ口座にご入金があると、




郵便局からお知らせが届きます。





このお手紙を除いた払い込み用紙の重さをはかって、
積み重ねてみたのが重さ560g 高さおよそ4cmです。

いや、けっこうな重さでけっこうな厚みだったので思わず…。

本日までに届いた分は、(やっ…と!!)データ化できました。
近日中に、HPへのお名前掲載(ご希望されない方を除き…)させていただきます。 (W)



  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

プロデューサーのしごと

2015-03-10 18:31:30 | プロデューサー日記
プロデューサーの陣内直行です。
ブログへの初めての投稿です。
プロデューサーの仕事のひとつは、映画の存在を広く知ってもらうために、
メディアや団体や個人にお知らせし、支援のネットワークをつくっていくことです。

ということで・・・

映画「袴田巌」プロジェクトの始動に伴い、
今年の初めから宣伝リーフを前作の「SAYAMA」をご支援いただいた方々、
袴田巌さんの救援活動を行っている方々にお送りしたり、
協力いただいている団体の関連イベントや集会に置かせてもらっています。



その数、すでに、2万枚に達しました。在庫がなくなり、
「応援団」に詩人の谷川俊太郎さん、コメディアンの松元ヒロさん、
作家の吉村喜彦さんが新しく加わり、、袴田さんの救援活動、死刑廃止に取り組んでいる
「アムネスティー・インターナショナル日本」に特別協力になっていただいたので、
それを加えた新しいリーフを1万部増刷しました。



ご希望の方にはもちろん、イベントで配れるから、ということであれば、ドーンとお送りします。

実は、このリーフには「寄付のお願い」が添えられています。
映画「袴田巌」は、みなさんの寄付によって製作費は賄われます。
支援の輪を広げていただければありがたいです。

おかげさまで、すでに300人近くの人から寄付が届き、温かい激励の言葉が添えられており、
スタッフ一同元気づけられています。本当にありがとうございます。
近々、クラウドファンディングというインターネットによる製作資金集めも開始します。
資金集めは、これからです。ぜひ応援ください。

初めての投稿が、生々しい、ずうずうしいお願いとなり、申し訳ありません。
これもプロデューサーの仕事なのです。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「戦争体験を語り継ぎ、平和への思いを深める集い」に参加

2015-03-08 21:10:16 | スタッフ日記
3月7日土曜日。

事務所メンバー総出で、小金井で行われた
「戦争体験を語り継ぎ、平和への思いを深める集い」に参加してきました。

小金井市では3月10日を「小金井平和の日」とすると条例で定めまして、
7日の午前中は、市が主催の平和イベントも開催されていました。

わたし達が参加した集いは、市民の有志の方が集まって企画したもの。
(実は、陣内さんもそのメンバーのひとり)



八王子大空襲を経験された男性のお話あり、
小金井で活動をしている方のアピールもありました。
3.11後、活動を始めた市内在住の母親
ピースボードの方や、地域で教育をテーマに活動している方の他に、
集団的自衛権の説明を自前のパネル持参で説明してくれた牧師さん。
後藤健二さんの母親である市内在住の石堂順子さんも、スピーチしてくださいました。




韓国にルーツを持つ金さん、小金井に事務所を構えるにあたっての
経験も踏まえ、平和への想いをスピーチ。






新しく事務所を構えるにあたって、
半分くらい?(…だったでしょうか 金さん)
「外国人お断り」という理由で断られてしまったんです。

「外国人」だからと言って、住居の自由が保障されないなんておかしな話だと思います。

スピーチあり、音楽ありの1時間。演奏の間にみせた笑顔の二人~。




集いのあとは、武蔵小金井駅をぐるっと一周パレードしました。






ドキュメンタリー映画がつくれるのも平和あってこそ。(A)




  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

将棋とじゃんけん

2015-03-03 19:02:35 | 監督日記
袴田プロジェクトが本格的に動き出した。
日々追われてなかなかブログが書けないでいたが
そろそろとつぶやきます。

撮影をはじめた頃はなかなか話もできなかったのだが
近頃の巌さんとのコミュニケーションはもっぱら将棋だ。
かれこれ25戦ほど打っているが残念ながら全敗。

3月1日は浜松で袴田巌さんの誕生日を祝う集会だった。
しかし巌さんは参加せず自宅で私と将棋。

実は巌さんの中では袴田事件はすでに終わっている。
たぶん48年による拘禁生活の中で、死刑の恐怖に怯えながら
しだいに自分の世界観を持つようになったのだと思う。

ある時は警視総監、ある時は裁判官、ある時は松尾芭蕉・・・。
とにかく自分が一番偉くなって、冤罪も死刑制度も終わらせたのだという。
だから最近は集会には参加したがらない。

そこで将棋だ。

最初は「勝っていいのだろうか」なんて思っていたがとんでもない。
どうやっても今の力では巌さんに勝てない。

腹がたつのは詰んだときに巌さんがニヤリと笑うのだ。
もちろん表情が戻ってくるのはうれしいことなのだが勝負は別。
負けるたびに悔しさが増していく。

しかし先日の撮影では愉快なこともあった。
将棋は7戦全敗なのだが先手を決めるじゃんけんは7戦全勝。
「じゃんけん勝てないな〜」と悔しい表情を見せる。

いずれ将棋で巌さんに勝ちたい。
だから羽生さんの「みるみる強くなる将棋入門」を買った。

次回の撮影は後楽園ホールで巌さんがボクシングを観戦する予定だ。
さて、どんな表情をみせてくれるのか楽しみだ。

金聖雄




  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする