映画「袴田巌」プロジェクト    

2016年 春 全国ロードショー        

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

おやつの時間です

2015-02-27 17:03:05 | スタッフ日記
小腹がすいてくる15時。

「大判焼きでも食べますか」との陣内さんのひとことで、
紅茶をいれて、皆そろってお茶の時間。




事務所を構えているのは、レトロでコンパクトな商店街の中。

ほんの数十歩先の和菓子屋さんに、その大判焼きが売っています。
おやつと言ったら大判焼きというのが定番になりつつあるKimoon事務所です。(G)

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

事務所構えて1カ月。

2015-02-24 17:06:23 | スタッフ日記
「袴田巌」プロジェクト主宰のkimoon film。
事務所を構えてほぼ1カ月が経ちました。
事務所内はいまだ、落ち着かない感があり、
まだまだ、使い勝手を良くしていけそうです。

なるべくお金をかけずに、あるものを活用しながら。
(今度、のこぎりを持ってこなくちゃ。)
いろんなところの寸法を測って、棚を探して、
ちょうど良いものがあるとテンションあがります。


さて。本日の金監督、お疲れの様子で、ソファーでお昼寝中です。
つられて私も眠くなってきます。(I)




  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ドキュメンタリー映画ができるまで

2015-02-20 20:20:20 | スタッフ日記
映画「袴田巌」プロジェクトは、
映画「SAYAMAみえない手錠をはずすまで」の金聖雄監督、陣内直行プロデューサーが
製作に関わるドキュメンタリー映画で、今秋の完成を目指しています。

私も、いちスタッフとしてSAYAMAから引き続き関わります。
SAYAMAでは映画が完成してからの関わりで、おもに上映活動中心でしたが、
今回は、映画をつくり始めるところから関われるので内心、とても楽しみにしています。

ドキュメンタリー映画がどうやってひとつの作品になっていくのか

きっと、ものすごいたくさん撮影することでしょう。
撮影を進めるなかで、袴田巌さんとの関わりも変わっていくかもしれない。
撮りだめたテープの中からいったい何を選んで映像を紡いでいくのか。
そこでは、喧々諤々の言葉が交わされていくのだろうか。

スタッフからみた映画づくりを今後お届けしてゆきます。 (E)


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする