映画「袴田巌」プロジェクト    

2016年 春 全国ロードショー        

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

第2回≪戦争と平和≫を考える上映会 ご報告

2015-06-22 14:49:27 | スタッフ日記

6月21日 第2回目
「流血の記録 砂川」上映会にお越しいただいたみなさま
ありがとうございました。


今回は、立川市など近隣からの方も多く、
30名を超える方にお越しいただく。




映像の中の方々は日常を送りながら、反対運動も行っている。
生活と運動が分離されていない様子が印象的でした。


上映後のトークは、元立川市議の島田清作さん。
当時19歳で、反対運動に関わっていたとのこと。
現在は、横田基地の運動にも力をそそいでいらっしゃるとのこと。


 



最近報道されている「砂川判決」についても。
砂川判決(最高裁)では、集団的自衛権行使容認について触れられていない。だからこそ、行使容認できると解釈されている。
一審の「伊達判決」では、米軍基地が憲法9条違反であるとしている。「伊達判決」を取り上げるべきで、「へりくつ」ではないかとお話しされました。


「いまの人たちはおとなしいのではないか」との会場からの声に、「若い世代含め、声をあげる人が増えている」とおっしゃる島田さん。まだまだこれからだ!と力をいただけました。


6月22日東京新聞にも記事が掲載されました。



第3回目の上映会も決定!


≪戦争と平和≫連続上映会 Part3 反戦/表現の自由


「チャップリンの兵隊さん」(42分 1918年)
 第一次世界大戦の終戦直前に封切られた、戦争コメディ。
 兵隊の寂しさ、残酷さ、こわさをみごとの表現している。



「私の声あなたの声」(小金井の市民掲示板の記録映画)
 30分 製作:NET、東京都教育庁
 小金井市では市民が自由に使える市民掲示板を作った。
 この市民掲示板が作られるまでの経緯や問題点を通して
 住民活動の在り方や新しい街づくりとは何かを考える。


7月19日(日) 18時30分から(開場18時)
小金井市公民館本館 学習室A・B (福祉会館3階)
※各作品とも16mmフィルムでの上映となります。


主催:キムーンフィルム・やしほ映画社・ミストラルジャパン・ONE'S EYES FILM


私たちは「こがねいピースアクション2015」に賛同しています。


≪戦争と平和≫連続上映会は8月以降の上映も予定しています。


 



お誘いあわせのうえ、ご来場ください(K)


 



この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 第1回 ≪戦争と平和≫を考える... | トップ | カメラ越しの巖さん あれか... »
最新の画像もっと見る

スタッフ日記」カテゴリの最新記事