映画「袴田巌」プロジェクト    

2016年 春 全国ロードショー        

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

”障害者”という言葉の使われ方に感じる違和感!

2016-08-02 07:40:22 | 監督日記
私の2作目の作品は
「空想劇場〜若竹ミュージカル物語〜」という。


作り終えて、力もお金も尽き、
ほとんど配給宣伝できないまま
一番手をかけてあげられなかった。


だから「それ観てない!」と言う人が多い。
でも、まぁ、言うまでもなく”名作”なのだが(笑)。


20年以上前、特別支援学校を卒業した学生、
保護者、先生、そして支援者などが集まって
ミュージカルをはじめた。


最初はダウン症や自閉症のメンバー支援、
居場所作りとしてはじまったのだが
年月を重ねるたびにいつのまにかメンバーみんなの
生きがいになった。自前のオーケストラまでできて、
3〜4年かけてひとつの作品をゆっくり作り上げていく。


「歌はへた踊りもいまいち、でもなんだか感動する!」

映画のキャッチフレーズだ。



ある上映会の時、Kさんの父親の言葉が印象的だった。


「ざまあみろという気持ち、
この子の親で良かったと心から思う。
宝くじに当たったようなもの、
だからざまあみろ、ええやろ〜」と胸を張った。


メンバーたちは口をそろえて言う。
「”障害者”ミュージカルと呼ばれるのが一番イヤ!」



この間の報道やコメントに違和感を感じる。


例えばNHKは「”障害者”殺人」、
「”障害者”の命の尊さを考える」みたいな感じ。


例えばコメントでよく出てくるのは
「”障害”のある人もない人も…」
「”障害者”も健常者も…」


みんな自分に”障害”がないとでも思っているのだろうか?
”障害者”と”健常者”はどこで線引きされているのだろうか?
”障害”とはなんなんだろうか?


”障害者”と口に出した時点で自分はそうでないという前提で
話が進む、その時には健常者として話しているのだろう。

いつも思う、全員”障害者”と言う方がわかりやすい、
それぞれ”障害”の重さも種類も違う。
でもみんななんらかの”障害”を持っているはずだ。


「”障害者”殺人」
あまりにもざっくりすぎて胸の奥がザラザラする。

殺された被害者の名前も報道されることなく
ひとり一人の存在がまっく見えてこない。

そして「”障害者”の命の尊さを考える」のだと言う。


近々、空想劇場の上映会をやろうと思う。





  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ドキュメンタリーとフィクション

2016-02-29 18:31:29 | 監督日記
ぼやき

ベルリン映画祭のコンペ部門で最高賞、
金熊賞を受賞したのはドキュメンタリーだという。
フィクションとドキュメンタリーが
同じフィールドに上がっていることをうれしく思う。

ひるがえって日本はどうだろう。
くっきりと見えない線が引かれているような気がする。

傲慢に聞こえるかもしれないが
あえて言わせて欲しい。

自分がつくったドキュメンタリー映画
「袴田巖 夢の間の世の中」の中で繰り広げられる
人間ドラマはフィクションでは到底表現しきれない
何かが映っているように思う。
大げさに言えば袴田巖さんが人間を回復していく
その歴史的瞬間に我々は立ち会いカメラを回したのだ。

どんな役者にも袴田巖さんは演じられないだろうし
秀子さんをキャスティングできない。

2人が発するひとこと一言は脚本では書けないセリフであり
シナリオでは書けないシーンが展開される。

ドキュメンタリーだけが凄いなんて
話をしているわけではない。

フィクションだろうがドキュメンタリーだろうが
良いものは良い!ダメなものはダメ!なんだと思う。

だから有名なアイドルや役者がバラエティーにでて
番宣しているような映画(それが悪いと言っているのではない)だけでなく、
まずはドキュメンタリー映画も
同じように観て欲しい。


いつも事務所にスクーターで通うとき
スタジオジブリの前を通る。

冗談で時々「ライバルはジブリです。」と
言うときがある。

いやスピルバーグでもタランティーノでも良い。

もちろんまだまだ力不足なことは重々承知している。

しかし同じ”映画”というフィールドに立っていると
作り手の方も自覚していることが大切なんだと思う。


劇場公開がはじまった。

まずは1335万人住んでいる東京の
ポレポレ東中野1館からのスタートだ。
96席、1日2回。

とにかく観て欲しい。

金聖雄

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

カメラ越しの巖さん あれから1年 !

2015-07-10 11:01:39 | 監督日記

「はっきりいって正直どんな映画になるか今はわからない…」
なかば開き直りのような気持ちで撮影がはじまって、はや1年が過ぎた。
毎週のように袴田巖さんと秀子さんのお宅におじゃまし、
カメラを回し続け、撮影素材はすでに200時間を超えている。

「袴田事件は終わった、冤罪もない、死刑制度も廃止した・・・」
ある時は警視庁総監になり、ある時は裁判長になり、ある時は松尾芭蕉に・・・。

 事件のことを語る巖さんは未だに“妄想”という
自分の世界から抜け出すことができない。

しかしまったく表情がなかった頃から比べると
巖さんの気持ちが解きほぐされていると感じる時がある。
 突然はじまった将棋三昧の日々。私も、何度となく挑戦したが、
なんと73戦全敗。そのたびに、勝ち誇ったかのようにニヤッと笑顔をみせる。



親戚の赤ちゃんを抱いて、好々爺の表情。
身体に染みついているボクシングの話題になれば、
半世紀前の記憶がよみがえり、試合の論評もする。

 死に怯えながら独房という閉ざされた空間で
48年間を生きてきた巖さんにとって、ごく平凡でごくあたり前のことが、
本当は特別なことなのだ。

布団で寝る、お腹いっぱい食べる、買い物に行く、将棋を指す、
好物のあんパンを食べる、ゆっくりお風呂に入る、テレビを見る、
うたた寝をする、怒る、笑う・・・。

 巖さんの「妄想の世界」を、
日常という「現実の世界」がゆっくりと包み込んでいく。 
そしてその“平凡な日常”というものは、
実は誰にとっても一番大切なものだということに気づかされる。

 ずっと支援金などを貯めていた巖さんはその額が
10万円になった日からなぜかあんなに楽しんでいた将棋をやめた。
そしてひとりで買い物に行くようになった。
「釣りはいらない!」1万円出してそう捨て台詞をはく。
思わず聞いた時は笑いそうになったが
その行動や言葉をそのまま受け取ることはできない、
どうやら“神からの指令”だという。

 私たちの想像が及ばない巖さんの深い深い闇。
しかし“平凡な日常”のつみ重ねが光となって
その闇を照らしはじめているように思う。

どんな映画になるのか答えがでたわけではない。
時間の許される限り袴田巖さんの48年ぶりの暮らしに寄り添い、
生きることの尊さを静かに問いかけたい。



  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

新しいシャツで…

2015-04-21 12:07:09 | 監督日記
久しぶりに袴田さんが百貨店に出かけると言うので急遽撮影に出かけた。

少しイヤな予感はしていたが案の定、行かないと言い出した。
まあそれはそれ、朝2連敗後昼食にラーメンをたべ「まんじゅうでも買わないかん」と百貨店に出かけた。

自分で選んだというワイシャツを受けとり、まんじゅうを買って帰りました。

爽やかなシャツに着替え、また将棋。

写真はすでにあきらめモードの私をいたぶる巖さん。

ちなみに56連敗。


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

釈放から1年 カメラ越しの巌さん

2015-04-10 12:03:40 | 監督日記
 

 4匹の犬の置物がある窓際、
昔の喫茶店にあったような黒い椅子が袴田巌さんの定位置だ。
暑い日も寒い日も「冤罪をなくせ!」と書かれたうちわで自らを扇いでいる。
しばらくそっとカメラを回していると、
うちわの動きがだんだん鈍くなりやがてぴたっと止まる。うたた寝だ。

一方リビングを隔てて向こう側の部屋からは「ジャジャン、ジャジャン」と
明らかに初期型のコンピュータゲームの音が聞こえてくる。
姉の秀子さんがパソコンで麻雀ゲームを楽しんでいる。
巌さんが釈放されて1年が過ぎ、取材陣もなく2人の日常は穏やかに淡々と過ぎていく。

 このところ巌さんは家から出ようとしない。
ボクシングジムに誘っても花見に誘っても出かけない。
なにやら本人曰く「今はここで受け取るものがある、
知恵をうけとらにゃいかん」といっている。

 映画「袴田巌」プロジェクトの撮影をはじめる時にひとつだけ決めていたことがある。
それはしばらく事件に関することは聞かないでおこうということ。
 巌さんの中では“袴田事件”はすでに終わっている。
48年に及ぶ拘禁生活の中で、死刑の恐怖に怯えながらしだいに
自分の世界観を持つようになったのだと思う。



ある時は警視総監、ある時は裁判官、ある時は松尾芭蕉…。
とにかく自分が一番偉くなって、冤罪も死刑制度も終わらせたのだという。
だから最近は集会には参加したがらない。節目である1年目の集会にも参加しなかった。

しかしがっかりする必要はない。
この1年、カメラ越しに見る巌さんにはずいぶんと表情が戻ってきたように思う。
「巌さん将棋やりますか」と訪ねると「やってもいいよ」と返事が返ってくる。
現在53戦全敗、巖さんとの対戦成績だ。
将棋をやるようになった頃、後数手で私が勝ちそうになったことがあった。
巌さんの追い詰められた表情、しかしその後まもなくして巌さんの逆襲がはじまり、
あっという間に詰み。
その瞬間ニヤッといやらしい笑みを浮かべた巌さんの表情は今も忘れられない。



「御身の神、袴田巌、“儀式”の一環として甘いものをちょうだいまし!」といって
饅頭やあんぱんを食べる時は間違いなくおいしそうな顔をしている。
時には何かに苛立ち「面会謝絶!」と怒ることもあった。
そして誕生日には財布をプレゼントされ上機嫌、支援者の歌に手拍子をするようにもなった。
先日は釈放後はじめてボクシングを生観戦。およそ4時間、
ときには解説しながらボクシングを楽しんでいた。
人とふれあうことで巌さんの奥底にあるはずの
楽しいかすかな記憶を手繰りよせようとしているように思う。

 撮影素材は100時間を超えたが何か答えがでたわけではない。
できる限りカメラ越しに寄り添い、48年という巌さんの失われた時間の意味を考えたい。
同時に巌さんは何を取り戻していくのだろうか…。
そっと見つめたい。
                               
金聖雄




  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする