今日もリフレッシュ

新たな喜びを届ける

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

人手によらずに

2013-02-24 19:04:35 | 日記
 Y.O.U.さま。

 今朝、種のお話を聞きました。イエスさまの説教です。

 「夜は寝て、朝は起き、そうこうしているうちに、種は芽を出して育ちます。どのようにしてか、人は知りません。地は人手によらず実をならせるもので、初めに苗、次に穂、次に穂の中に実が入ります。実が熟すると、人はすぐにかまを入れます。収穫の時が来たからです。」

 学校の生徒だったとき、光合成を教えてもらって、当たり前のように受け取ってましたが、何と言う神秘と奇跡が、「人手によらず」人が寝たり起きたりしてるうちに行われ、貴重な食物が生みだされてくるのかと、改めて神さまのみわざを覚えて、厳かな思いを与えられました。

 神さまのみことばも種のようであり、一度蒔かれると、ふしぎなみ業が、人手によらずに行われ、貴重な結果を、心の中に及ぼすという真理を教えられ感謝でした。

 聖書の示すとおり、私たちの罪のために十字架にかかって、身代わりの犠牲となってくださり、死んで葬られ、聖書の示すとおり、三日目に、死人の中から甦って、死の力を滅ぼし、今も永遠までも生きて、私たちを救い、世界を治めておられるイエス・キリストの福音(良い知らせ)を種のように蒔き続けていくようにと勧められ、励まされて帰ってまいりました。
コメント

危ないリーダー

2013-01-29 21:42:18 | 日記
 Y.O.U.さま

 世界にも、日本にも、いわゆるボス的りーだーが、ときどき顔を出します。遠慮も慎みも含羞もなく、天地を支配しておられる至高のお方を畏れかしこむこともありません。反抗するのみです。そういうリーダーは、危ないリーダーと言えます。そういう人物に対して、

「天の御座に着いておられる方は笑う。主はその者どもをあざけられる」と聖書は述べるのです(詩篇2:4)文語訳では、「天に坐する者わらいたまわん」と言われています。

 歴史的に長い目で見ていくと、そのような者の末路がどんなにみじめであるかは、万人の知るところなのです。

 そのような人物を恐れたり、祭り上げたりする事なく、しっかり見極めて、対処していかなければならないと思います。時代が悪くなるときには、なおさらそのことに留意していきたいものです。

 コンピューターを操って、他人を罪をかぶせたり、権威をあざ笑ったりする人物についても、同じことが言えると思います。主はその人をあざ笑っておられるのです。

 
コメント

聖書の深み

2013-01-27 19:02:47 | 日記
  Y.O.U.さま

 今日、「隠れているのは、必ず現れるためであり、おおい隠されているのは、あきらかにされるためです」という聖書のみことばが、開かれました。

 最初このみことばに接したときは、「悪事はやがて必ず露見する」という意味にとり、おごそかさを感じました。

 待てよ、これは「人に隠された善行もやがては必ず知られるようになる」という意味かもと、後に思い直しました。

 イエスさまが、マルコ四章二十二節で語られた文脈からすると、「ひそかに、たとえの形で少人数に語られたみことばも、やがては必ずストレートにみなに明らかにされる」という意味なのだ、と認識を新たにしたことです。

 でも、これらはすべて三つとも真理に属しているのではないでしょうか。みことばの深みを覚えます。
コメント

新春のさんび

2013-01-03 22:07:13 | 日記
Y.O.U.さま

 初週祈祷会三日目に歌ったさんびの一節に心が捕らえられました。

 誰かは逆らう 御神の御業に
 誰かはなみする(あなどる) 御神の御旨を

 歌っているうちに、東北大震災と津波のことが、心に思い浮かびました。この天地の主を畏れかしこんで、この一年を送りたいと願います。
コメント

元旦礼拝

2013-01-01 22:02:49 | 日記
Y.O.U.さま。
 今日は元旦礼拝です。なんと、10分遅れてしまいました。元旦から失敗です。今年の標語は
 「あなたの天幕の場所を広げ、あなたの住まいの幕を惜しみなく張り伸ばし、綱を長くし、鉄のくいを強固にせよ」(イザヤ54:2)でした。

 山口先生のメッセージを聞いているうちに、力が与えられ、ビジョンが増してきました。まさしくみことばの威力です。

 この一年、みことばの御用に、聖書学院の奉仕に、学びにいそしみたいと、願いを新にして帰宅しました。いろいろ希望がふくらんできました。どれほど達成できるでしょうか。
コメント