十七音のアンソロジー★。・.:・゜'☆,。.:・゜'★

虚と実のあはひに遊ぶ  Since 2008 by Midori♡ H

2017-06-18 | Weblog
毎月、第二土曜日は、「阿蘇」の本部例会。各人で五句ずつ清記し、順に回しながらの選句である。主宰からは、「選が変わったとよく言われますが、選も進化しています」とのお言葉。確かに選が同じでは、俳句の方向性が固定化してしまう。自分の好きな詩の世界ばかり詠んでいたら、いつの間にかとり残されてしまうかも(笑)。
今年は我が家の庭に蛍が一匹来ていました。誰だったのか知らん。(Midori)

   蛍火やあの世この世と櫂の音
ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  | トップ | 女郎蜘蛛 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
 (博子)
2017-06-18 19:15:20
 蛍はきっと鬨也先生。みどりさんにありがとうを言いに来たのよ。「東北に生きたある俳人のこと」。私からも本当に本当にありがとう。
私は何もしてあげられなかったけど、蛍、来るといいなぁ。
 (みどり)
2017-06-18 19:28:47
博子さん、ありがとう☆
まだ小さな光でしたが、
きっと鬨也先生かも?と私も思いました。
また来年、来てくれるかなあ。


 (今村征一)
2017-06-19 07:13:50
我が家の軒にも一匹とんでいました。蛍見に行った時上着の肩か背中に縋り付き生きたのでしょう。
Unknown (満子)
2017-06-19 07:29:50
熊本市南部のわが家近くでは、蛍の時期はとっくに終わり 今はふくろうが鳴いています。今朝は朝顔が咲いていたのでびっくりしました。
 (みどり)
2017-06-19 09:16:00
征一さんの場合は、蛍を連れてきたのですね。
何とも儚げで、愛らしいものです。
満子さん♪ (みどり)
2017-06-19 09:24:03
まあ、コメントありがとうございます!
自然豊かなところにお住いのようですね。
先日の、「梅雨入り」の句、感じ入りましたm(u_u)m

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事