怠惰なひな菊

漫画家・萩原玲二(はぎわられいじ)の怠惰なブログ

KNGSNNN2019

2019-01-21 03:33:38 | 


AKOM
KTYR
ぺこり(遅)。

亥年ということで、さて、思い浮かぶ猪といえば『もののけ姫』〔1997〕の乙事主くらいで、というか、乙事主とかモロとか王蟲とかいうのは、ようするに『ゲド戦記』の「竜」の置き換えなわけで、いかに宮崎さんが『ゲド戦記』をつっかえ棒に創作されておられたかという。

ことに『さいはての島へ―ゲド戦記〈3〉』を『もののけ姫』はかなり明確に下敷きにしていると思うし、漫画版『ナウシカ』のクライマックスもそうだろう。

宮崎作品と『ゲド戦記』を仔細に比較してそのエッセンスというか、共通するあれの論文的なものはすでに存在するのかしら。
世間一般でさほど言及されてない気がして不満。

‥‥‥

ところで、漫画を描いてると自分はまったく言語野?というのが機能しなくなり?、というか漫画を描くのに脳のその辺を使ってないの?と心配になる。
「漫画とは一種の象形文字」と手塚先生は定義したそうであるし。

自分が考えるに漫画家には2種類あって、漫画を「絵」として捉えるタイプAと、漫画を「文章」として捉えるタイプBに分けられるのでは?と思う。

漫画の作業しながらのべつまくなしツイートしている漫画家は多いし、自分など信じられないが、こういう皆さんはタイプBなのではなかろうか。

もちろんAとBに優劣はなく、ただそういうものでは?という仮説にすぎない。

あと漫画家には、もともとアーティスト属性があってたまさか漫画というメディアを選択したタイプAと、たまさか漫画が描けたマイルドヤンキーのタイプBがあるようにも思う。

これももちろん優劣はなく、ものかきとしてタフなのはタイプBだと思う。
ただタイプBの抽斗に多様性は期待できないが。


‥‥‥


『ペリリュー・沖縄戦記』(ユージン・B・スレッジ)という本を読んでいて(『ザ・パシフィック』の原作のひとつ)、沖縄戦のくだりでボロボロ泣いてしまった部分を以下に引用―――


 六月四日‥‥‥ちっぽけなあばら家を捜索した際、私は一人の老婆に出会った。‥‥‥老婆に念のためトミーを構えて、表に出てくるよう身ぶりで示した。老婆は座ったまま白髪頭を下げ、‥‥‥「ノー・ニッポン」。‥‥‥私を見上げるその表情から、かなりの痛みをこらえていることがうかがえた。それから‥‥‥左下腹部の大きな傷を指さした。‥‥‥傷の状態はひどかった。‥‥‥壊疽を起こしていた。‥‥‥この状態では命も危ないだろう。
 老婆が‥‥‥そっと手をのばして私のトミーの銃口をつかむと、おもむろにそれを自分の眉間に向けさせた。‥‥‥引き金を引けというのだ。‥‥‥私は銃を肩にかけ、首を横に振って、「ノー」と言った。それから外に出て、大声で衛生兵を呼んだ。‥‥‥
「あのなかにかわいそうなばあさんがいる。横腹を撃たれて、ひどい怪我だ」
「処置できるかどうか、見てみよう」
 二人はあばら家から五〇メートルほど離れたところにいた。そのときあばら家で銃声が聞こえた。‥‥‥
 あばら家から一人の海兵隊員が出てきた。呑気そうにライフルの安全装置を確認している。‥‥‥「その小屋にニップでもいたのか?さっき確認したところだが」
「いいや」‥‥‥「薄汚いばあさんはいた。苦しいので殺してほしいというから、思いどおりにしてやったよ!」
 衛生兵と私は顔を見合わせ、ついで近づいてくる男を見つめた。おとなしく物腰のやわらかい若者で、民間人を冷酷に殺害できる柄ではなかった。
 あばら家の戸口に崩折れている色あせたキモノ姿の人影を見たとたん、私は逆上した。
「なんということをするんだ。おれだって撃ってくれと頼まれた。だが、衛生兵を呼んで助けにいくところだったんだ!」‥‥‥
(第一四章 首里を過ぎて)


沖縄といえば辺野古について自分は思考停止気味である。
21世紀の地政学とはどうあるべきなのかしら。



ペリリュー・沖縄戦記 (講談社学術文庫)

「戦争は野蛮で、下劣で、恐るべき無駄である」。
硫黄島に匹敵する損害率を記録した一九四四年秋のペリリュー島攻略戦、そして四五年春の沖縄上陸戦。
二つの最激戦地でアメリカ海兵隊の一歩兵が体験した「栄光ある戦争」の現実とは?
敵味方を問わずおびただしい生命を奪い、人間性を破壊する戦争の悲惨を克明かつ赤裸々に綴る、最前線からの証言。

講談社

Bill Rieflin’s top 10(2)

2018-12-29 19:47:47 | 音楽


BILL RIEFLIN'S PLAYLIST


「Bill Rieflin’s top 10」といっておいて3) で終わって、 (tbc)といいつつ全然つづかないジョークかな?と油断していたら、ちゃんとつづいていて、しかもクソ長い!

この訊かれたら逐一説明しなければ気がすまず、かといってきちんと結論があるわけでなく、連想から連想に流れていってしまう性格は、なるほどフリップ先生と馬が合うのも納得である。


「サンシャイン・オブ・ユア・ラヴ」のキーがDなことに突っ込み、――ヘヴィ・ロックにEのキーが多いのは6弦開放のルート音をざくざく刻めるからだろうが――そうじゃない「サンシャイン・オブ・ユア・ラヴ」はおかしい!みたいな。


リーフリン氏のお気に入りのビートルズ曲が「アンド・ユア・バード・キャン・シング」なのに、大共感!

むろん『リボルバー』の収録曲はすべてものすごいわけだが、自分もこの曲が大好きである。

「ドライヴ・マイ・カー」がジョンを意識したポールの曲だとしたら、「アンド・ユア・バード・キャン・シング」はポールを意識したジョンの曲というイメージなのである。


最後に、確信的に戦前・戦中のポーランドの流行歌からリストをはじめておいて、「自分のプレイリスト古っ!」とオチにするあたり、リーフリン氏、実に油断ならない男だ。


↓10) の「The Crimson Konnection」?(23分あたりから)

Bruford Live 1979



Yesterday And Today (The U.S. Album) by The Beatles


Capitol


Bill Rieflin’s top 10(1)

2018-12-28 03:02:37 | 音楽


<svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg>
View this post on Instagram

Bill Rieflin’s top 10: The Following was written in response to a request from Iona Singleton. I’m sure she’ll be sorry she asked. During our stay in Poland, I listened frequently to Tokiko Kato’s versions of the only Polish music I have. Sung in Japanese, of course. The record is called Mitosci Wszystko Wybaczy (although it's a misspelling of the Polish): 1) Milosc Ci Wszystko Wybaczy (1933) (correct spelling); Dziś Do Ciebie Przyjść Nie Mogę (1943); Gdy Jesień Się Zaczyna (1933). As i write this, I’m listening to Hanka Ordonówna’s version of Gdy Jesień Się Zaczyna on yootoob. I don’t know a lot about this record and I’m the only person who seems to own it. I’ve looked for it in Japan, but it doesn’t appear to exist. I got it from a man in Chicago, over 30 years ago. The piano on the record is immaculately played by Ryuichi Sakamoto. Segueing into Germany, I am inexorably led to Kurt Weill - mostly, his music from the early 1930s - the Bertolt Brecht collaborations. Of those, my favorite might well be: 2) Die Sieben Todsünden - a 'ballet chanté,' originally directed and choreographed by Georges Balanchine. I have two versions - one sung by Ute Lemper, another by Julia Migenes. Neither is perfect, but I like both for different reasons. A combination of the two would be just right. This music was written in Paris, in 1933, after Weill & Brecht fled Germany, smelling the writing on the wall: Brecht’s work had already been banned, and Weill was Jewish. The main musical theme of Die Sieben Todsünden is based on a whole tone scale, in case anyone was wondering. Listening to this music usually brings me to Hanns Eisler, and in this case, it does. Dagmar Krause made a record of Eisler songs in 1988 for Island records, called: 3) Tank Battles. Four or so years after its release, I met the man from Island who got that record made. I thanked him. While in Vienna, on the morning we shoved off for Prague, I found a music shop where I bought the score of Eisler’s Hollywood Songbook. I spent much of that drive reading through it. Some of the music I know; most of it not. Coïncidentially, Jeremy & I both enjoy a particular record of Eisler & Weill... (tbc).

DGM Liveさん(@dgmlive)がシェアした投稿 - <time style=" font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px;" datetime="2018-12-27T13:26:51+00:00">2018年12月月27日午前5時26分PST</time>



ジャッコさんが広島公演で「墓碑銘」を歌って感じ入った気持ちを「やわな老いぼれと呼べ」とツイートしていたが、リーフリン氏もポーランド公演中にワルシャワ蜂起のパルチザンソング「今日は帰れない」(ポーランド版「リリー・マルレーン」?)を加藤登紀子&坂本龍一の日本語ヴァージョンで聴いて、同じようにWW2に想いをめぐらせていた?だろうか。

リーフリン氏のプレイリストは、ベルトルト・ブレヒトとクルト・ヴァイルのコラボがどうの、ヴァイル作曲の「七つの大罪」はホールトーンスケールがベースになってて?どうの(ホールトーンスケールといえば「再び赤い悪夢」のメインリフである)、ダグマー・クラウゼによるハンス・アイスラーの「戦車戦」がどうのと連想ゲームのように流れていって未完!―――で、このひとめっちゃインテリなのでは?

このクソインテリが若いころ、ミニストリーみたいなバンドをやっていたというのは、ようするに「かっけ~!」なのである。


Dagmar Krause - Tank Battles - The Songs of Hanns Eisler - 1° parte




今日は帰れない~パルチザンの唄~

加藤登紀子
収録アルバム: 愛はすべてを赦す

Universal Music LLC


キング・クリムゾン@名古屋国際会議場センチュリーホール千秋楽(2018/12/21)

2018-12-23 21:03:28 | 音楽
クリムゾン2018、日本場所千秋楽

↓セトリ



King Crimson Concert Setlist at Century Hall, Nagoya on December 21, 2018 _ setlist.fm

※ロイヤルパッケージQ&A~トニーさん

‥‥‥

トニーさんのダイアリーで‥‥‥↓



「it’s likely we’ll be back again in a couple of years.」

うれしみ!

‥‥‥

2018年のクリムゾン日本ツアーの反省会としては、「聴けなかった曲があったら後悔するな~」などと、甘ったれた寝言をほざく可能性を少しでも予感したら、東京における最初の連続公演はすべて観る必要がある!という、2015年の反省もふくめての「反省」だったのだ。

クリムゾン積立貯金の必要を感じる!

ちなみに自分が聴けなかったのは、12/18のドラムサンズの2曲をはずせば2曲。
「船乗り」と「フラ


<svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg>
View this post on Instagram

On the last day of the Japan tour in Nagoya! Today we have Jakko Jakszyk’s playlist: 3 Ravens - John Harle The Daniel Variations - Steve Reich From A Late Night Train - The Blue Nile Rook - XTC Loving The Alien - David Bowie My Keys, Your Boyfriend - Everything Everything All I Need Is Tonight - Jaga Jazzist Amygdala - Henry Cow Oceanea - Thomas Dolby Main Theme from Wuthering Heights - Ryuichi Sakamoto Barely Dancing - Lucy Swann #kingcrimson #japan #nagoya

DGM Liveさん(@dgmlive)がシェアした投稿 - <time style=" font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px;" datetime="2018-12-21T02:43:00+00:00">2018年12月月20日午後6時43分PST</time>




キング・クリムゾン@渋谷オーチャードホール十四日目(2018/12/19)

2018-12-20 12:52:36 | 音楽







クリムゾン2018、日本場所十四日目

↓セトリ



King Crimson Concert Setlist at Orchard Hall, Tokyo on December 19, 2018 _ setlist.fm

※ロイヤルパッケージQ&A~メルさん

‥‥‥

12/19は、告知直後にあわてふためいて重複して応募してしまったロイヤルパッケージの日で、イオナさんからの招待メールも当日ちゃんと届いてしまったのだった。

一応、今般のクリムゾンのロイヤルパッケージは、一人一回かぎりという建前があるとはいえ、別会場ということでもあり、図々しく参加しても問題はなかったろうが(複数回参加のファンがツイッターでぞろぞろ観測できる)、―――それより自分としての問題が12/19のQ&Aのゲストはメルさんの可能性が高く、それは自分が参加した仙台のロイヤルパッケージとかぶりすぎでは?と、自分自身にバツが悪く結局、遠慮?というか、辞退?というか、不参加だったのだった。

案の定、ゲストはメルさんだった!

‥‥‥

冒頭のフリップ先生のトークがやたらに長かったようで、制作中のドキュメンタリーの撮影が入っていた関係だろうか?、わかるようなわからないようないつもの抽象的で示唆に富んだ高話が30分近く?も聞けた模様である(素直に羨ましい!と思えないのがフリップ先生の話術!である)。

そもそも先生は3期のライヴ音源の「グッドイブニング、ヒッピーズ」からはじまる「これからインプロをやります」という「RFアナウンスメント」を聴けば察せられるが、観客へのおしゃべりはどちらかといえば好きなのだろうし、3期のそれはブルフォードさんに「インプロをやる前にインプロをやりますと言うな」と注意されてもいる。

‥‥‥

ところで、このロイヤルパッケージをリーフリン氏がたまさか見学していたらしく、昨年11月にクリムゾンのフィラデルフィア公演のロイヤルパッケージに参加して、今般の日本ツアーの日程を最速でリークしたリーフリン氏ファンの女性レッシャーさんもたまさか参加していたらしく、リーフリン氏にプレゼントを渡せたというツイートがあり、昨年のUSツアーにリーフリン氏が不参加だったことを考えれば、これはすごくよい話(いいね!を押さざるをえない)。

‥‥‥

その時分小生は、センター街の「やんばる」でゴーヤ定食をいただいており(ポーク玉子定食と迷った)、ふつーに開場6時ちょっと過ぎくらいにオーチャードホールに到着。

‥‥‥

最初、トニーさんがスティングレイ5を持っていたので、「はいはい、冷たい街、冷たい街」と踏んでいたら、「地獄犬」の後、あの「キャー」という悲鳴SEが聴こえて「パート2」!

素で「ふあ?」と声が出てしまった。

『USA』かと!

74年のUSツアーは「パート2」はじまりが多く、実は自分が一番好きな3期クリムゾンのライブ音源のプロヴィデンス公演(1974/6/30)もそうで、俄然わくわくしてしまった(この日のインプロの抜粋が『レッド』に収録されたライブ音源)。

「フ、フラクチャー」演リマスカ?みたいな。

‥‥‥

「TCOL」がしれっと7公演連続。
突っ込んだら負けのレベルとなった。

‥‥‥

12/19の最大の注目は「カデンツァ」でのトニーさんのパフォーマンスでいつものアポヤンドからボウイングに変えたと思ったら、突然ベースのフレーズとユニゾンでスキャットをはじめて、場内はざわめき、最後に「コンバンワ」としめる。
場内爆笑、拍手喝采。

メンバーも笑っていて、フリップ先生の破顔大笑には驚いた。
フリップ先生のステージ上でのあんな表情はレアすぎる!

トニーさんの即興はおそらくキリスト教圏クラスタには、もうクリスマスモードに入っているという意味での無礼講なのでは?と想像した。
クリスマスモードに入っているということは演奏が厄介で面倒臭い「パート4」と「フラ…」は今夜セトリ入りしていないのでは?と予想させるに充分であった(!)。

続くフリップ先生のソロはサウンドスケープ風のロングトーンの抒情的なところから、いきなりジミヘンのインプロ?みたいな歪ませたコードワークを聴かせてくれ、あらためてフリップ先生が60年代のヒッピームーブメントのアーティストなのだと、意識させてくれた。

‥‥‥

2部もトニーさんがスティングレイ5をかかえていたので、「冷たい街…?」と思っていたら「悪魔犬」の後、「冷たい街の情景」だった。
レア曲!といえる。

レア曲といえば「ケイデンス&カスケイド」につづいて日本公演2度目の「ブレスレス」!
2度とも観れて、感激!
難易度からいえば「息もたえだえ」はフリップ先生は居眠りしながらでも演奏できるだろう。

これほどゴキゲンでノリノリの7拍子の曲もまれでないか。

ミドルパートは4分音符×18でひとつのリフだから、18/4拍子というべきなのか、しかし演奏は11拍子+7拍子という区切りが強調されてるように聴こえる。

そのミドルパートでトリプルドラムが順番に叩くのは、まるでビートルズの「ジ・エンド」のトリプルギターのリード合戦のようでもある。

‥‥‥

密度がやたら濃かったので、今夜は「スターレス」がアンコールかなと思っていたら「パート5」の後、メンバーは立ち上がらず、リーフリン氏のメロトロンの前奏が!

ひょっとしたらクリムゾンのライブを観れるのは最後かもしれないのだな……と気づくと、2番と3番の間のフリップ先生の主旋律の響きに嗚咽レベルで泣きじゃくってしまい、困った。

3年後の来日予定?までバンドが健康に存続しますようにと、祈願しながらの帰宅であった。