交通遺児を励ます会

交通事故遺児を励ます会のブログです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

終戦記念日と交通戦争の終結は・・・

2007-08-15 22:01:18 | 
毎年8月15日になると終戦記念日と新聞テレビで特集して、平和について考える。とても大事なことだ。
さて、交通戦争に終わりはまだ来ていない。ひき逃げ・飲酒運転など悲惨な事故が起きるたびにマスコミで取り上げはするが、この車社会の根幹から何とかしようという動きには至らない。
以前、4月4日を「交通反戦デー」にしようと社会を動かそうと試みたが定着には至らなかった。

今ここでもう一度訴える。
 4月4日を「交通反戦デー」として
   車に乗ることを控える。
   安全について見直す。
   被害者・加害者に自分がなったときのことを真剣に考えてみる。
   限りあるエネルギーを有効に活用し、子孫に残す。
   環境を考える。
  以上のようなことを考え・行動する日にすることを提言する。
コメント (2)

励ます会活動情報

2007-08-14 00:13:19 | Weblog
励ます会の活動は東京だけではなく、
東海
三重
和歌山
大阪
高松(四国)
と関西中部地区を中心に励ます会活動が行われているようです。
これはインターネットで把握しえた団体ですので、ひょっとしたらもっと多くの励ます会が全国に存在するかもしれません。
以前は、京都・秋田なども大学生を中心として活発に活動しておりましたが今はどうしているのでしょうか。そのほかにも情報がありましたら寄せていただければ幸いです。

励ます会活動として特筆すべきは、東海交通事故遺児を励ます会でしょう。
規模・組織・活動ともに法人化されていることもあり、安定した活動が維持されているようです。

コメント (1)

自動車の社会的費用

2007-08-09 11:58:55 | Weblog
本の紹介です。
「自動車の社会的費用」宇沢弘文著 岩波新書,1974年発行
かなり古い本です。自動車は、個人負担だけでなく、道路敷設、公害、事故(対策含む)、エネルギー消費など様々な社会的な費用を必要としているのだと30年も前に論じているのです。そして、その問題の根幹はいまだ解決に至っていない。
興味ある方は一度目を通す価値ありです。
コメント

交通事故遺児を励ます会40周年、「継続は力」

2007-08-07 22:21:00 | Weblog
8月3日、励ます会40周年の会が、恵比寿ガーデンプレースでもたれました。
相も変らぬ岡嶋会長の熱弁と懐かしいメンバーの参加も得て、盛会に終えることができました。
励ます会の40年。長い活動の中ではここで語りつくすここのできない様々なドラマがありました(ホームページ参照)。
それを継続して支え続けたのは岡嶋会長はじめ多くの会員の情熱。
そして、会をあたたかく支援してくださった多くの方たちの声援にほかなりません。
この40年支えてくださりありがとうございました。。また、今後とも変わらず支援お願いいたします。
『継続は力』
私たちは信じています。たとえ小さな力でも、前進しているのだと。


コメント