はげまるのぶら~り日記

横浜の渋い空間散策日記

異国情緒あふれる港町  B級横浜散(427) 独り言

2018-12-05 09:34:58 | 日記
今回は昔話を書いてみるかぁ

久しぶりに昔の音楽仲間と話した

50年前以上の話である
当然はげまるの髪の毛は
分け目、生え際、つむじなんぞが
確認できる時代であり
今考えてみるってーと
己でもまったくもって
信じられない時代である



恒例の埼玉屋さん

毎度のヘロちゃん(小〇さん)
おいちゃんバントのベーシスト
西山さん






そのおいちゃんバントの
初代ギタリストだったダンさんが
初めて埼玉屋デビューした

ダンさんと出会ったのは
はげまるが20歳ぐらいの時、
中華街のレッドシューズであり
それからはげまるは
ダンさんのバントに加入して
元町にオープンしたばかりの
アストロに出演した懐かしい
音楽仲間である





ラーメンを食べながら懐かしい昔話しに
花が咲いた埼玉屋さんでありました





福富町にある歴史45年以上である
「イタリーノ」
ここも開店当時はちょくちょく
通っていたもんである

現在は息子さんがしっかりと
昔からの味をそのままで
やっているのが嬉しい

別注文の小キャベツ
今も昔も同じ味のドレッシングだ
これがたまらなく美味い





お皿が昔より大きくなった

昔はハンバーグやらキャベツなんぞが
皿からはみ出しそうだったもんである





ハンバーグのお味も昔のまんま
スゲー嬉しい





清正公通りあたりにある
「能登太鼓」
はげまるが初めて入ったのは
今から40年近く前の頃である

懐かしいなぁ





オーナーもはげまるも
その当時はまだハゲかかりの頃であった

まあ、お互い生きててよかったよかったー
ハゲじゃ〜死なね〜もんなぁ
あはははは
なんてふたりで笑った





昔、伊勢佐木町に横浜銀行があった頃から
よく通っていた「ジョンジョン」

昭和の時代は親父さんが
ひとりでカウンターだけの店を
やっていた、
亡くなってしまったオデン屋の
ケンゾーと会ったのもここである

今ははげまると同じ歳の安藤さんが
店のカウンターの中で
かなりいろいろあったみたいであるが
とりあえず元気な姿でやっている




やー 久しぶり
ご無沙汰!

なんて言ったら
嬉しそうな顔をしていた

昔の想い出は尽きる事がない

ここで昔のケンゾーの写真でも
一枚載せてみる




多分20年ほど前の事である、
西山さん宅の新年会の帰り道
はげまるの車でヘロヘロになった
ケンゾーをマンションの前まで
送ったが全然起きない

テナ事で強硬手段
「ジョンジョン」の前の 
横浜銀行のシャッター前に
車から引きずり降ろして
立てかけた時の写真
(すっげ~ 重かったなぁ)

「おーぃ  ここだったら「ジョンジョン」の
安藤君から見えるから
凍死はしねぇぞ~  ほな サイナラ」

なぁんてね

これは
ジョンジョンの安藤さんが
名作と呼んでいる写真である。



ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 異国情緒あふれる港町横浜 ... | トップ | 異国情緒あふれる港町  B... »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事