孫ふたり、還暦過ぎたら、五十肩

最近、妻や愚息たちから「もう、その話前に聞いたよ。」って言われる回数が増えてきました。ブログを始めようと思った動機です。

興醒めの三流演技

2018年07月07日 | 外国ネタ
私は、特にサッカーなど好きではない。特に、「サムライ・ジャパン」だとか、「サムライ・ブルー」だとか呼んでいるのを聞くたびに、「ケッ!」と嘲笑ってしまう程度の興味で、野球だとかサッカーが世界で戦うたびに、マスコミが大騒ぎするのは鬱陶しいだけだ。

しかし、何となく気になっていたのが、W杯の決勝トーナメントで日本が惜敗したベルギーだったので、今日そのベルギーがあのサッカーとケツ振り踊りのカーニバルくらいしか取柄がない、ブラジルと対戦するというので、録画を観ることにした。

しかし、途中から観続けるのが馬鹿馬鹿しくなってきて、最後までは観なかった。

それというのも、ブラジルの一流選手の、あの品の無い演技を見てられなかったからだ。演技と言っても、反則されたという「嘘アピール」のことだ。

  これが一流演技?

VTRで観れば一目瞭然。どうみても反則でもないのに、オーバーに転げてから痛がって見せ、相手の反則だと主張する。この連続で、一度や二度なら我慢できるが、何度も何度もそれが続くと、その品性の欠けらも見られない、オーバーアクションには我慢できなくなる。

  情けない国民性

腕に刺青をしたり、頭を奇妙に刈り込んだり、唾を吐きまくったりするのは、そういう国民性なのだろうと我慢の範囲内に治められるが、ああいう嘘の演技でフリーキックやペナルティーキックを得ようとする行為は、もう品性下劣で観たくも無くなる。

ブラジルのサッカーとは、ああいう下品な演技を奨励するサッカーだったのか・・・。

  子供が見てマネするぞ

勝負は、ベルギーが勝ったそうでよかった。

私は、ブラジルの国民性が、いまだにどうも好きになれないでいる。
ジャンル:
スポーツ
コメント   この記事についてブログを書く
« こんな役所のこんな奴ら | トップ | 「タイ、洞窟少年報道」考 »

コメントを投稿

外国ネタ」カテゴリの最新記事