River of Tears blog

All things must pass

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

仙台『利休』牛タン焼定食

2007-11-27 21:58:17 | Foods&Drinks
 約1年振りに仙台を訪問。昨年訪問した際に地元の方から仙台名物牛タンの美味い店として「太助」「利休」「伊達」の3店を教えていただいき、昨年は「伊達」を訪れたので、今年は「利休」へ行ってみた。牛タン焼定食の内容は、牛タンに白菜漬、麦ご飯にとろろ、テールスープという定番コース。
 去年も書いたが、牛タンが仙台名物になったそもそもの始まりは、焼き鳥店「太助」の初代店主が牛タン焼を考案したことが始まりで、牛タン自体が仙台の産物というわけではないらしい。原料の牛タンは殆どが輸入によるものだそうだ。私の母の実家が仙台付近で子どもの頃から何度も仙台を訪れたが、その頃は「笹かま」はあったが牛タンは無かった。しかし今や仙台に行ったら牛タンを食べなくてはと誰もが思うほどの名物に成長。「利休」も長蛇の列。私の綿密な出張スケジュールが崩れる恐れがあったが何とか間に合った。
 肝心の牛タンの味は「あー、牛タンだなぁ」と思う程度。ただ、このようにタンを薄く切って塩焼きにするところにオリジナリティがあるのだろう。テールスープはアッサリしておいしいが「あー、スープだなぁ」と感じる程度。麦飯、とろろは特段何の感動もなく、これを皆が仙台authenticと感じるようになっているのだから、まれに見る地域おこしの成功例と言わねばなるまい。
『食べ歩き』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« チェリビダッケ/シュトゥット... | トップ | 晴耕雨読 »
最近の画像もっと見る

Foods&Drinks」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事