ふくりんの独り言

つぶやいてます

『黄色い星の子供たち』

2012年09月20日 | 映画鑑賞

http://kiiroihoshi-movie.com/pc/
WOWOWで放送されたのを観た
正直に言うと
悲しすぎて飛ばして観た

(パリを空襲で破壊してしまうことを避けて降伏したと聞いたとき
昔のしかも他国の事ながら胸が熱くなったものだ)

今では欧州連合だものね~~
大陸の人たちがまずは挨拶をするのは
「わたしは悪いものではない」ことを証明するものだと

過去の罪は認めて、(許しあっているかはわからないけど)
現在を歩いている(と思いたい)

そんな風に
こっちでもあっちでもなれたらいいかなと昨今の事情を憂う


映画は悲しい場面は早送りや飛ばしたりせずに
じっくり観なければと思いながらも(感情が子供だ)

ジャンレノが出てくると
勝手にほっとしたりする

しかし、俳優さんたち、日本人に比べたら成熟してるな
いろんな面で・・・
子役も素晴らしい

でも
日本人は成熟してないぶん、若く長生きできてるのかな?と屁理屈をこねてみる


ジャン・レノにそっくりな登場人物が出てくるのって
『マスター・キートン』だっけ?『モンスター』だっけ?
これは浦沢直樹のコミックの話に飛ばしました

ジャン・レノといえば名画『レオン』

そしてベルギー料理の『レオン』ムール貝が有名なお店




子供の時はけっこう普通に食べてたような記憶がある
食卓に出ると「肉が食べたいのにケチ!」とブー垂れた(いい意味で子供らしい子供時代だった)
だから大人になってからは食べたいと思わなかったけど
成り行きで・・・・






 

 

コメント

飛行機で観た映画のひとつ

2012年09月14日 | 映画鑑賞

Tu  seras  mon  fils → youtube



もっと簡単に貼れないものだろうか
gooさん、頭の悪い私でもできるようにして欲しい
雨さんは実に簡単なんだけどなぁ・・・・

コメント

HOME愛しの座敷わらし

2012年04月28日 | 映画鑑賞

試写会に行ってきました、IAT様ありがとうございます



「家族」でいられる時間は意外と短い
うちの子供たちの空き部屋の空きベッドを見ていつも思ってる言葉
それは
案外幸せなのかなとも思ったりしてる
それなりに自立できたということなので
そして
その短い時間を大事にしておくべき
いや、したはず
などと思いながら、久々にまったりと観ることができました
とにかく癒される作品

家族それぞれの抱えた問題は
この作品では重いテーマでも軽いタッチで
気を楽にしてみることが出来た

自分のことですが
引っ越した直後の未知の土地に新鮮さを感じたなんともいえない記憶が蘇った


水谷さんが通勤のために
自転車で最寄の駅まで走る姿が爽快
もちろんロケーションもよかった
ただし地元の人間としては時折、距離感とかもろもろわかるだけに??の瞬間になるところを
これは作ったもので作品と自分に言い聞かしながら観ていた

劇中で
お父さんが退職したら畑を仕事をして子供たちの帰ってくる家を守るみたいなこといって
ドキッとした
普通、お母さんはそんな自分勝手なことを!?と反論してもいいところを成美おかあさんは笑顔で受け止める


私だったら
いやだ~~~半分なりかけてるけど


本社に呼び戻されて
東京に帰ることになるんだけど
子供たちは帰りたくないとまで岩手を気に入ってくれた
ありがとう
でも
ここで頑張れたから東京でも頑張れる
って
ちょっとちょっと~





そして
おばあちゃんが認知症
1番ショック受けるのは息子であるお父さん
泣いちゃうんだよね、号泣
そんなときも成美お母さんはしっかり寄り添う
お父さんがお母さんに「ありがとう、たのんだよ」


って
頼むなよ
あんたの実母でしょ、まずはあんたが頑張りなよ



心の中で、抵抗
そう思うのも
私自身が長男の嫁なので、身に降りかかってくる現実だから

そうじゃない人は
きれいな美談として感じるだけだと思う

なんて
ことばかり思ってると
座敷わらしは見えないかもね


私もふわっとした笑顔の成美お母さんのように・・・・努力します
 

コメント

『ミスターノーバディ』

2012年04月17日 | 映画鑑賞

WOWOWのW座のチョイスされた映画は粒ぞろいと言うことで
『ミスター・ノーバディ』観ました
なんといったらいいのでしょうか
人間は不死になった近未来、寿命のある最後の人間、118歳の老人が死を迎えるに当たって人生の選択について過去の記憶を語るが・・・・

頭がいい人たちは
こういう映画を観れるんだろうな~

いまいちいまにでよくわからない←頭の悪さ露見←今に始まったことじゃないのであえていうことなかった

大体、あそこであっちを選んだらどうなったんだろうか?
いや、そっちを選んだらそうなったのかな
など
考えてみるキャパないな

時制が飛ぶといえば

『ダイアナの選択』は好きだったな~

『ミスター・ノーバディ』に戻って・・・
とりあえず9歳の子に母と父を選ばせるというのは過酷だな
あのシーンは可哀そうだった
ていうか両親が不仲になっていく過程(家庭にかけてないよ)も悲しい
9歳のNIMO はNYCの山田君に激似
15歳のNIMOはイケメン~~
成人NIMOはメガネをかけるとジョニー・デップみたい(><)

ダイアン・クルーガーは綺麗


『アンノウン』のときも綺麗だなと見とれてしまいました


あ~~こんなもんだな、あたしの見方って

コメント

木漏れ日の家で

2012年04月16日 | 映画鑑賞

今年の冬は厳しかったようで
というのも喉元過ぎてしまえばなんとやらですが
庭の植物を見て改めて実感

でもこの数日間でめきめきと蘇っている

一番元気はクリスマスローズ






ガーデニングとやらに全く興味をもてずに今頃慌ててる始末
素敵なお庭には遠い~~けど、ぼちぼちやるか



でもって
木漏れ日の家で(WOWOW)鑑賞
庭にブランコいいな~
子供のとき、ハンモックをつってもらってそこでの昼寝は最高だった
ブランコも記憶がうっすら、でも映画のようにぶんぶん乗れなかったことは確実


死を待つだけだ




で終わりかと思いきやがばっと跳ね起き


わたしったら正気?

死を待つだけ?
冗談じゃない



91歳のおばあちゃんカッコいい!!

なんで西洋のおばあちゃんは素敵なんだろう
次に生まれ変われるものならアングロサクソン系で
いけないいけない
隣の芝生は青くみえるんだぞ~~

あの大往生は理想


白黒ですが脳内ではセピアにグリーンと白磁と太陽の日差しと
色がついてます


音響もいいですね
床を歩く音、窓やドアを開け閉めする音
ダイヤル式の電話


公開されたときは年代が高いのはもちろんですが
満員で入れない人もおられたとか

おばあちゃん映画なかなかいいですね
八月の鯨また観たくなりました

くどいですが
欧米のおばあちゃん、ろまんちっくで可愛いな~




コメント