多摩の自然☆写真散歩

 近くの雑木林や川原を散歩しながら、デジカメで気ままに撮影。小さな発見を楽しんでいます。

道ばたにノブドウの蔓が伸びて

2019-06-23 22:38:55 | 雑木林の樹木

 道ばたにノブドウの蔓が伸びている。
 その蔓から、葉と対生するように花序が立ち上がっている。花序にはたくさんの小さな花と蕾がついている。
コメント

ノブドウの花序に近づいて

2019-06-23 22:35:28 | 雑木林の樹木

 ノブドウの花序に近づいた。
 まだ咲いたばかりで、花弁と雄しべのある花が2つ見える。少し前に咲いて花弁や雄しべのない花も見える。色は黄緑色だがヤブガラシの花とよく似ている。
コメント

川の土手に綿毛のついたチガヤの穂

2019-06-23 21:38:28 | 川原や水辺の植物

 川の土手のあちらこちらに綿毛がいっぱいついた白い穂が見える。
 しばらく前に花を咲かせていた(5月28日、6月2日の記事)チガヤの穂だ。花の後に綿毛のついた種がいっぱいついている。穂の上の方にあった種は、もう飛んでいってしまった様子。
コメント

ヒメジョオンの花に綿毛のついた種が

2019-06-23 21:35:08 | 川原や水辺の植物

 川の土手に咲くヒメジョオンの花。
 その白い花に綿毛のついた種がついている。風に飛ばされてきた種の綿毛が、ヒメジョオンの舌状花に絡まってしまったようだ。近くにたくさん穂を出しているチガヤの種?
コメント

コセンダングサの花が咲き始めて

2019-06-23 20:51:08 | 雑木林や草地の山野草

 道ばたの草地にまだ草丈の短いコセンダングサ。
 でも、その茎の上の方には黄色い花が咲いている。これから、道ばたや川原でたくさん花を咲かせるコセンダングサ。
コメント

閉じたユウゲショウの実が並んで

2019-06-23 20:38:27 | 雑木林や草地の山野草

 道ばたにいくつも実をつけたユウゲショウの茎が伸びている。
 背景に見えるピンク色はユウゲショウの花(花は、5月7日、16日、21日の記事)。写真の実は閉じている。この実の中に小さな種がたくさん入っている。この日は晴れていたので実が閉じている。でも、雨が降ってこの実が雨水で濡れると実は開く。そして、雨水をためて種を外に流す(6月12日の記事)。
コメント

閉じたユウゲショウの実に近づいて

2019-06-23 20:35:48 | 雑木林や草地の山野草

 雨の降らないときのユウゲショウの実に近づいた。
 実はしっかりと閉じている。雨が当たるとまた開く。左の実の外側に種がついているのが見える。雨の時に開いて流れ出した種。中にはまだ種が残っている?
コメント

川岸のオニグルミの実が大きくなって

2019-06-22 22:38:12 | 川原や水辺の植物

 川岸のあちらこちらにあるオニグルミの木。
 大きな複葉を広げている。その葉のかげに丸い実が見える。ずいぶん大きくなっている。
コメント

オニグルミの若い実に近づいて

2019-06-22 22:35:03 | 川原や水辺の植物

 オニグルミの若い実に近づいた。
 大きな実がいくつもついている。ずいぶん大きくなっているけど、まだ緑色の若い実。実の先端に雌しべの名残りが見える。まだ丸く大きくなる実。
コメント

ムラサキツメクサの花を眺める?スズメ

2019-06-22 21:35:48 | 水辺の野鳥

 川の土手にスズメが降りた。少し歩いて止まった。
 少し先にムラサキツメクサの花が咲いている。スズメよりも背が高い。ムラサキツメクサの花を眺めている? ・・今年生まれた若いスズメさん?
コメント