巨人は阪神に負けても良い。広島とDeNAにだけは一つも負けて貰いたくない。それが後先考えない無謀補強軍の今年の戦い方だ。

新しい年は規則正しくやってくる。無残な2017年も「喉元すぎれば」の感。2018年もまた躍動巨人が見られそうにない予感。

よくできました。菅野の完封、阿部の一撃、立岡の走塁。

2017-04-19 | プロ野球
阿部の好機での一撃は誰もが期待する通りに出ているが、菅野の完封劇は誰もが期待しているのに年間を通して1度あるかないかの出来事。

立岡の好走塁は、もう二度とないだろうというほどの、どちらかといえば珍プレーに近い。2死でもあり、投球と同時にスタートを切っていたことでもあり、打球の方向も良かった。

結果として、1回のその1点が決勝点になったのだから、立岡を褒めておだてて使うのも一案かも知れない。とにかく出塁して走ることに尽きる。

まあしかし、巨人は戦力の整わなチームには滅法強い。30億も出してケガ人を集めるだけあって、ケガ人で苦しむチームには容赦なく強い。

そんな勝利で溜飲を下げていると、次に迎える阪神、広島にまたもや脳天を打ち砕かれる恐れがある。いまこそ、自軍の戦力を冷静に整えておくべきだ。

今後、阿部が好調を持続するために休養も必要になってくるだろう。村田を腐らさないために、先発起用も考慮しなければならない。

緊急の場合の捕手を外野手や内野手に求めるのではなく、本職の若手捕手を加えた方が将来のためだ。阿部2世に宇佐見を育てるため、岡本は再調整でも良いのではないか。

なにせ、正捕手の小林は打率1割にも到達していない。鈍いバットの振りで内野の頭を越すことも間を抜くことも、どう見ても不可能だ。打者には見えない。

昨夜の菅野のような投手があと二人もいるなら小林は受けるだけで良い。しかし、菅野だって広島には4点も5点も取られてKOされるのだ。強いチームには打ち勝つ意外ないのだ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 巨人が勝てない理由は、攻撃... | トップ | 坂本と阿部が好調の内に戦力... »

コメントを投稿

プロ野球」カテゴリの最新記事