巨人は阪神に負けても良い。広島とDeNAにだけは一つも負けて貰いたくない。それが後先考えない無謀補強軍の今年の戦い方だ。

新しい年は規則正しくやってくる。無残な2017年も「喉元すぎれば」の感。2018年もまた躍動巨人が見られそうにない予感。

G5連勝ですか・・・

2017-04-06 | プロ野球
こうなったらDeNAを3タテして甲子園に乗り込みたいよね。阪神が糸井しか打てていないうちにこれまた3タテしたら、今年の優勝は間違いない。という訳ないか。

それにしても、オープン戦の情けない戦い方はなんだったのだろうな。若手にチャンスを与えてきたとは言え、結果は2軍以下の状態だった。

結局、期待する若手が全く伸びていないということに尽きる。その典型的な選手は岡本。自前のメディアが結果として「褒め殺し」になっているのではないだろうか。

岡本に関しては「結果が出ない」のではなく「結果が出せない」レベルということ。慣れないレフトの守備での出場を差し引いても、打席での打てる雰囲気がないもの。

それでも高橋監督は10試合位は目を瞑ってでも起用するかなと思っていたけれども、とうとう昨日から匙を投げた。左投手対策にもまだまだおぼつかない。

代わりは重信。どっこいどっこいですなあ。足があるから塁に出ることだけ考えたら面白い存在になるかもしれないが、打力だけを考えたらこれもまだまだ。

坂本に続く若い選手が早く出てこなければ、開幕早々のベテランによる快進撃もそうは続かない。ここからは日替わりで若手選手がヒーローになっていかなければならない。

誰が誰に取って代わるか。現在の好調不調から考えれば、長野の代わりだろう。長野を脅かさなければ出る幕はないのだから、若手の目の色の変わるのを期待する。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 坂本、阿部でG4連勝ですが・... | トップ | 巨人連勝ストップ。DeNAに惜... »

コメントを投稿

プロ野球」カテゴリの最新記事