あの手 この手 究極の健康法 美容法を求めて

身体はもちろん、メンタルの健康も考える、究極の健康法の紹介。

血糖値を下げる意外な飲み物は「お酒」!?

2019年10月18日 | 血糖値を下げる方法

血糖値を下げる意外な飲み物は「お酒」!?



血糖値を下げる飲み物は「お酒」と聞いて

信じられないと思われる方も多いと思いますが、

実は、お酒は上手な飲み方をすれば

血糖値を下げてくれる効果が期待できます。


お酒と聞くと高カロリーを思い浮かべますが、

そもそも血糖値は糖質によって上昇するため

糖質を含まないお酒なら高カロリーでも

血糖値は上がりません。


ところで血糖値と肝臓の働きについて少し説明しますと

食物を摂取すると小腸から吸収され、

その後肝臓に運ばれてグリコーゲンとして貯蔵されます。

そして血糖値を保つため肝臓は必要に応じて

グリコーゲンをブドウ糖に変え血中に放出します。


つまり肝臓は血糖値を上げる働きをしていることになります。

その一方で、肝臓はアルコールを分解するという働きもします。

お酒を飲むと肝臓はアルコールを分解することで

忙しい状態となり、ブドウ糖を血中に放出する作業が疎かになります。

するとアルコールの分解が行われている間は

血糖値が下がるという現象が必然的に起こるため

食後の適度な飲酒は食事によって

上がった血糖値を下げてくれることになるのです。


ここで大事な点は、

糖質が微量しか含まれていないお酒を選ぶことです。

お酒は蒸留酒と醸造酒がありますが、

ウイスキーやブランデーなどの蒸留酒は

糖質をほとんど含まないお酒になります。


一方、赤ワインは醸造酒ですが、糖質をほとんど含まず

ポリフェノールなどの栄養素も含むため、

血糖値を下げるためのお酒としてはお勧めです。

実際は糖質を含む醸造酒でも食後の

血糖値の上がり方は緩やかだという調査結果もあるそうです。


ただ注意していただきたいことは、

血糖値を下げる薬を服用している方は

大量のアルコールを摂取すると薬とアルコールのダブル効果で

血糖値が異常なほど下がり過ぎてしまう恐れがあります。


血糖値が異常なほど下がってしまうと動悸や冷や汗、

ひいては意識障害を引き起こしてしまう恐れがあります。

このため血糖値を下げる薬を服用している方は

専門医の方と十分相談したうえでの飲酒がいいでしょう。


とにかく、普段の飲酒で気を付けたいのはやはり

適度な飲酒とおつまみを多めにとることが

いいのではないでしょうか。




健康法ランキング
コメント (1)