画廊春 大垣市(彫刻家 奥村信之・白日会 井上慎介・描く詩人 水村喜一郎作品常設) 

画廊「春」作品展示の様子を 画廊犬コテツと共にお伝えします。

奥村信之展(6) 何故具象彫刻なのか

2015年05月26日 | 奥村信之 彫刻家

一言で言えば 具象、写実は彼の資質です。

グレコやマンズー、ファッチーニを意識して モダンな写実彫刻を造っていた

時期もありましたが きっと心の底でくすぶるものがあったと思います。

師であるエミリオグレコが見抜いたとおり、彼は具象彫刻の道を究めます。

学生時代から抜群の造形力が備わっていた奥村氏にとって正に水を得た魚のように

具象彫刻の王道をを突き進みます。

腰掛ける女

昨今 抽象的な作品やカリグラフィー的な作品が人気があり もてはやされる傾向があります。

時代の流れといえばそうですが 何かはかないものを感じます。

今後50年、100年後に どれだけのものが残っていくのでしょうか・・・。

何千年と継承されてきた技術と伝統に立った作品には 重さと深さがあります。

奥村氏は流行に流されることなく 確固とした様式を確立した優れた芸術家といえます。

  

奥村信之展 皆様のご来場をお待ちしております。

画廊春は大垣市藤江町4-14にありますが はじめての方は皆さん道に迷われます。

大垣市ドラッグユタカ旭町店の裏(北側)にありますので そこを目印に来て頂けるとよくわかります。

お待ちしております。

Tel 0584-78-0043  画廊春  代表 田渡達久

コメント   この記事についてブログを書く
« 奥村信之展(5) 立つ裸婦・... | トップ | 法王が認めた彫刻家 奥村信... »

コメントを投稿

奥村信之 彫刻家」カテゴリの最新記事