はぶて虫のささやき

日々の出来事について、雑感を書いてます。
映画やスポーツも大好きです!
(旧:はぶて日記)

こいつら、完全に「敵」だろう!

2018-12-25 | 日記
韓国の艦艇が、自衛隊機に射撃管制用のレーダーを照射したという事件。

最初のうちは、日本側も伝家の宝刀である「遺憾砲」を炸裂させたのだが、如何せん威力がまったくないので、韓国としても軽~く無視するつもりだったのだろう。

ところが、今の安倍政権は韓国に対して一歩も(?)引かないので、かなり強めに抗議しているらしい。

そうすると、さすがは「息を吐くようなウソをつく」民族らしく、言っていることがコロコロと変わってきている。

最初は「当時、遭難した北朝鮮船舶を捜索するためにレーダーを使用していて、それが照射された可能性がある」などと言っていた。

北朝鮮の船は空を飛ぶのか、というツッコミが入ることもまったく気にしないあの国だけど、日本側がさらに抗議すると、今度は「哨戒機に対して射撃管制用レーダーは照射していない。哨戒機が駆逐艦上空に異常接近したので、カメラで撮影しただけだ」などと言い出した。

あの国のカメラはレーダー波を発するのか、というツッコミが入ることも気にしないのだろうけど、とにかくその場限りのウソを平気で言い連ねる民族。

最初「レーダーは照射したけど、誤解なんです」と言っていたのに、その次には「レーダーなんか照射してません」と簡単に前言を翻す。

これまでの日本なら、簡単に引き下がった、というか、問題にもしなかったのだろうけど、最近は少し状況が変わってきた。

残念ながら、メディアは今も変わらず、「これのどこが問題なんだ?」というスタンスを崩していないのだけど・・・

おそらく韓国にしても、本気で日本を挑発するつもりでレーダーなんか照射してないだろう。

単なるイヤガラセ、というか、子供の頃から反日教育(というか、ウソだらけの歴史教育)を受けていれば、こういう行為も別に悪いことだとは思っていないのだろうと思う。

国際条約さえ平気で破る国なんだけど、そもそもレーダーを照射することが、どういう意味を持つのか、ということさえ理解していない。

ところが、これまでの日本は「別にいいじゃん」というスタンスだったので、結局のところお互いが「なあなあ」の態度を取っていた。

しかし、もはや(というか、昔から?)日本の友好国ではない、ということがわかってきた現在、連中に甘い顔を見せる理由はない。

場合によっては、「国交断絶」をしても構わない、という態度でいいと思う。

どうせ、日本にとって、何の得にもならない関係だし。

あの国がもっともっと挑発行為を繰り返し、エスカレートして自衛隊に対して威嚇攻撃をしてくれば・・・などと思わないでもない。


そう言えば・・・

最近は「クリスマスツリーの起源は韓国」とか言い出しているらしい。

もう「バカなの?」を通り越して、呆れるしかない民族。

こんな主張をして、いったい何が楽しいのかわからないけど、たぶん「オレたちは、これくらい優秀な民族なんだぞ」と言いたいのだろうと思う。

身近にもいたよ、こういうヤツ。

『事件』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« もどりっち | トップ | 2018年映画総括 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事