はぶて虫のささやき

日々の出来事について、雑感を書いてます。
映画やスポーツも大好きです!
(旧:はぶて日記)

2018年映画総括

2018-12-31 | 映画評
2018年の映画総括

今年見た映画は46本でした。

今年も、あまり見たという印象がなかったけど、一応そこそこの本数は見ていることになります。


さて、今年見た映画の中の内訳は、洋画が27本、邦画が19本、うちアニメが14本。

今年は、S評価の映画は1本、A評価が6本でした。

一方、D評価だったものは2本だけで、E評価はありませんでした。

B評価が21本もあったということは、今年は結構面白かったということでしょうか。



まず、「面白かった」編。

今年「S」評価だったのは、次の1本だけ。

「SHOGO HAMADA ON THE ROAD2015-2016 旅するソングライター」
http://habute.blog74.fc2.com/blog-entry-889.html

まあ、大好きだった浜田省吾のドキュメンタリー映画だから、面白くて当然(?)とは言え、思った以上に感動したので、思わず「S」にしてしまった、という感じ。


続いては、「A」評価だった作品は、以下の6本。

「祈りの幕が下りる時」
http://habute.blog74.fc2.com/blog-entry-887.html

「グレーテスト・ショーマン」
http://habute.blog74.fc2.com/blog-entry-891.html

「ホース・ソルジャー」
http://habute.blog74.fc2.com/blog-entry-904.html

「ミッション・インポシブル/ホールアウト」
http://habute.blog74.fc2.com/blog-entry-911.html

「コーヒーが冷めないうちに」
http://habute.blog74.fc2.com/blog-entry-916.html

「アース:アメイジング・デイ」
http://habute.blog74.fc2.com/blog-entry-927.html


まず「祈りの幕が下りる時」

東野圭吾作品は、時々わざとらしい展開のものがあり、この作品も「砂の器」のような話ながら、ちょっとムリな設定と思われる展開もあったが、全体として見たら感動するという感じ。
阿部寛の滑舌の悪さは相変わらずだけど、それがほとんど気にならないくらいの内容でした!?


続いては「グレーテスト・ショーマン」

これは、劇中で歌われる歌がすべて!
内容というか、展開はムチャクチャな感じだった(?)けど、それを感じさせないくらいの圧倒的な歌の数々。
改めて、「ヒュー・ジャックマンっていいなあ」と思った作品でした。


続いて「ホース・ソルジャー」

実話に基づいた映画ということですが、かなり迫力のあるいい話でした。
ただ、「たった12人で5万人に立ち向かった」というのは言い過ぎで、こういう宣伝の仕方については、もう少し考えてほしいと思います。


そして「ミッション・インポシブル/ホールアウト」

これは、ストーリーも展開も結構ムチャクチャですが、とにかくテンポがいい。
とにかく「トムくん、カッコええ~」という映画ですので、それがちゃんと描かれていれば、何も言うことはありません!


次は「コーヒーが冷めないうちに」

とにかく「いい話」です。
ネットで見ても「薬師丸ひろ子&松重豊」派か「有村架純&石田ゆり子」派に分かれると思いますが、私は後者でした。
宣伝では「4回泣けます」と言っていたものの、実際には3回が限度だと思いますが、「感動した」というのと「泣けた」というのはちょっと違います。
先の「ホース・ソルジャー」と同様、宣伝にはもう少し気を使ってほしいものです。


最後は「アース:アメイジング・デイ」

これは言うまでもなく、私が大好きな自然をテーマにした作品ですし、しかもプロパガンダなしですので、当然の評価でしょう。
新しい発見もあり、すばらしい作品でした。


以上6作品は、ストーリーや展開あるいは宣伝文句には注文がつくものの、それに勝る何か(歌の良さとかテンポとか)が圧倒的だったので、トータルとして「A」にした、というものが多く、「映画って、こういうのがいいんだよな」と言いたくなるような作品だったと思います。


続いて「面白くなかった」編。

最初に書いたように、今年は「D」評価のものは2本だけでした。


まずは「検察側の罪人」
http://habute.blog74.fc2.com/blog-entry-914.html

とにかく意味のないシーンが多かったと思う。
キムタクに対する忖度なのかも知れないけど、殺人者である検事に対して、何の非難もされないような展開って、どう見てもおかしすぎる。
そして、何と言っても、まったく意味のない最後の「泣き屋」のシーンでブチ切れました!


そして「GODZILLA 星を喰う者」
http://habute.blog74.fc2.com/blog-entry-922.html

前2作で、結構期待していた作品でしたが、かなりガッカリしました。
ゴジラだけでなく、キングギドラとモスラまで登場させておいて、放っておいても盛り上がりそうなネタなのに、これがまったく面白くないとは、いったい何を考えていたのでしょうか。
と言うか、モスラはいったい何のために出てきたの?
最終作で、ここまでガッカリさせるのも、ちょっと情けないです。



以上、今年の映画総括でした。

9月に60歳を迎えましたが、映画が「常に1100円で見られる」ということなので、来年はたくさんたくさん映画を見たいと思います。





『映画DVD(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« こいつら、完全に「敵」だろう! | トップ | 年末年始恒例と言えば・・・? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

映画評」カテゴリの最新記事