はぶて虫のささやき

日々の出来事について、雑感を書いてます。
映画やスポーツも大好きです!
(旧:はぶて日記)

だから、私は石原さんを応援する

2012-10-27 | 日記
その人が、政治家として日本に必要な人かどうかを判断する材料の一つとして、朝日新聞が褒めているのか、あるいは貶しているのか、というのがある。

もちろん、褒めているようなヤツは当然日本にとっては害悪でしかないわけで、貶している人の中に、本当に必要な人がいるということだ。

褒めないまでも、アホな発言や無能であることを無視する、という場合もある。

何せ、「安倍さんを叩くのは、社是だ」と公言して憚らない朝日新聞。

今、とりあえず必要な政治家の一人である安倍晋三という人を、ここまであからさまにこき下ろすということが、その証でもある。

そして、今回朝日新聞が石原慎太郎さんを貶している、ということが、私が応援する理由でもある。

そんな朝日新聞の看板コラムである天声人語。

今日のコラムも悪意丸出しである。


全文引用する

<天声人語>
甘党から悪党まで、党のつく言葉は多い。政党名に至っては増える一方だ。自由民主党、公明党、日本共産党などの老舗は辞書にもあるが、多くは載る間もなく消えていく▼国政に戻る石原慎太郎氏の新党は、「党」ぬきの凝った名前になるのだろうか。なにせ母体となる「たちあがれ日本」の命名者である。氏が閣下と尊ばれるネット上では、「石原軍団」「大日本帝国党」と党名談議がにぎやかだ▼80にして起(た)つ。「なんで俺がこんなことやらなくちゃいけないんだよ。若い奴(やつ)しっかりしろよ」。脚光が嫌いなはずもなく、うれしそうに怒る記者会見となった。心はとうに都政を離れ、「やり残したこと」に飛ぶ▼霞が関との闘いはともかく、憲法の破棄、核武装、徴兵制といった超タカ派の持論を、新党にどこまで持ち込むのか。抜き身のままでは、氏が秋波を送る日本維新の会も引くだろう。保守勢力の結集は、深さ広さの案配が難しい▼政界は再編の途上にある。旧来の価値観や秩序を重んじる保守と、個々の自由に軸足を置くリベラル。競争と自立を促す小さな政府と、弱者に優しい大きな政府。乱雑なおもちゃ箱のように、二大政党にはすべての主張が混在する▼安倍さん率いる自民党など保守の品ぞろえに比べ、反対側、とりわけ「リベラル×小さな政府」の選択肢が寂しい。今から再編の荒海に漕(こ)ぎ出すなら、この方位も狙い目だ。もとは「泥船」からの脱出ボートでも、針路を問わず、漕ぎ手しだいで船の名が残る


石原さんが、ネット上で閣下と呼ばれているのかどうかは知らないけど、記者会見で「なんで俺がこんなことやらなくちゃいけないんだよ。若い奴しっかりしろよ」と言ったことを受けて、『脚光が嫌いなはずもなく、うれしそうに怒る記者会見となった』とは、悪意以外に、何と言えばいいのだろうか。

石原さんの発言は、誰がどう見たって「若い政治家たちよ、もっとしっかりしろ」と言っているだけなのに、どこをどう捉えたら、こんなヒネくれた解釈ができるのだろうか。

『超タカ派』とか『抜き身のまま』とか、とにかく「何とか悪い印象を植え付けよう」といしているのがミエミエ。


それにしても・・・

最後の『今から再編の荒海に漕ぎ出すなら、この方位も狙い目だ。もとは「泥船」からの脱出ボートでも、針路を問わず、漕ぎ手しだいで船の名が残る』というのは、意味がよくわからないのだけど。

悪意が丸出しであることだけはわかりやすいのだけど、今の天声人語子の文章は、かなり下手クソの部類に入ると思う。
ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
« 石原さん頑張れ!! 伸晃、... | トップ | 「敬意」とはこういうものだ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事