無題・休題-ハバネロ風味-

私の視線で捉えた世の中の出来事を、無駄口、辛口、様々な切り口から書いてみました。

訃報

2018-08-08 10:40:37 | 社会

昨日の午前中、9時も回った頃「そうそう、○○電機の会長さんが亡くなられたのを知ってるか?」と教えられ、それからが大慌てになった。数日前の山形新聞を取り出し訃報の欄を見ると、葬儀が9時からと書いてある。うちの両親の葬式にも来て頂いた筈だと書類を確かめ、これから向かってもとても間に合わないけどと着替えをして車に飛び乗った。
通常のお葬式なら、1時間も過ぎれば出棺まで終わる。でもきっと誰かが葬儀場には居るだろうと、会場の駐車場に入るとバスと霊柩車が待機していた。玄関ホールに並ぶ沢山の参列者の前を走って、3階へと階段を上る。エレベータの乗車を拒否された為だ。恥ずかしいったらありゃしない。久しぶりに履いたヒールの高い靴は、きつくて難儀する。まだ受付には人がおられた。

また階段を下り、最後のお見送りに間に合った。斎場に向かう車をお見送りする為に駐車場に並ぶと、「久しぶりです。」とか参列者から声が掛かる。ここでふと気がついた。私はスッピンだったのだ。ああ、声を掛けないで欲しい。髪がグシャグシャなのは風が吹いているから、まぁいいか。

 

さて、これからが本題である。俳優の津川雅彦氏の訃報が入った。愛妻の朝丘雪路さんの死の報告の時も、随分とお身体の具合が良くなかったようだが、その後も「そこまで言って委員会」などにも出演され、日本を憂う発言をしたおられたので、体調が戻られたのかなと思っていた。左翼系が多い芸能界で、1本芯が通っていたこの方の発言は、心に染みることが多かった。北朝鮮の他拉致被害に対する応援も、ご夫妻の長女が誘拐された事件があり、拉致された家族の心がくみ取れる立場にあったからだろう。拉致被害者が戻って来るのを見届けられなかったのは残念だ。

2015年9月に、酒田市民会館で講演をしておられる。実に穏やかに日本の良さを話しておられた。日沿道建設促進フォーラムでの津川雅彦氏の講演内容

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 雨は上がり | トップ | 訃報 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

社会」カテゴリの最新記事