無題・休題-ハバネロ風味-

私の視線で捉えた世の中の出来事を、無駄口、辛口、様々な切り口から書いてみました。

最上川洪水警報

2018-08-06 10:07:51 | 防災

確かに日照りが続いて、一雨欲しいなとは言ったけど、洪水警報避難指示って何なの!

今日は朝から何度も防災無線と携帯の防災情報が鳴り響いた。有り難い事に、防災無線はきちんと聞き取れた。男性の声の方が聞きやすいのかな。

写真は今朝S氏が撮した物。最上川で出羽大橋より河口側のヘリポートがある部分。3箇所並んでいるのは常駐の簡易トイレである。土曜日に行われた花火大会のトイレは、見事に流されてしまった模様。遊摺部、新堀、入船町も避難指示が出て、各地の避難場所への誘導が行われた。

最上川上流でも被害が発生し、戸沢村では角川で道路が土砂崩れで寸断したようだ。国道47号線は通行止めになっているのかな。国道112号線で迂回して欲しいとの情報だ。

山形県戸沢村 地域おこし協力隊&集落支援員 活動日誌

防災情報は、勿論公的な所からは有り難いが、SNSなどを通じて伝えられる細かい情報はもっと有り難い。数日前に山形へ行った時に通った最上川沿いだが、船下りが中止されるほど水量が少なく川底が見えている状態だった。あれが満杯になるのだもの、自然の力は恐ろしい。雨が降るのは雨雲レーダーで観察が出来たが、これほどの洪水になるとは行政も把握出来たのかな。これは地震に限らず、日本の何処にでもおこる災害だと思う。

 yahooの天気・災害の最上川の水位情報が詳しい。定点カメラなどもあるので、便利だと思う。

続報:あの川の中に浮かんでいるのは何かと聞いたら、花火大会の時に運航した屋形船だそうだ。いつもの港に戻らずに川岸に繋がれていたのがそのままらしい。

たった今、防災情報で、酒田市入船町の避難解除が出た。酒田市役所と荘内経済連のビルに避難していた人達が戻って行った。やっぱり短時間とは言え、避難生活は窮屈らしい。

避難所で配られた昼食。水とビスコと五目ご飯。この五目ごはんはフリーズドライではお湯を掛けて15分。水だと1時間掛けないと食べられないそうだ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« Dance of the Line Riders | トップ | 雨は上がり »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
豪雨お見舞い (FUSA)
2018-08-06 11:43:31
ご無事でしょうか?
ニュースでは最上川が大変なことになっていると伝えていますが、被災状況はいかがでしょうか?
とにかくご無事であることをお祈りいたします!
FUSAさん (cake)
2018-08-06 12:39:56
お見舞いありがとうございます。
最上川そのものは、徐々に水位が低下し、遊摺部や新堀は避難解除が出ているようです。
藤島方面から流れてくる京田川がまだ増水が続いているようで、本当の最上川河口では解除が出てないようです。
酒田市内は雨も上がり、爽やかな天気になっています。
ご無事でなにより (FUSA)
2018-08-06 16:27:22
とにかくご無事でなによりです!
酒田市やその周辺の地域もこれ以上の被災がないことを祈るばかりです。
2年前の地震で経験しましたが、避難生活は大変です。わが家は幸い倒壊は免れましたが、強い余震が続いたため、近くの中学校の避難所を見に行きましたが、90歳を越えた母には到底無理と判断し、2日間車中泊し、その後、3日間は親戚の家をまわって過しました。大変なのは災害の後だなぁと実感しました。多くのお年寄りが災害関連死されましたが、無理もないと思います。
FUSAさん (cake)
2018-08-07 13:57:37
ありがとうございます。
実際に冠水や土砂崩れの被害を受けて避難した戸沢村(国道47号線を東に向かった地域)では、停電や水道の断水が続いている所もあるようです。酒田の北部の道路も土砂崩れで通行止めになりました。
ただ、酒田市近辺は避難指示や勧告は出たものの、川の水位が警告レベルを超えたので、住民を避難場所へ移動するよう指示が出ました。雨も上がっていましたので、歩いて向かったようです。子供達は遠足気分でしたが、高齢者は歩いたり階段を上ったり、避難場所での椅子での待合でも辛かったようです。

FUSAさんは、地震で被害の出ている中での避難ですから、大変な思いをされましたね。確かに避難場所での生活は辛く、(東日本大震災の時は寒さで亡くなられた方も随分おりました。)度重なる余震でも、さぞかし恐かったと思います。災害を経験された方々は、普通の平凡な生活がどんなに幸せなのかが知る事になりますね。

コメントを投稿

防災」カテゴリの最新記事