無題・休題-ハバネロ風味-

私の視線で捉えた世の中の出来事を、無駄口、辛口、様々な切り口から書いてみました。

羽黒山へ初詣

2008-01-04 20:18:57 | 社会
元日の夜から若い者達が月山のペンションへ泊まりに行ったので、私とすぐ下の妹は羽黒山へ初詣に出かけた。羽黒山と曾祖父との因縁は別として、行きたいと思うには呼び寄せる何かがあるのであろう。正月の羽黒山頂は、パワースポットとしても、山の上だから空気が綺麗なだけよと言う意見は勿論の事、とても清々しいのである。ついでに、幼い頃に親の実家へ行って、親戚のおじちゃんに「良く来た。良く来た。」と頭をナデナデして貰ったような、懐かしい感覚も味わえる所なのである。

羽黒山神社

3人姉妹の末の妹の旦那は船乗りで、信心深い。船乗りなら、鶴岡市大山の善宝寺が有名だが、彼もやはり羽黒山なのである。しかも大晦日に行われる羽黒山の松例祭(しょうれいさい)に参加し、我が家の玄関の上に飾る注連縄を頂き、届けてくれるのだ。私も2番目の妹も、本当はこの松例祭を一度で良いから見てみたいと思っている。しかし父の建築業の正月の年始と盆の2大事業の名残から、掃除やら準備で暮れには自由な時間など、取れたためしがない。2日になって、申し合わせたように、二人で出かける事にした。酒田から余目藤島を抜けて羽黒へと車を走らせる。

羽黒山の入り口には大きな鳥居が建っている。妹が「あの鳥居は羽黒神社の物でないらしい。」との言葉を受けて、走りながら眺めると「月山神社」の下に小さく湯殿山神社と出羽神社と並列して書かれていた。

今年は大晦日から元日にかけて、冬型の低気圧で日本海側は大雪だとの予報だった。山道はボチボチ雪があるだけで、途中除雪車ともすれ違ったが、2年前の大雪とは較べようもない。さてさて、羽黒山頂へ車で上るには、あの悪名高き「日本一高いぼったくり有料道路」を通らねばならない。これが嫌なら、麓から気の遠くなるような石段を登らなければならないのだが、夏ならともかく、冬は遭難を覚悟で向かうなんて、か弱い私達には出来ない相談で、にこやかに料金を払って山頂へと走る事にする。いつもは羽黒山のスキー場の駐車場へ誘導され、レトロなバス(単にボロいバスとも言う)でピストン輸送されるのが、今年は参拝者が少ないのだろうか、山頂へ進めと言う。しかし、行く先は第2駐車場だった。こんな所があったのか!!



まるで裏口入学のような気分で、参道とは別の道を歩く。
左手には「蜂子皇子の墓」なる物の看板が出ている。
お~~~っ、それは知らなかった。王道ばかりが道じゃなかったのだ。
前の人に着いて歩くと、手水舎に出た。
手と口を清めて本殿にお参りする。



 鐘楼

 本殿内祈祷中

子供の頃から「はぐろさん」と呼んでいたから、羽黒山神社だとばかり思っていたが、出羽三山神社と書かれている。本殿の中央には月山神社、左手には湯殿山神社、そして右手には出羽三山神社・・。昔は神聖なる山には女人禁制だった。冬の厳しい気候の時には月山や湯殿山に登る事は出来ない。そこで出羽三山神社として羽黒山が重要だったのだと思う。月山は過去を、湯殿山は未来を、羽黒山は現在を祭る神社でもあるのだ。

写真は、この他数枚撮してきたのだが、ちょっと違う物が写り込んでしまったので、UPしない事にした。
せっかくの正月なのに・・・ぶつぶつ
コメント (8)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 謹賀新年 | トップ | 式年遷宮 »
最新の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (yukacan)
2008-01-05 07:11:13
わあ、かなり雪が積もってなかなか渋い光景ですね。下から3番目の写真に写っているおじさんが明星チャルメララーメンのおじさんに見えます。
居ながらにして (お幸)
2008-01-05 10:29:52
羽黒山にお参りできました
ありがとうございます
やっぱり寒そうですね

実家の父は15歳になったとき
父親に羽黒山にお参りに連れていってもらったと言っていました

私が実家にいるころは法螺貝を吹いて
山伏が御札を配りにきました
いまでも来ているんでしょうか
yukacanさん (cake)
2008-01-05 17:48:34
どれどれ、あ、ホントだ。
チャルメラのおじさんに見えますね。
羽黒山の山頂では、いつもは東北や北関東各地からの大型バスがビッチリ停まっているのですが、今年はまだこれからのようでした。それでも、若者が参道で滑って転んでました。雪に慣れていないようです。
お幸さん (cake)
2008-01-05 17:57:29
羽黒山の山伏は、12月になると、地元(?)庄内一円を、法螺貝を吹きながら廻ります。その音を聞くと、冬が来たんだなと思う、風物詩になっています。お幸さんの実家の方も廻っていたんですね。

初詣、お幸さんの分も拝んでくれば良かったですね。
私の初詣は、お願い事はせず、新年の挨拶をしてくるだけなのです。合掌しながら「こんにちは、今年も来ました。ご機嫌宜しゅうに。」気が着いた時には、そんな軽いのりで終わっています。あらあら
え?どれどれ? (シィ)
2008-01-06 05:31:24
あ、ホントだ!チャルメラのおじさんに・・
うう、、チャルメラのおじさんがわからないっ!ってわけで、見てきました♪
http://www.myojofoods.co.jp/
眉といい、目といい、そっくり~。
あー楽しかった。
違う物・・・? (MON)
2008-01-06 13:01:41
あけましておめでとうございます。

私はチャルメラのおじさんより、「ちょっと違う物」
に興味があります。
なんですか、あの、心霊写真のようなものでしょうかね。
Cakeさんは前にもそんな物を撮った、なんてことが
あったようなので・・・

では、今年もよろしくお願いします。
シィさん (cake)
2008-01-06 15:15:12
シィさんのUPしてくれたHPに行ってみました。
おじさんがいましたね。上の方でラーメンが踊ってました!
私はチャルメラ好きなんです。無くなるのが寂しいので、いつも常備しています。時には常備しすぎて、賞味期限が切れる事もあります。私にとって、カップブードルとチャルメラはインスタントラーメンの原点にあたるのかも知れません。シィさんはお好きですか?
MONさん (cake)
2008-01-06 15:22:04
明けましておめでとうございます。
今年も宜しくお願い致します。

違う物の話ですが、デジカメにしてから、少し暗がりで撮すと白っぽい球体が映るようになりました。多分、私の腕の悪さだと思うのですが、今回は外部(神社の軒先)なので、そんなに暗がりでもないのに、でっかい○が画面を覆いました。
羽黒山神社はパワースポットで、悪い所では決してないのですが、そこに訪れる参拝者は、様々な想いで来ている訳で、良いモノだけでないと言う事を聞いています。
従って・・・、お見せできません。m(__)mゴメンね!

コメントを投稿

社会」カテゴリの最新記事