無題・休題-ハバネロ風味-

私の視線で捉えた世の中の出来事を、無駄口、辛口、様々な切り口から書いてみました。

村上春樹氏とエルサレム賞

2009-02-16 13:55:28 | 私はガザを忘れない
イスラエルの文学賞のエルサレム賞の授与式が15日、エルサレムの国際会議場で行われた。受賞した作家の村上春樹氏(60)には、ガザ空爆に反対したNPO団体始め、一般市民からも、この時期にイスラエルへ行く事に反対する意見があがり、賞を受けるべきではないとメールなども多数送られたと思う。村上氏は賞を受ける事を決め、この時期だからこそ、自分の目で確かめる必要もあると、イスラエルに向かった。

イスラエルから、悲惨なガザの状態が見える筈もない。しかし受賞の演説の時に、表だって彼はガザへの空爆を非難する発言をした。ガザの人達を卵に喩えて、壁というイスラエルに向かってのコメントは、非常に重要な物だったと思う。私も内心彼の受賞には賛成出来かねるものがあったのだが、彼の作家としての才能に賞されたものだし、これがイスラエルに行って、きちんと自分の意見を公に述べる、絶好の機会だったのだろう。私は素直に拍手を送りたい。

しかし、それを報道する日本のマスコミは一体何なのだ。一切ガザへの非難のコメントを外して表彰のみを扱ったマスコミがいた事を、腹立たしく思う。一般の人には、イスラエルに尻尾を振る日本人にしか見えないだろう。情報操作とは恐い物だなと思う。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
« 丑年だから善光寺 | トップ |  »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ysbeeより (beiryu-jihyo)
2009-02-16 17:04:53
cakeさん、お邪魔します。
いつもコメントでの応援をありがとうございます。
最初にいただいた時は、スパム妨害で参っていた時でしたので
とても励みになりました。感謝しております。

もっと早くに訪問できていたはずなんですが、
その時にコメントを書こうとしたんですが、gooのブログへは
私のブログ名とURLがリジェクトされてしまうんですよ。
他のgooの方のページでもそうです。
昨年、フリーチベットブロガーズというポータルサイトを立ち上げて
以来のことで、中国側の妨害によるものです。

四川省大地震の時にもハッキングの妨害が入りましたし、
もう、大分慣れましたが、本当のことを伝えようとすると
敵はとんでもないところから攻撃をかけてくるので、疲れます。
そんなわけでURLは入れませんが、今後ともよろしくお願い申し上げます。

肝心の記事に関してが最後になりましたが、
村上氏の情報をありがとうございました。
他の方のエントリでも読みましたが、cakeさんの記事の方が
彼の微妙なニュアンスが掴めました。
また良い情報をお知らせください!
beiryu-jihyoさん (cake)
2009-02-16 18:13:22
ようこそおいで下さいました。

いつも、一般のニュースでは知り得ない情報をありがとうございます。コメントさせて戴く1年以上も前から、毎日のように読まさせて戴いておりました。表現の自由な筈の国に居ながらも、都合の悪い物に蓋をする力が働いているのですね。多くの方々がご覧になるブログなので、尚更に妨害が入るのでしょう。直接コメント出来なくても、応援してくれる人が沢山いらっしゃると、私は思っております。

村上氏の行動は、欠席して非難するよりも、ずっと立派な事をされたと思っております。会場にいたイスラエルの中年男性が、「政治的な内容で不愉快。イスラエルに賞をもらいに来て批判するのはおかしい」と発言したと、河北新報に載っておりました。様々な意見が出るのが世の中で、それでも良いのだと思います。逆に言えば、インパクトがあったと言うことでしょう。

これからもよろしくお願いいたします。
Unknown (Andi)
2009-02-18 04:39:32
小説は読んだことないんです。勇気ある行為だと思います。
Andiさん (cake)
2009-02-18 09:49:04
村上さんの演説の様子が、少しだけTVで流れました。声高かに訴えるのではなく、実に淡々と話しておられました。それが会場の方々の心に、染み入ったのではないかと思います。本当に勇気のある行動でしたね。
Unknown (yukacan)
2009-02-18 16:17:29
村上春樹の本はほとんど読んだことがありません。でも本を読まないトルコでも翻訳が出ているようです。cakeさんのブログを読まなかったら、こんな受賞の裏側を知ることはなかったでしょう。どうもありがとうございます。
yukacanさん (cake)
2009-02-18 18:31:54
トルコは本が高いですね。他の物価は比較的安いのですが、本とガソリンは高いなと思いました。イズニックタイルが買えなかったので、タイルの写真集を買ってきたのです。もちろんトルコ語は読めません。横に書いてある英語も読めません。←こらこら

トルコ語に訳すと、春樹流の雰囲気って伝わるのでしょうか。きっと、伝わるのでしょうね。yukacanさん、読んでみられますか?

コメントを投稿

私はガザを忘れない」カテゴリの最新記事