淋しくて隠れ家日記

前向きに生きたい!!

読 「蜂蜜と遠雷」 恩田 陸

2017-05-14 17:54:08 | 棚の上の本

恩田さんはすごかと思いました。
ピアノ コンクールで出会った三人の青春物語ばってん
恩田さんが奏でる文字がピアノもクラッシックも全然分からん
青春歌謡しか歌わんオイがいつの間にかピアノの音に酔いしれている気になったとです。

そいでも、心ば揺さぶる音の洪水に少々疲れてしもうたばってん
最後のページの受賞者氏名が静かな余韻となってよかラストじゃったと思ったとです。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 読 「ジャッジメント」 | トップ |  »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (snow)
2017-05-14 21:26:36
あー 羨ましい 
早く読みたい(^-^)/

それにしても、改めて思ったのは、タイトルがこれなのかあ、ということで、それはまあ、読んでのお楽しみということにしておきます(^-^)/
snowさんへ (淋しくて)
2017-05-15 07:44:01
本当に言われてみればその通りです(笑)。
蜜蜂は最初と最後にチョロリ
しかも羽音・・・・・・・・遠雷はどこで・・・・。

正直言うと音楽関連の本では宮下奈都さんの
「よろこびの歌」・「終わらない歌」が
オイは今でも心に残っております!(^^)!。

コメントを投稿

棚の上の本」カテゴリの最新記事