磯輪日記

ダンボールを通じて世界中に夢を提供したい。
『スピードと対話』を掲げ、
世界一社風のいい会社作りが目標です。

いよいよやって来ます

2018年01月30日 21時16分20秒 | オフ・ビジネス

振り返れば、あれはもう4年前の春、最初は名古屋如水会の後輩のKくんが、
そして続いてH先輩の奥さんからと、立て続けに二人から、

 「段ボール製の実寸大のSLですよ!」

と教えてもらったのがきっかけでした。


 (送っていただいた週間文春の記事です)

1トン半の段ボールから約1700個のパーツをつくり、それを組み上げた
蒸気機関車「D51」と石炭車の実物大(全長約20m、高さ約4m)の
段ボール製模型。


なんてステキな!

早速、調べてみたら、組立地の長崎から巡回展示をしつつ東京を目指す計画
でした。

段ボール機械メーカーとして、

 『段ボールを通じて世界中に夢を!』

という希望を胸に、段ボールと向き合っているISOWAにピッタリ!
ISOWAビトだけでなく、家族、また関係するみなさんにも、段ボールの
可能性をPRする絶好の機会と考え、

 「わが社でも展示させてもらえないでしょうか」

と直ぐに立候補しましたが、すでに200くらいの展示希望立候補先がありました。


ところが現物を見に来た人たちの多くは、その大きさに圧倒され、

 「こんなに大きいものだと、展示するスペースがない」

と立候補を取り下げりことに。


その点、わが社は、当時、建設中だった新工場のお披露目時に展示してはと
考えていたので、スペースはまったく問題なし! だったんですけど、
名古屋地区に到着するスケジュールと、わが社の新工場オープニングの
タイミングが合わず、断念しました。


    

しかし、昨年8月、九州の製作現場を訪問し、段ボール製SLの作者の島さんと面談
したことがきっかけで、再度、展示可能な時期をすり合わせたところ、

 「2018年2月なら」

と、ISOWAでの展示が決定しました。


今回ISOWAで展示するのは、新作のC62。
それも東海地区初公開です。

2月10日(土)、11日(日)の2日間でISOWAで組立、再現をし、12日
(月)から2週間展示します。

一般公開はしていませんので、もし見学したいという方がいれば、ISOWAの
HPのお問合せフォーム
から問い合わせてくださいね。


ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 第6ステージに突入しました | トップ | ISOWA史上最年少です »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
敬服 (通りすがりのISOWAファン)
2018-02-03 23:29:27
いつも磯輪社長の発想、感性、人々とのつながり、そして実行力には敬服します。夢がありますなぁ。
ワクワクしながら (磯輪)
2018-02-04 20:09:45
 通りすがりのISOWAファンさん

温かいエールありがとうございます。
社員がワクワク仕事をするためには、まずは
社長がワクワクしている姿を見せることだと
思っています。

そういう場、いろんなご縁が集まって来て、
さらに大きな輪をつくる。

通りすがりのISOWAファンさんもぜひお越し
ください。お待ちしてます。

コメントを投稿

オフ・ビジネス」カテゴリの最新記事