スポーツトレーナーによる心身健康方法

トレーナー、経営者としての知識と経験を社会貢献に役に立てれば

習慣が人生の羅針盤

2020-11-28 07:24:18 | 生活
 社長と言っても、トレーニング指導の時はジャージで、事務仕事の時はチノパンに作業着なので、私服は数えるぐらいしか持っていません。考えるとこれも学生時代からの習慣だと思います。中学、高校時代は、学校内では学生服、部活ではユニフォーム、登下校は当然学生服、帰宅してからはジャージ、大学時代は学生服がジャージに変わっただけで基本のサークルは同じです。考えてみれば当たり前ですが、当時日曜日も試合で、休日は正月休みの3日間程度しかないので、私服を着ると言う習慣がありませんでした。
 良くも悪くもこの習慣が、現在の服装に関係した事は間違い無いようです。学生服か冠婚葬祭にも対応ができたように、チノパンに作業着もある程度の場面で対応が可能です。学生時代、服装に迷わなかったように今でも服装に悩む事はほとんどありません。 
 また更なる利点として、場面毎に気持ちを入れ替える事ができるので、時間を意識することが出来るようになります。
 そしてこのさもない習慣が、現在の私を作ってくれたことは確かです。私の場合は、「服装のサークル」と言う習慣が人生の羅針盤であったように、何かしらの習慣を持つ事は、人生を楽しくしてくれるはずです。是非、「習慣」を身につけて下さい。


 
コメント   この記事についてブログを書く
« これからの生き方 | トップ | 筋トレで効果を望むならば、... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

生活」カテゴリの最新記事