弁理士 渡部 仁 特許・商標・知財ブログ

特許・商標・知的財産に関するビジネスブログ

~当事務所が支援している鎌倉ブランドです~

特許の救済措置期間が延長されます

2018年05月31日 15時01分32秒 | 特許・実用新案

こんにちは。
鎌倉の特許事務所、所長弁理士の渡部です。
特許についてのニュースです。

【新規性喪失の例外適用期間が延長されます】

特許権は未発表の発明に限って与えられる権利です。
このため、特許の出願前に製品の発表や販売を行ってしまうと、特許を取得することができないのが原則となっています。
学会や研究会で発表してしまっても同様です。

しかし、特許出願前に製品を公表してしまうことも往々にしてあるので、救済措置が認められています。

出願前に公表しまった場合、公表してから一定の期間内に本人が特許出願すれば、公表の事実だけでは特許が否定されないというものです。
この適用を受けるためには、「新規性喪失の例外適用」という手続きになります。

この救済措置の期間は、これまで6ヶ月であったのですが、今年の法改正で1年に延長されました。
すなわち、出願前に公表しても公表してから1年以内に特許出願すれば、公表の事実だけでは特許が否定されないことになりました。

出願前にうっかりどこかで口を滑らしたり、発表してしまっても、1年以内に本措置の適用を受ければ何とかなるということを、覚えておいてください。

6/9から新制度がスタートです。(特許庁HP参照)

特許や商標登録など知的財産に関してお困り事やご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせは、こちらから。


将星国際特許事務所ロゴ
将星国際特許事務所 弁理士 渡部 仁(Watabe Hitoshi)
Copyright © 2018 将星国際特許事務所 All rights reserved.
コメントは弁理士Facebookで、お問い合わせは特許サイトでお受けします。
コメント

鎌倉エフエム「鎌倉日和」が放送されます

2018年05月24日 10時13分50秒 | 鎌倉日和

おはようございます。
弁理士の渡部です。

鎌倉エフエムで当事務所のラジオ番組「鎌倉日和」が放送されます。

放 送 局 鎌倉エフエム(FM 82.8MHz)
放送日時 2018年5月24日(木)11:20頃から生放送
番  組 鎌倉シーサイドステーション
コーナー 鎌倉日和

長谷のスタジオから生放送になります。
インターネットからも視聴いただけます。
https://www.jcbasimul.com/?radio=kamakurafm

本日は、大船発のゆるキャラ「大船観音のんちゃん」のお話し。

のんちゃんの誕生秘話や、これまでの活躍。
そして、「大船観音のんちゃん」を商標登録するまでのお話を、世話人の小野田康成様にたっぷりとお伺いします。

 ぜひ、お聞き下さい!

当番組に対するご質問・お問い合わせは、当事務所のホームページにて承っています。
https://shousei.sakura.ne.jp/ssl/tm/contact.html

 

将星国際特許事務所ロゴ
将星国際特許事務所 弁理士 渡部 仁(Watabe Hitoshi)
Copyright © 2017 将星国際特許事務所 All rights reserved.
コメントは弁理士Facebookで、お問い合わせは商標サイトでお受けします。
コメント

【鎌倉市の事業者さま】特許・意匠・商標権の取得費用が補助される制度があります

2018年05月10日 16時19分47秒 | 地域

鎌倉市の事業者様に参考になる情報をお届けします。
小さな事業規模からでもブランド化は始められます。ブランド化には商標登録が必須ですので、商標登録を取得されていない事業者様はぜひ商標出願をご検討ください。
当事務所は、商標出願から商標登録までの手続はもちろん、商標登録を取得した後も、商標を活用し鎌倉でブランドを育てるお手伝いをします。

引用:企業の環境共生施設整備・経営基盤強化を支援します

鎌倉市内で製造業、情報通信業などを営む事業者の皆様が、市内で事業を継続していただけるよう、地域環境及び地球環境との共存・共生を図るための施設整備や、産業財産権取得・人材育成など経営基盤を強化する事業に要する経費の一部を助成します。

産業財産権取得事業【50%以内、上限30万円】
新製品、新技術に係る特許権、意匠権又は商標権を取得する事業

(鎌倉市役所HPより一部抜粋)

知的財産権の取得に係った費用、弁理士の手続費用や、印紙代の50%(上限30万円)が助成されます。

将星国際特許事務所では、鎌倉市への助成金申請もサポートさせていただきますので、該当の方はお知らせください。

申請期間は平成31年2月28日まですが、予算の範囲内での事業であるため、予算がなくなり次第終了となります。
商標登録をしたいけど、お金がかかりそう、、、と最初の一歩が踏み出せない方は、この機会にぜひご検討されてみてはいかがでしょうか。

商標登録や特許など知的財産に関してお困り事やご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせは、こちらから。


将星国際特許事務所ロゴ
将星国際特許事務所 弁理士 渡部 仁(Watabe Hitoshi)
Copyright © 2018 将星国際特許事務所 All rights reserved.
コメントは弁理士Facebookで、お問い合わせは商標サイトでお受けします。
コメント

他とは違う、知的財産活用の知識をもつ特許事務所

弁理士 渡部 仁が事業者の皆さまに宛てたメッセージです。

▲続きは、こちらのレターをご覧ください。


商標登録からブランド化へ

将星国際特許事務所は、地元鎌倉に根ざした特許事務所として、商標登録を取得し鎌倉でブランドを育てる企業を支援しています。商標登録を取得するだけでなく、商標登録を取得した後、商標を活用しブランドを育てるお手伝いをしています。


▲ブランド化の取り組み事例「井上蒲鉾店様
for English



▲ブランド化の取り組み事例「鎌倉青果様
for English



▲ブランド化の取り組み事例「鎌倉薬膳アカデミー様
for English

商標登録の実績

将星国際特許事務所は、商標登録が難しいとされた事件でも、商標登録に導いた数々の実績があります。商標登録については、初歩的なことから難しい事件まで、どのようなご相談にもお応えします。ぜひお気軽にお問い合わせください。


▲商標登録の実績紹介「レストランレネ様
for English

利益を生む特許の活用

将星国際特許事務所は、特許を取得し活用する企業を支援しています。特許は利益を生み出すツールです。よい製品・サービスが利益を生み、特許によってさらなる利益が生まれます。当事務所には、特許を活用し利益につなげるノウハウがあります。


▲特許の活用事例「グロータック様
for English

TBSラジオ番組に生出演!

TBSラジオ番組の「新しいタイプの商標」の特集で、弁理士 渡部 仁がサウンドロゴ(音商標)の第一人者としてコメントしました。2015年4月から新たに対象となった5つのタイプの商標について分かりやすく紹介しています。

弁理士の渡部仁さんと一緒に学びました。
▲弁理士 渡部 仁が「爆笑問題の日曜サンデー」に生出演

ピクシディア様のお客様の声に出演!

弁理士 渡部 仁が動画制作の取り組みについてコメントしました。商標登録という専門的な内容を分かりやすく伝えるためのツールとして動画を活用していることを紹介しています。


▲弁理士 渡部 仁が「ピクシディア様のお客様の声」に出演

特許技術「商標レコメンドシステム®」

将星国際特許事務所は、お客様の特許を取得するだけでなく自らも自社開発の技術について特許を取得し、商標登録のサービスについて他にはない新しい価値を創造し提供しています。


▲特許技術「商標レコメンドシステム」で事業の将来まで守る商標登録を実現

ラジオ番組「鎌倉日和®」

将星国際特許事務所では、毎月第4木曜日の11:20~11:35、Kamakura FMでラジオ番組「鎌倉日和」を生放送でお送りしています。地元鎌倉に根ざした特許事務所として、商標登録を取得し鎌倉でブランドを育てる企業様を、音に乗せてどんどん紹介させていただきたいと考えています。


▲当事務所がお届けするラジオ番組「鎌倉日和」毎月第4木曜日11:20オンエアー

ニュースレター「鎌倉日和®」

将星国際特許事務所では、鎌倉の企業様への情報発信誌としてニュースレター「鎌倉日和」をお届けしています。皆様の事業にお役立ていただけるように、鎌倉ブランドを育てる企業様の取り組みや知的財産のニュースなどを紹介して参ります。


▲当事務所がお届けするニュースレター「鎌倉日和」

サウンドロゴ制作・活用の事例

将星国際特許事務所は、サウンドロゴ(音商標)を制作し活用しています。中小企業の活用事例としてご参考ください。

子どもと作るサウンドロゴ サウンドロゴの制作事例

私たちがモデルケースとして、実際にサウンドロゴを制作し、商標登録を受けPRに活用することで、使い方やその効果などを具体的にイメージしていただけるようにしたいと考えました。

ラジオ番組「鎌倉日和」 サウンドロゴの活用事例

Kamakura FMで当事務所のラジオ番組「鎌倉日和」を毎月第4木曜日の11:20~11:35に放送していただいています。この番組のオープニングとエンディングにサウンドロゴを流しています。

サウンドロゴの活用事例

当事務所の留守番電話のメッセージにサウンドロゴを流してみました。私たちは、留守の時も、サウンドロゴを流すことでお客様に覚えてもらえるように、ちょっとした工夫をしています。

鎌倉花火大会とサウンドロゴ サウンドロゴの活用事例

鎌倉花火大会では、当事務所も尺玉を打ち上げました。そして、目玉企画として、サウンドロゴを使ったメッセージを流すという鎌倉花火大会史上初の取り組みを実施しました。